【仮想通貨】Ankr Network(アンカーネットワーク)とは?クラウドの重要性・AWSとの競合も?将来性を解説!

   

Ankr

こんにちは、Makiです!(‘ω’)ノ

今回は有望アルトコインシリーズ♪

Ankr Network(アンカーネットワーク)」についてまとめていこうと思います(∩´∀`)∩

昨年の9月、すでにICOは終わっていますが今後期待されているプロジェクトのひとつです。

どのような仕組みなのか、見てみましょう!

Ankr Networkの基本情報とスペックについて

Ankr

まずは、基本情報から。

Ankr Network(アンカーネットワーク)
通貨 ANKR
最大供給量 100億枚
サイト 公式サイトはこちら
Twitter 公式Twitterはこちら

アンカーネットワークは「クラウドコンピューティング」について考えます。

※クラウドコンピューティングとは?
当たり前に日々ネットを利用している私たちユーザーから見て、ネット関連のサービスを「雲」にたとえることを言います。
ゲームなどのアプリ、データ保存などを行う土台(プラットフォーム)、そしてそもそものネット環境を使うためのインフラ(基盤)
これらをひっくるめて、ネットのサービスをクラウドコンピューティング(クラウド)といいます。

Cloud クラウド

参照:Wikipedia

↑この画像を見るとわかりやすいですね(・∀・)

技術が進歩し続けるにつれてクラウドコンピューティングの考え方も変化していきます。

企業は、パブリッククラウド(クラウドを貸し出すサービス)を利用して通信にかかるコストを減らし、サービスを速く広めることができるようになっています。

パブリッククラウドとは…

  • Amazon AWS
  • Microsoft Azure
  • Oracle Cloud

など、クラウドに含まれる「アプリ」「プラットフォーム(土台)」「インフラ(基盤)」の一部を貸し出すサービスのことをいいます。

しかーし(・∀・)

非常~~~に多くの企業がこれらのクラウドサービスプロバイダー(CSP)に依存しているため、古くから事業を行っているデータセンターの力がじゅうぶんに活かされていない状態です(´・ω・`)

毎年、アイドル状態(使えるのに使われていない)のコンピューティング能力が増えているという状況です…

この状態を「もったいない!!!(゜Д゜)カッ」と登場したのが、Ankr Networkです。

仮想通貨 ネットワーク

アイドル状態のクラウドコンピューティング能力を無駄にせず、これらを大規模なCSPの必要性と置き換えられる可能性があると考えています。

つまり、Microsoft AzureやAmazon AWS、Googleといった大手のCSPだけでなく、現在あまり使われていないアイドル状態のコンピュータ資源をもっと活用すればいいじゃない!と言っているんですね(・∀・)

Ankrの技術を使えば…簡単に言うと、コンピュータパワーを「リサイクルできる」ということです♪

特徴1・Ankr導入の大きなメリット

クエスチョン 疑問

インターネットやコンピューター…といえば、急激に拡大しているのが「モノのインターネット」と呼ばれる「IoT(アイオーティー)」です。

※IoTとは?
スマホ、家電、ゲームなどあらゆる「モノ」がネットにつながり、お互いにデータのやり取りをすることを指します。
今では当たり前になんでもネットにつながっていますが、これをIoTと言うんですね。

IoTはとんでもない勢いで広がりを見せていますが、そのためにはIoTを使うための「基盤(インフラ)」が必要になりますよね(・ε・)

スマホも基地局や回線が必要ですよね、これと同じことです。

つまり、広く分散されたインフラはもちろん、実際にサービスを提供するための整備をしなくてはなりません。

Ankrは、世界中のデータセンターやデバイス(機器)から、使っていないクラウドコンピューティングのパワーを再利用する機能があります。

スマホ パソコン

すなわち!これから新しくインフラを整備する必要がないということ!(∩´∀`)∩

これをブロックチェーン技術(分散型台帳)と掛け合わせることによって、真に分散されたシステムを実装し、IoTをはじめとしたネットの需要を満たすことができます♪

ブロックチェーン技術を使った分散システムには、たくさんのメリットが。

メリット
  • データの破損や損失を回避できる
  • リスクを軽減
  • コストを削減

ブロックチェーン技術を含めたデータの保存方法である分散型台帳は、ネットワークのあちこちにデータを保存するため、攻撃を受けても影響が出にくいこと・改ざんが難しいことが特徴です。

↓「分散型台帳」とは?用語解説しています♪↓

Ankrは眠っているコンピュータの能力を活かすだけでなく、その所有者にも多くのメリットをもたらすといいます。

Ankrを導入することによって、従来のシステムをより大きな枠組みに合わせないといけない企業であっても、より簡単にコンピューティング能力を運用できる仕組みを利用できるように。

ということで、次からはAnkrの具体的な仕組みについて見てみましょう(∩´∀`)∩

特徴2・分散型クラウトコンピューティングネットワーク(DCCN)

ネットワーク

ネット関連のサービスを行うためのコンピューティング能力を、みんな(分散)で共有する…

これを実現するために、Ankrは「クラウドネイティブ」や「コンテナ」をベースとした環境を使う…とホワイトペーパーに記載されています。

コンテナとは?
アプリケーションを構成するコードや、設定などのデータをブチ込んだセットのこと。
アプリを実際に動かすには、その環境で不具合なく動作するかどうかテストをしてからになりますが、どの環境でも対応できるよういろんなモノ(雑)がセットになっているのがコンテナです。
クラウドネイティブとは?
コンテナを使った「マイクロサービス」のこと。
ひとつのアプリを作るにあたって、いくつもの機能を組み合わせて実現させるやり方のことを指します。
ユーザーからのリクエストを手分けして処理できたり、データが壊れにくいなどのメリットがあります。

どんな環境でも対応できるよう、Ankrはクラウド上で独自の仕組みを作って統一性を持たせようとしています。

そのために必要なアルゴリズム(ルールみたいなもん)が、分散クラウドコンピューティングネットワーク(DCCN)です(∩´∀`)∩

AnkrのDCCNプラットフォームを利用すると、アプリを開発する人は開発環境とテスト・本番環境の違いに困ることがなくなり、オーケストレーション(設定や管理の自動化)が代わりにあれやこれやとやってくれます。

アイデア OK

クラウドネイティブの助けを借りて、Ankrはさまざまなソリューション(問題を解決するサービスや技術)と統合することができるように。

基本的に、AnkrのDCCNシステムは「Kubernetes(クバネテス)」によって管理されているコンピューティングリソースを介して分散されています。

(えーい、次から次へとようわからん単語が出てきおってからにw)

Kubernetes

※Kubernetes(クバネテス)とは?
コンテナを自動で展開したり管理を行うためのオーケストレーションシステム。
オーケストレーションとは、複雑な管理や設定を自動制御してくれる仕組みのことです。

ものすげーざっくり言えば「コンテナの扱いが簡単になるプラットフォーム(土台)」です(・∀・)

Kubernetesのおかげで、アプリ(コンテナ)をすばやく予定通りにサーバーに展開させることができたり、稼働中にアプリに変更を加えたり…といった作業が効率良くできるようになっているんですね。

特徴その3・Ankr Hub(アンカーハブ)

Ankr

Ankr(アンカー)には、Ankr Hub(アンカーハブ)と呼ばれる特殊なタイプのクラスターがいます(・ε・)

※クラスター
複数のコンピューターの力をひとまとまりにした集合体(団体)のこと。
バチクソ高い計算能力をゲットできたり、使い方が広がります。

ハブの仕事は現時点ではAnkrのシステムによって完全に制御されていて、コンピューティングタスク(やること)をほかのクラスターに中継したり、ストップしたりという重要なノードとして機能しています。

つまり、ハブの人たちはAnkrという会社の中で働く重役みたいな感じ(・∀・)

Ankr Hubは、先ほど触れましたKubernetes(クバネテス)のクラスターとコンタクトをとる役目もあります。

いろんな言葉が出てきましたが、ここまでを簡単にまとめると…

DCCNシステムとKubernetes、Ankr Hubについて
  • あっちこっちのクラウド環境でも対応できるAnkrのルールが「分散クラウドコンピューティングネットワーク(DCCN)」。
  • DCCNはKubernetes(クバネテス)というプラットフォームを通して、コンピューティング能力を分散させている。
  • KubernetesとAnkrをつなぐ仕事をしているのが、Ankr Hubというクラスター。

…3行でまとまったじゃねーか!(゜Д゜)w

特徴その4・WDRFアルゴリズム

パソコン ネットワーク

あちこちで眠っているコンピューティング能力を活かすことができるAnkrですが、実際にユーザーがそのリソース(眠っているパワー)を使うと考えたときに、偏りがあると不公平ですよね(´・ω・`)

Aさんはガンガンコンピューターのパワーを使っているのに、一方でBさんはちびっとしか使えない…

こんなことがないように、ユーザーが公平にパワーを使えるようにしよう!というのが、Ankrの考え方。

コレ、口で言うのは簡単かもしれませんが、実際にリソースの割り振りをどのようにしたら良いのだろうか…?と、難しいことなんです。。。

そこでAnkrは「Weighted Dominant Resource Fairness(WDRF)」というアルゴリズムを取り入れました♪

意味
weighted 割合
dominant 占有権
resource リソース(パワー)
fairness 公正(公平)

英語を見てもなんとなく、わかりますよね(・∀・)

WDRFアルゴリズムには3つのおもな特徴があります。

WDRFアルゴリズム:フィルター

クエスチョン 疑問

各リソースを取り扱うプロバイダー(業者・企業)に対して、フィルタリング(仕分け)を行います。

たとえば、アプリを実行するときには動作をスムーズに行うためのメモリや、処理(計算)を行う上で必要になるCPUのパワーが必要になりますが、アプリが必要とするリソースによってフィルタリングを行います。

フィルタリングを行う条件には、CPU・メモリ・GPU・帯域幅・ディスクといったアプリのスムーズな動作に欠かせないさまざまな要素が含まれています。

WDRFアルゴリズム:優先順位

評価 チェック リスト

リソースを提供するプロバイダーによる「評価スコア」と、ノードにかかるコストの「価格スコア」というものがあります。

このふたつのスコアを合わせて、私たちエンドユーザーに対する優先順位を設けています。

プロバイダーによるスコアは、アイドル状態のリソースの割合やリソースを割り振っている数、システムの安定性などで計算。

このスコアを使ってリソースが公平に割り振られるよう調整されます。

WDRFアルゴリズム:スケジュールアルゴリズム

クエスチョン 疑問

WDRFScheアルゴリズム」という仕組みがあります。

※WDRFScheについて詳細が記載されておらず、検索しても出てこないことから、文脈的に「Sche=スケジュール」と読み替えて解説します。

WDRFアルゴリズムは、各リソースを提供する業者によってスケジューリング(調整)に採用されています。

スコアでの評価はもちろん、業者がリソースの割り振りを簡単に行えるような仕組みになっているということですね。

女性 メモ おしゃれ

さらに、各ユーザーはネットワークの中でも重要度の高い仕事(何か)を行っている場合や、スコアの高いユーザーに対してより多くのリソースを割り当てるように設計されています。

また、AnkrではさらにAnsible(アンシブル)Terraform(テラフォーム)といったツールを使えるようにしていくとのこと。

これらはオープンソース(誰もが利用・開発に使うことができるソースコード)で、これを使うことでクラウド上にあるデータを決められた形になるように作ってくれるものです。

こうしたツールを使い、使用率の低いデータセンターで眠っているコンピューティング能力を積極的に使おう♪としています。

特徴その5・エッジノード設計

Decentralized 分散 ネットワーク

エッジノードとは、IoTなどで「繋がりあっているノード(機械)」のことを指します。

意味
エッジ(edge) ノードとノードをつなぐ辺(線)のこと
ノード(node) パソコンやサーバー、ルーターなどネットワークに参加している機器

Ankrのブロックチェーンネットワークでは、先ほどお話ししましたAnkr Hub(アンカーハブ)を含む3種類のノードがあります。

Seed Peer(シードピア)
Ankr Hubのこと。
新しいブロックを生成するノードです。
Persistent Peer(パーシステントピア)
データセンターのこと。
ブロックチェーンを同期するノードです。
Access Peer(アクセスピア)
パーシステントピアにアクセスして、作業負荷を報告します。
Ankr Miner(アンカーマイナー)とも呼ばれます。

この3つのタイプのノードで、Ankrのネットワークが構成されています♪

Ankrのマイニング機器はリソースの共有や計算にも使われるので、CPUやディスク・メモリを搭載したマシン(グラボ)が対象となっているそうです(・ω・)ノ

特徴その6・Ankr DCCNブロックチェーン

仮想通貨 ビットコイン ブロックチェーン

Ankrの共有クラウドの経済圏では、マイクロペイメント(少額支払い)を行うため、スマートコントラクト(契約機能)をベースにしたSLAにブロックチェーンを利用しています。

※SLAとは?
Service Level Agreementの略。
サービスを提供する事業者と、その利用者の間で行われるサービスのレベルの水準・品質という意味。

Ankrのブロックチェーンでは、ネットワークの中でどの部分に動きがあるかを追跡するために、すべてのデータ使用料や取引データがブロックに記録されています。

なので、企業側(プロバイダー)は取引の記録を簡単に確認することができ、改ざんなどの不正操作を防ぎ、ユーザーアカウントを評価するシステムを確立します。

そして、AnkrブロックチェーンはDCCN(分散クラウドコンピューティング)を対象とした、パブリックブロックチェーン

「パブリック」という言葉のとおり、ブロックチェーンのネットワークは多層化されているため拡張可能で、開発者は自由に編成可能です♪(∩´∀`)∩

仮想通貨 ビットコイン ブロックチェーン

また、先ほどチラッと登場した「スマートコントラクト」について。

これはイーサリアム(ETH)で利用できる機能としておなじみの、契約機能。

↓スマートコントラクトとは?イーサリアムとともに解説しています♪↓

Ankrブロックチェーンには、複数のプログラミング言語をサポートするためのスマートコントラクトシステムが備わっているそうです。

サポート言語
  • C
  • C++
  • JavaScript
  • Rust
  • Pythonなど

Ankrブロックチェーンは「多層化されている」と言いましたが、どのようなつくりになっているのでしょうか?(・ε・)

4つの層その1:コア層

仮想通貨 ブロックチェーン

重要部分、コアとなる「コンセンサス(合意)レイヤー(層)」です。

ここのレイヤーでは、合意を得るためのコンセンサス方法を「Proof of Service Level and Stake Byzantine Fault Tolerance(SLSBFT)」としています。

ビザンチンフォールトトレランスとは?
意見がまとまらないことで、取引の合意がうまくいかなくなる「ビザンチン将軍」という問題があります。
この問題に耐性があることをビザンチンフォールトトレランス性がある、と言います。

↓ビザンチン将軍問題について解説しています♪↓

Proof of Serviceの「Service(サービス)」は、先ほどもサービスの品質(SLA)について少し触れましたが、分散クラウドコンピューティングサービスの市場における計算能力やデータ保存といったサービス品質のことを指します。

この層の中では、ノードの合意をとりまとめ、ブロックを生成していく「ブロックプロデューサー(BP)」という存在があります。

私たちユーザーからコア層を見ると、取引について検証を行うバリデータノードと通常のノードとで構成されています。

バリデータノードは現在Ankr DCCNによって承認されていますが、将来的にはAnkrネットワークのコミュニティによって、投票で決められる予定になるそう。

4つの層その2:リレー層

仮想通貨 ブロックチェーン

リレー層は、高速ネットワークルーティング用の層です。

ルーティング(Routing)」とは、ネットワークの中でデータを届けるのにいかに速く、最短の道で通信できるかという仕組みのこと。

なので、ここの層はコア層とは違い、ブロックを作ったりコンセンサス(取引の合意)に参加したりすることはありません。

ANKR

ユーザーはこのレイヤーの上に、より良いネットワークを追加することができます。

そのネットワークに貢献した証明(PNC)に基づき、ANKRトークンを報酬としてゲットできます♪(∩´∀`)∩

※PNCとは?
Proof of Network contributionのこと。
直訳するとNetwork contribution=ネットワーク貢献となります。

ネットワークへの貢献…?ってざっくりしているように思いますがw

たとえば…

ネットワークの貢献にカウントされるもの
  • ネットワークの安定性
  • 帯域幅
  • ノードのサービス品質

だそう(・∀・)

これらをもとにPNCを計算し、それに応じたANKRトークンがネットワークの貢献者に報酬として送られるそうです。

4つの層その3:アクセス層

ANKR

アクセスレイヤーには、データセンターノード・マイニングノード、そして特徴5の部分でお話ししましたエッジノードが含まれます。

ノードの種類として、ブロックチェーンのクソ膨大なすべての情報を持っている「フルノード」に対し、すべては持ってないけど多少持ってるよ(雑)という「ライトノード」の存在があります。

すべての情報を持たなくても、通信を行える最低限の情報を持っているノードのことですね。

ウォレットアプリを使っているような私たち一般的なユーザーも、ライトノードです♪(・ω・)b

アクセスレイヤー内はすべてライトノードであり、不正なノードのアクセスを制御する役割をもっています。

4つの層その4:マイクロノード層

仮想通貨 メディア スマホ

最後のマイクロノードレイヤーには、デバイスノードといくつかのトランザクションハッシュが含まれています。

※デバイスノードって?
パソコンなどいろんな機器(デバイス)を使うためのソフトをデバイスノードといいます。
(デバイスファイルとも呼ばれます)

コンピューティング能力をあちこちから獲得することを考えると、いろんな機器に対応する必要がありますよね。

そのために必要なのがデバイスノードです(/・ω・)/

また、トランザクションハッシュとは、取引(トランザクション)が行われたときに発生するIDのこと。

ハッシュ=暗号で、取引が行われた確認ができる「証拠」となるものですね(・ω・)

暗号 ネットワーク

マイクロノードがネットワークを検証する場合、3層目となるアクセス層のノードに問い合わせを行います。

もしもここでアクセス層のノードが証明できない場合、マイクロノードの要求は2層目のリレー層を通過してコア層に送られることになります。

ネットワークを提供するプロバイダー、店舗はアクセス層に定期的に「ネットワークに貢献してまっせ」という証明を提供します。

アクセス層はこの証明を検証し、その結果が1層目のコア層に渡されることになります。

内容に問題がなければ、プロバイダーや店舗のサービス品質が高いと評価され、プロバイダーがブロックを作る役割をもつ「ブロックプロデューサー(BP)」として選出される可能性が高まることになります。

(ブロックプロデューサーについては後述します!)

特徴その7・高いセキュリティ

仮想通貨 セキュリティ

Ankrブロックチェーンネットワークは、ビットコインのコンセンサスアルゴリズム(合意を行うための計算方法)Proof of Work(PoW)を用いることで、さまざまな攻撃を防いでいます。

攻撃とは、たとえばシビル攻撃エクリプス攻撃

シビル攻撃
簡単に言うと「なりすまし」です。
投票させない、正当なユーザーをネットワークに入れないなどの攻撃が行われ、トランザクションが確認されないといったことが起こります。
エクリプス攻撃
情報をわざと書き換えて送信することで、送られた側のノードがネットワークからはぐれてしまいます。
同じ世界線にいたはずなのに、攻撃者が情報を書き換えていらんことをしたせいで別世界になってしまった…というイメージです。
そのため、日食攻撃とも呼ばれます。

これらは、パワーに偏りができるおそれのあるProof of Work(PoW)によって防ぐことができる攻撃たちです。

51%攻撃のリスクがありますが、PoWのおかげでなりすましもできず、情報を書き換えることもできなくなるからです(‘ω’)ノ

↓51%攻撃って?詳しく解説しています♪↓

特徴その8・コンセンサスアルゴリズム「SLSBFT」

疑問 クエスチョン

コア層のお話しでも少しだけ触れましたが、Ankrブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズム(合意方法)は、「Proof of Service Level and Stake Byzantine Fault Tolerance(SLSBFT)」というもの。

…ぶっちぎりで長い名前のコンセンサスアルゴリズムです。

サービスレベルと掛け金(ステーク)、ビザンチンフォールトトレランスが合わさった方法になっています。

取引の合意を行うにあたっては、3段階の工程が。

コンセンサスの工程
  • ①提案する
  • ②事前投票
  • ③成立する

ANKR

この画像でいえば、オレンジの丸である「Proposer(提案)」が行われ、コンセンサス(合意)が行われます。

事前投票が行われ、成立すると新しいブロックができ、アプリケーションにもその結果が伝わっていきます。

さて(・ε・)

ビザンチンフォールトトレランス(BFT)もよく取り入れられているアルゴリズムなのですが、どうしてAnkrは「SLSBFT」というクソ長い方法を採用したのでしょうか?

スキャム 仮想通貨 ビットコイン

通常のBFTとSLSBFTとの違いは、ブロックプロデューサー(BP)の存在。

ブロックを作る権利をもつノードのことを指しますが、選ばれるにはサービスのレベルを高めること、そしてStake(掛け金)の多さが重要ポイント。

ユーザーがANKRトークンを持っている場合、ブロックプロデューサー選びに参加することができるんです(・ω・)b

SNS スマホ ネットワーク

サービスを提供するプロバイダー(事業者)がサービスの品質を高め、ネットワークに貢献するとブロックプロデューサーの候補になる…ということですね!

さらに、セキュリティや公平性を守るために、ブロックプロデューサーの候補となったノードは、候補ノードのプール(控室のイメージ)からランダムに選ばれることになります。

投票に対し、悪意あるユーザーがわざと意見を変えたり、意見がまとまらないようにするのがビザンチン将軍問題。

これを防ぐためにビザンチンフォールトトレランスが採用され、さらにブロックプロデューサーの選出のためにサービスの品質と賭けられたトークンの量を掛け合わせ、安全性を高めているんですね。

Ankr Networkを取り扱う取引所は?

仮想通貨 ビットコイン 取引所

Ankr Networkは、現在海外取引所での取引のみとなっています。

売買できるところ
  • BitMax(ビットマックス)
  • Upbit(アップビット)
  • Binance DEX(バイナンスデックス)
  • Bittrex(ビットレックス)
  • Kucoin(クーコイン)

う~~~ん、この中で売買しようと思ったらビットレックスですかね…(´・ω・`)

バイナンスDEXで取り扱われていることからも、DEXではない方のバイナンス(Binance)に上場してくれれば…!と思います。

AnkrはERC20から「BEP-2」へ

バイナンスチェーン Binance

Binance DEXに上場されるにあたり、これまでイーサリアム(ETH)をベースにしたトークン「ERC20」だったAnkrは、このたびバイナンスチェーンをベースにしたトークンになりました。

↓ERC20って?トークンの種類について解説♪↓

つまり、ベースとなるブロックチェーンの乗り換え…ということですね。

ERC20トークンから、今後はBEP-2トークンとなりました(・∀・)ノ

Ankr Networkの将来性について

ネットワーク

Ankr Network(アンカーネットワーク)は、眠っている(使われていない)状態のコンピュータの能力を活かし、その能力を提供してくれるプロバイダーにも、利用するユーザーにもwin-winの関係を作ることができます。

プロバイダー側は、これまで眠っていたままの能力で報酬をもらうことができるように。

ユーザー側は、クラウドの費用を安く利用することができるようになります。

AmazonやMicrosoftといった誰もが当たり前に使っているサービスを、今後はAnkrで安く済ませることができるように…!(゜Д゜)

セキュリティ

もちろん、ブロックチェーン技術が利用されているためデータの改ざんやセキュリティについても安心。

つまり、ライバルは驚くほど「大手」ということになりますよね…!(゜∀゜)

また、AnkrNetworkはさまざまなプロジェクトとパートナー関係になっています♪

有望アルトコインシリーズでもご紹介しています、Matic Network(マティックネットワーク)

Ankr Matic

↓Maticについて仕組みを解説しています♪↓

さらに、Harmony(ハーモニー)も。

↓Harmonyについて仕組みを解説しています♪↓

さまざまなプロジェクトと手を組み、お互いの技術を進化させることが期待されています♪(∩´∀`)∩

まとめ

Ankr

今回は、Ankr Network(アンカーネットワーク)についてまとめました!

思っている以上に大手が競合となり、しかも価格面や使いやすさといった点でAnkrは有利に。

今後、IoTをはじめさらに世界中でネットワーク化が進みます。

どんなものもデータになり、そのデータがあちこちで当たり前のようにやり取りされる…そんな世界です(・ε・)

Decentralized ネットワーク

そこで欠かせないのが、データのやり取りを行うための土台や通信を実際に行ってくれるコンピューターの頑張り。

もうみんなはクラウドばかりを使って、今は全然使っていない…という状態のコンピューティング能力はどんどん増えていくはずです。

今後需要&期待しかないビジネスモデルとして先陣を切ったAnkr、今後が楽しみですね♪(∩´∀`)∩

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - アルトコイン, 初心者ガイド, アンカーネットワーク(ANKR)

関連記事

SBIホールディングス
GMO・取引所にアルト4種追加!バイナンス・クレカ購入可能に、SBIVC・仮想通貨送付サービス開始

こんにちは、Makiです!(*’ω’*) 今のところイン …

仮想通貨 ico
【3分でわかる!仮想通貨用語】IEOとは?ICOとの違い、バイナンスや各取引所の注目銘柄、参加方法まとめ

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ 仮想通貨に関する???な専門用語を解説 …

Bakkt バックト
【Bakkt(バックト)】仮想通貨の重要ファンダ、Bakktが7月ユーザーテストへ!【解説】

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ さて、仮想通貨界隈が少しずつ盛り上がっ …

アメリカ
【Bakkt】延期の噂、真偽は?CFTCのルールについて…マネックス米子会社が参入も!

こんにちは、Makiです!(*’ω’*) 3連休明け、お …

コインチェック
【CC事件】コインチェックのNEM(ネム)ハッキングから1年…変わったこと・今思うことまとめ

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ 早朝、広島は雨だったんですがいつのまに …