【仮想通貨】高騰&下落、ファンダに翻弄…bitFlyer登録再開&テザー問題を詳しく解説!

   

タブレット ビットコイン 上昇 高騰

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩

もう…7月なんですか…エッ、今月夏休み???

というわけで、今年も激戦へのカウントダウンが始まっています、どうしようホンマ。

そして九州ではとんでもない大雨だそうですが…私は昨年西日本豪雨を経験しているので、現地の方の不安な気持ちがとてもわかります。。。

どうか、被害がこれ以上大きくなりませんように。

花束 感謝

さてさて、ここんところの気になる仮想通貨ニュースをまとめていこうと思うのですが…

bitFlyer(ビットフライヤー)の新規受付が再開したという、嬉しいニュースが飛び込んできましたね♪

2019年は取引所関連で進展が多くなっており、仮想通貨の今後に期待できそうです(∩´∀`)∩

ビットフライヤー、新規登録を再開!

bitflyer ビットフライヤー

昨年、金融庁から業務改善命令を受けていた国内大手取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)

↓国内6社に業務改善命令、その内容は?↓

この処分を受け止め、ビットフライヤーでは内部管理体制が整うまではユーザーの新規登録をストップすることになりました。

あれから1年。

おととい、7月2日に「新規受付の登録を再開する」と公式で発表。

…(予定)となっているのが若干気になりつつもww

ついに昨日、予定通りビットフライヤーが新規登録を再開しました!!(´;ω;`)

ビットフライヤー社の皆さんも喜びを隠せないようす。

国内最大手と言われていた取引所が行政処分を受け、1年もの間新規ユーザーの参入をストップさせざるを得ない状況に…。

2018年は国内だけでもコインチェックのハッキング・Zaifのハッキングをはじめ、さまざまなマイナスファンダが飛び出し、一時は240万円もの高騰を見せたビットコイン(BTC)も驚くほどの暴落。

氷河期」とも呼ばれた2018年を乗り越え、やっと新規ユーザーの受け入れ態勢が整ったんですね!(´;ω;`)

bitflyer ビットフライヤー

このことが発表されると同時に、タイミング良くビットコイン(BTC)の価格が上昇したこともあり、ビッフラ効果すげえ(・∀・)とTwitterで話題になっていましたw

国内でもさまざまな仮想通貨取引所がありますが、やはり以前からCMを放映していたビットフライヤーやコインチェックがぶっちぎりで知名度が高いでしょう、今回の件と価格上昇は少なからず関連性があったのではないでしょうか。

先日の「ビットコイン100万円突破」というニュースが一般メディアで流れたことからも、明らかに仮想通貨に対する注目度が上がっていることがわかります。

ビットコイン 仮想通貨

以前からず~~~~っと言っていますが、仮想通貨の盛り上がりには新規ユーザーの流入が必須です!!絶対。

これが、そのひとつのきっかけになってくれれば…!と願います。

↓bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法・基本的な使い方まとめ↓

よかった♪(*´ω`*)

ビットポイントジャパン・BTCボックスも同じく解除

OK

ビットフライヤーが新規ユーザー登録の受付を停止したのは、業務改善命令を受けたことからでしたね。

…ということは、このタイミングで登録再開=業務改善命令なくなったんじゃね?(・∀・)と考えられますよね。

金融庁のサイトを見に行ってみました。

どこにも「解除した」とは書いてありません。

ショボボン(´・ω・`)としながら、日経を見てみました。

“金融庁が6月28日に、仮想通貨交換業最大手のビットフライヤー(東京・港)を含む交換業3社の業務改善命令を解除していたことが分かった。”

引用:日本経済新聞

あるやんけ―――(゜∀゜)―――!!!!w

しかも解除された日付は6月28日、なるほど~って感じですね。。。

また、今回命令が解除されたのはビットフライヤーを含めた3社。

業務改善命令が解除された3社
  • bitFlyer
  • ビットポイントジャパン
  • BTCボックス

BTCボックスとビットポイントジャパンも、ビットフライヤーと同じく昨年6月に業務改善命令が下されていました。

3社の命令が同時に解除されたというインパクトは大きいと思います。

先日「ビットコイン100万円突破」がニュースになりましたが、業務改善命令が解除されたということについては一般の方はフーン(´_ゝ`)くらいの感覚でしょうか…もどかしい。

新規ユーザーの流入やビットコインの価格に反映されることはもちろん、今後勢いづいてくれることを願います…!

バイナンスで先物取引プラットフォーム立ち上げ発表

バイナンス

海外取引所のバイナンス(Binance)に関する話題です♪

2日、バイナンスのCEOであるCZ氏(@cz_binance)が、台湾で行われているアジアブロックチェーンサミットで「先物取引を始める」と発表しました!

※↑この方はモルガン・クリーク・デジタルの共同創設者です

先物取引とは…?(・ε・)

先物取引とは、売買をする数量・価格を決めて取引することを約束し、決められた日時になったらその数量・価格で実際に取引を行うことをいいます。

つまり、将来の価格を予想して取引を行う…ということですね。

仮想通貨では、先日アメリカで認可されたLedgerX(レジャーエックス)のビットコイン先物取引のほか、期待されているBakkt(バックト)の先物取引があります。

↓LedgerX社の先物取引が認可!↓

先物取引、何がファンダになるのか?(・ε・)ということですが…

先日アメリカ先物取引委員会(CFTC)に認可されたLedgerX(レジャーエックス)の先物取引を例に挙げてみましょう。

LedgerXの先物取引、特徴としては…

特徴
  • 差金決済ではなくビットコイン現物での決済が行われる
  • CFTC(厳しい)に認可された
  • LedgerXは指定契約市場(DCM)となっている

※差金決済…期限がきて決済を行うとき、売買の差額だけが清算されるもの。

※指定契約市場(DCM)…CFTCの監督下にある取引所で、厳しい基準がありますがその代わりにさまざまな商品を取り扱うことができる。

ファンダになる理由
  • ビットコインが実際に売買される=取引量が増える
  • 大きな資金のある機関投資家が参入しやすくなる
  • 市場拡大への期待

…ということで、LedgerXのビットコイン先物決済は、実際にビットコイン(BTC)が売り買いされることもあり、取引量アップ・流動性アップが見込まれます。

また、CFTCが認可したという安心感もあることから、仮想通貨投資に興味はあるもののリスクを嫌う機関投資家が参入しやすくなります。

ビットコインはもちろん、そこからアルトコインへ…というふうに、仮想通貨全体の市場拡大に期待されているということなんですね♪

これが、ビットコイン先物取引がファンダになるぞー!(゜∀゜)と言われる意味なんです。

バイナンス binance

まぁ、バイナンスの先物取引がいったいどのような仕組みになっている(決済はビットコイン現物?など)のか、詳細はまだわかっていません。

わかっていること
  • 名前は「Binance Future
  • レバレッジは最大20倍
  • 立ち上げ時期は数か月以内
  • 明かされているペアは「BTC/USDT(テザー)

ハッキングがありつつもその対応力の高さに定評があるバイナンスの先物取引、期待しましょう♪(*´ω`*)b

テザーとビットコイン騒動、今回は?

Tether

ま~~~~たおまえか、テザー(・∀・)w

ということで、テザー(USDT)に関する気になるニュースです。

暴落&暴騰あるところにテザーあり…と言いたくなるようなこれまでのテザーですが…

↓テザー(ステーブルコイン)について解説しています♪↓

テザーはその名前のとおり「USD(米ドル)」を裏付け資産にしている=テザーの価値、保証するで!!という仕組み。

ビットコインと違い、ドルの価値と連動しているので大きな下落や高騰がない、安定したコインだと評価されていました。

が!!!

FUD

まず、海外取引所「Bitfinex(ビットフィネックス)」とステーブルコイン「テザー(USDT)」は、運営が同じところ(T_T)

次に、資産となる米ドルが準備されているのかどうか疑惑、その資金の使い込み、さらに詐欺によってこれらの資金を失った疑惑もありました。

さらに、4月に大きな下落がありましたが、そこにもテザーの問題が隠れていました。

ということで、今回はどのような問題があがっているのか、見てみましょう(・ε・)

Bitfinex&Tether、裁判は続く

bitfinex ビットフィネックス

ビットコインが1万ドル突破したー!と喜んだのもつかの間、おととい2日に1万ドルのラインを切ってしまいましたね(´・ω・`)

これについて要因が気になるところですが「ビットフィネックスがテザー社に対して1億ドルの返済を行った」という話題がありました。

“Bitfinex is pleased to announce that on July 1, 2019, it repaid $100,000,000 of the outstanding loan facility to Tether.

Bitfinex made this payment in fiat wired to Tether’s bank account.

This amount was not yet due to be paid to Tether under the facility, but Bitfinex has made the prepayment based upon its financial position at the end of the second quarter of 2019.

Also on July 1st, Bitfinex fully prepaid all interest accrued under the loan facility to Tether up to the end of day on June 30, 2019, also in fiat.”

引用:Bitfinex公式ブログ

“(日本語訳)

ビットフィネックスは2019年7月1日、テザーに対し1億ドルの返済を行ったことを発表しました。

ビットフィネックスではテザーの銀行口座にフィアット(法定通貨)で支払いを行いました。

これは便宜上テザーにすぐ支払われるものではないが、ビットフィネックスの2019年第2四半期末の財政状態に基づいて前払いを行いました。

また7月1日、同じく6月30日までに融資枠の元で発生したすべての利子をテザーに全額前払いしました。”

1億ドルの返済…?(・ε・)

これは、4月にビットコインが一気に5万円ほど暴落したときの問題が関連しています。

↓暴落…テザー問題が再燃!?解説しています↓

このとき、ビットフィネックス&テザー社に対して「おめーらドル使い込みしただろ」という疑惑があり、裁判所命令として資産裏付けの証拠を出せと言われていました。

使い込みをした内容としては、クリプトキャピタルという企業に対しビットフィネックスとテザー社が巨額送金をしたことがわかったから。

これには詐欺が絡んでいるとのことで、その金額は数百億円にものぼるとのことでした…(´・ω・`)

仮想通貨 資産 お金 金

で。

この資産はテザー(USDT)の裏付けとなるドルだったことから、このたびビットフィネックス社がテザー社に対して「ちょっと返しとくわ」ということだったんですね。

とはいっても、損失分の金額を考えるとま~だまだ足りない状況(´・ω・`)

その上、未だビットフィネックス&テザーvsニューヨーク州検事総長という構図は変わらないまま。

ビットフィネックスとテザーは、ニューヨーク検事総長が提起した訴訟について棄却申し立てを行っていますし、今月29日には審問(裁判)が行われるそうで、まだまだ決着がつかないようす。

驚くべきは、日経でも「テザー」の文字が(゜Д゜)

“「いま投資家はみなテザーばかり見ている」。仮想通貨に投資する30代の男性が指すのは、別の仮想通貨である「テザー」だ。

ビットフィネックスはビットコイン価格をテザーによる買いでつり上げたあと、売り抜けてドルに換金すれば利益を得られる。実際、情報サイトのコインマーケットキャップによると、ビットコインとテザーの売買代金はこの上昇局面でほぼ同じ推移をしていた。”

引用:日本経済新聞

大きな価格変動があったときに真っ先に疑いの目が向けられるwテザーですが…

言い換えれば、テザーの動きを注視しておくと予測しやすいとも言えますね。

テザー騒動は相変わらず怪しいところもあってまだ終わっていませんし、ビットコイン(BTC)の価格が大きく動くタイミングを知るひとつの指標としても見られていますので、今後どうなるのかチェックしておきましょう(‘ω’)ノ

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 仮想通貨ニュース, 仮想通貨Q&A, 初心者ガイド

関連記事

FATF
G20首脳会議終了、FATFと仮想通貨規制について…アダルト関連でBTC脅迫、断固拒否しよう!

こんにちは、Makiです!(*´Д`) 未だに家の中では半袖で過ごしております! …

【延期】「本命」VanEck社のビットコインETFが再度延期へ…新たなETF申請もチェック!

こんにちは、Makiです!(*´ω`*) あっちぃですね(゜Д゜) 私はかなりの …

Libra
【仮想通貨】FacebookのLibra(リブラ)とは?特徴や将来性、規制への懸念を徹底解説!

こんにちは、Makiです!( *´艸`) 先日、Facebook(フェイスブック …

コンセンサス
イーサリアムDevcon5、次回大阪で開催決定!13日~Consensus(コンセンサス)、BTC急騰の理由は?

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ なんだか相場が急激に盛り上がって、Tw …

仮想通貨 リップル ripple xrp
リップル(XRP)、バイナンスにペア追加!基軸とクオートカレンシーの意味は?ALIS、今後について発表!

こんにちは、Makiです!(*´Д`) メリークリスマス…イヴ!w 22日は次男 …