【仮想通貨】Matic Network(マティックネットワーク)とは?バイナンスIEO、将来性を解説!

   

Matic

こんにちは、Makiです!(‘ω’)ノ

今回は、これからくるぜ!!という有望アルトコイン~…

Matic Network(マティックネットワーク)」です!デデン

海外取引所・バイナンス(Binance)にてこれからIEOが行われる予定で、かなり注目されています…!

バイナンスのIEO銘柄だから…という理由だけでなく、ちゃんと中身を見てみると「有望やんけ(゜Д゜)」という内容に。

ということで!

今回はMatic Networkについて詳しく見てみようと思います♪

Matic Network(マティックネットワーク)のスペックと基本情報

Matic

んでは、まずは基本情報から♪

Matic Network(マティックネットワーク)
通貨 MATIC
最大供給量 100億枚
サイト 公式サイトはこちら
Twitter 公式Twitterはこちら

ICOに関する情報が掲載されているICO DROPSでは、この評価。

Matic

低リスクからの最高評価!(゜Д゜)

そういえば、ICO DROPSではトークンのティッカーシンボルが「MTX」なんですが、バイナンスのIEO予告では「MATIC」になっているんです(´・ω・`)

どっちなんだろ?(´・ω・`)

まぁいっか(アカン)

ということで、今回ご紹介しますMatic Network(マティックネットワーク)ですが…

分散型アプリケーションの「DApps(ディーアップス)」を、皆さんはご存知でしょうか??(・ε・)

DApps トラストウォレット

ブロックチェーン上で動作する、特定の管理者がいないという特徴をもつアプリケーション全般のことを指します。

DAppsはおもにゲームアプリをはじめ、さまざまなサービスが日々増えてきています♪

しかーし。

大きな進歩を遂げる一方で、その土台となるブロックチェーンエコシステムは需要に応じて拡張する準備ができていない状態です(´・ω・`)

ビットコイン ブロックチェーン

土台に乗っかるDAppsの方がより一般ユーザー向けなので、そりゃ開発者もたくさん出てきますし、あれこれ次のものが登場しますもんね。

ただ、この状態が進むと…?

DAppsでデータのやり取りを行ううちに遅延(処理しきれない)が起こってしまいますし、それに伴ってガス(手数料)料金が高くなってしまうことに。

これじゃDAppsのさらなる進歩につながらない!!

そこで立ち上がったのが、土台なんとかしようぜ!(゜Д゜)という、Matic Network(マティックネットワーク)でした。

Matic Networkの目標
  • 取引をサクサクに(スケーラビリティ問題の解決)
  • 手数料を安く(ガス料金の低下)
  • ユーザーが使いやすい状態に(ユーザーエクスペリエンスの向上)
  • 誰でも簡単に利用できるように(分散型エコシステムの単純化)

これらの目標を掲げたマティックネットワークは、まずはイーサリアム(ETH)においてスケーラビリティを示すよう開発を進めています。

↓スケーラビリティ問題について解説しています↓

Matic Networkは2019年4月25日(もうすぐやんけ)に、海外取引所・バイナンス(Binance)IEOが行われる予定です。

↓IEOって?内容を詳しく解説しています♪↓

IEOとは、取引所を介して行われるICOのことですね。

バイナンスのIEOはこれまで大成功を収めてきたため、今回のMaticについてもかなり期待が寄せられています。

また、マティックネットワークのIEOは「宝くじ方式」となっているため、バイナンスの取引所トークンである「BNB(バイナンスコイン)」が必要になっています。

↓取引所トークンあれこれまとめ♪↓

今後もさらにIEOが行われる予定なので、チェックしてみると良いでしょう~♪

…さて、話がそれましたが(・∀・)

マティックネットワークは具体的にどんな特徴があるのでしょうか、見てみましょう!

特徴その1・Plasma(プラズマ)との関係、UXの向上

Matic

イーサリアム(ETH)の生みの親であるヴィタリック・ブテリン氏と、ライトニングネットワークの考案者であるジョセフ氏がともに考案した「Plasma(プラズマ)」という技術があります。

これは、本線となるイーサリアム(ETH)のブロックチェーンから、ルートチェーンと呼ばれる別のチェーン(サイドチェーン)をつくり、そっちでアレコレ作業をするというもの。

トランザクションを手分けして処理するってことですね。

そして、最終的な結果だけを本線のブロックチェーンに送って記録しようというものです。

だから、本線への記録時間はちょこっとで済みますし、これまでに比べて負担が激減=取引速い!(・∀・)ということです♪

ライトニングネットワーク

…このプラズマの仕組みを応用し、実装しているのがMatic Network(マティックネットワーク)です。

そんなマティックネットワークの大きな目標は、ユーザーエクスペリエンス(UX)の向上です。

UXというのは、私たちユーザーがサービスを利用したときに得る「経験」のことをいいます(‘ω’)ノ

仮想通貨 メディア スマホ

つまり、ユーザーエクスペリエンスの向上というのは「おぉ~ゲームサクサクできるやんけ~」という感動や、驚きをもっと!!ということですね。

ゲームアプリをプレイしていて、ロード(読み込み)が遅かったり、接続が切れてクソっ(゜Д゜)となった経験って誰でもあると思います。

特にDAppsの場合、ブロックチェーン上での制約があったりまだまだ発展途上ということもあるため、使い勝手が悪いなぁ_(┐「ε:)_と感じることも。

マティックネットワークの開発チームはプラズマの仕組みを利用して、すでに高品質のユーザーエクスペリエンスを実現する土台を構築しており、今後広めていこうとしているんですね♪

特徴その2・ブロックプロデューサーの存在

仮想通貨 ビットコイン ブロックチェーン

通常のブロックチェーンを利用したトランザクション(取引のデータのこと)って、取引が完了するまでが長いんですよね…(´・ω・`)

特にProof of Work(PoW)と呼ばれる合意方法のものは、なんらかのアクション(取引)をしたとき、ブロックが生成されるまでに時間がかかってしまいます。

また、いくらブロックができたとは言っても、そのブロックが無効化されてしまう攻撃なんてものもあるため、安全性の確保のためにブロックがいくつかできるまで待たないといけません…。

これじゃ不便やがな!(゜Д゜)カッ

ブロックチェーン

そこで、Proof of Stake(PoS)ベースのブロックチェーンに注目です。

PoSはトークンを長く・たくさん保有している人ほど、取引の承認に関する権限をもつ…という仕組み。

PoWのようにブロックが無効化されるような攻撃を受けるリスクが低い一方で、トークンの保有によって権力が偏る可能性があるため「分散化」についてはどうだろう?(´・ω・`)という意見もあります。

しかし、PoSだと高いスループット(処理能力)を達成できるということもあり、分散化と天秤にかける価値があるといいます。

↓スループットについて解説しています!↓

マティックネットワークではトランザクションを検証する「Stakers(ステーカーズ)」と呼ばれる人がおり、この人をネットワークの中でチェックポイントとして、一定の権利を与えています。

さらにステーカーズは「Block Producer(ブロックプロデューサー)」と呼ばれる人を選び、この人たちにブロックを作る権限を与えることで取引をサクサク進めていく仕組みをとっています。

責任あるブロックプロデューサーによって、定期的にブロックの証明(不正がないか確認)を行った結果を、イーサリアムのメインチェーンに書き込んで記録していきます。

この仕組みのおかげで、ブロックの生成はまさかの2秒未満(!)と非常~~~にサクサクに。

※イーサリアムのPoSについて
イーサリアムの取引合意方法(コンセンサスアルゴリズム)は、現在PoWです。
しかし、今後アップデートによってPoSに変更されることが決まっています。

一般的なパブリックブロックチェーン(ビットコインなど)だと、連結するブロックに情報が伝わって広がっていくのに時間がかかり、次のブロックがつくられるまでに一定のタイムラグが発生します。

また、ブロックのサイズについても、データを速く後に伝えていくために小さくしておく必要があります。

ただ、これだとブロックの中につめこめるトランザクション(取引のデータ)の数が少なくなってしまいますよね…(´;ω;`)

結果的に、送金詰まりに。。。

仮想通貨 ブロックチェーン

マティックネットワークだと、ブロックプロデューサーがブロックを生成することでこの問題を解決します♪

ブロックプロデューサーがネットワークの中で「ブロック作るよ(・∀・)」と一定の権利を得ているため、いちいち待つ必要がありません。

なので、マティックネットワークは「理論的には」1つのサイドチェーン(ルートチェーン)を使って、トランザクション数がマックスでも数秒で処理できるといいます。

Plasma(プラズマ)の形を取り入れたMatic Network(マティックネットワーク)は、枝分かれするサイドチェーンを複数使うことで、理論的には毎秒数百万(!)のトランザクションを処理できる能力をもっています。

すごい(・∀・)(小並感)

特徴その3・マティックネットワークの仕組み

Matic

イーサリアム(ETH)のネットワークの場合、取引量が増えたときにはトランザクションがネットワークの中でうまく処理しきれず、パンク状態に(´・ω・`)

解決方法としては、現状では手数料としてガスと呼ばれる料金が増えてしまいます。

手数料が高くなるなんて(´;ω;`)

マティックネットワークでは、次のような仕組みを解決策として提案しています。

マティックネットワークの仕組み
  • ①ユーザーは、メインチェーンにトークンを預けて契約(スマートコントラクト)を行います。
  • ②投入されたトークンがメインチェーンで確認されると、その後「Matic Deposit(マティックデポジット)」を経て、マティックネットワークのチェーン上に残高が表示されます。
  • ③ユーザーはマティックネットワークを利用して、トークンをほぼ瞬時に・ほぼゼロ料金で送ることができるように。
  • ④入金しているトークンは、ユーザーの望むタイミングでイーサリアムのメインチェーンに戻し、引き出すことができます。

このマティックデポジットは、ダガー(後述します)というツールを使い、メインチェーン(本線)となるイーサリアムのブロックチェーンにトークンが入金されたことを伝えてくれます。

イーサリアムとリンクしている…と言うとわかりやすいですね♪

Matic

こんなふうに、イーサリアムのメインチェーンとリンクしつつも、より早くブロックがつくられるような仕組みになっているということ。

ユーザーが入金していたトークンを引き出したい(・ε・)というときには、マティックのチェーンから再びメインとなるイーサリアムのチェーンに引き出されます。

特徴その4・マルチチェーンサポート

背景 ブロックチェーン

複数のサイドチェーンを使うことで、トランザクション(取引データ)をどんどん処理するマティックネットワーク。

もう少し具体的にその仕組みを掘り下げてみましょう。

複数のサイドチェーンで資産(トークン)の移動をするとき、ユーザーはそのチェーンに振り分けられたIDを使い、領収書代わりに使うことで資産を送信することができます。

これがもっとわかりやすくなるよう、今後サイドチェーン間でトランザクションを実行するためのウォレットが使えるようになるそうです♪

仮想通貨 イーサリアム ETH マイイーサウォレット

開発側にも、同じように複数のチェーン間でやり取りができるようプログラムを構築するためのAPI・SDKを提供するそう。

※API…Application Programming Interfaceの略。利用に関する説明書などが含まれます

※SDK…Software Development Kitの略、開発者向けのキット

↓「SDK」について詳しく解説しています♪↓

メインチェーンではなくサイドチェーン間のやり取りなので、いちいちメインチェーンに取引の記録を書き込む必要がなく、スピーディな取引ができるようになるそう。

このサイドチェーン間の資産移動については、先ほどお話ししましたStakersによるチェックポイント層で管理されることに。

資産やり取りがよりスピーディになるよう開発中とのことで、実現すればおそらく即時の取引が可能になるそうです!

特徴その5・攻撃からの保護、セキュリティ

スキャム 仮想通貨 ビットコイン

ネットワークに対する攻撃にはいろんな種類があります。

特に仮想通貨においては、ハッキングや取引所のサーバー落ち、いろんな影響があらわれます…(´・ω・`)

そんな攻撃のひとつとして挙げられるのが「DoS攻撃(ドスこうげき)」です。

↓DoS攻撃など、さまざまな攻撃を解説!↓

データの更新を押しまくって(F5キーを押してできるアレです)サーバーに対してむちゃくちゃ大量の要求をしてパンクさせる…という攻撃です。

いわゆる、スパムです(´・ω・`)うぜぇ

Matic Network(マティックネットワーク)では、そもそもTPS(処理能力)がむちゃくちゃ高いため、DoS攻撃が行われたとしても動じないというメリットがあります。

さらに、取引においてはトークンの入出金の検証が何重にも行われるため、より安心なんです♪(∩´∀`)∩

スキャム 詐欺

また、ユーザーがもしマティックネットワーク内で「コレおかしくね?」という不正疑いのある取引をピックアップします。

これを報告し、もし本当に不正な取引が行われていた場合は、報告したユーザーに対して報酬が贈られます

詐欺や不正な取引をしていたユーザーはステーク(預けていた)分のトークンは没収され、報告したユーザーがそれを受け取る…という仕組み。

より正確に、より安全に取引ができるというワケなんですね♪

特徴その6・Maticの仮想マシン(MVM)

イーサリアム ETH

イーサリアム(ETH)で有名なのですが、スマートコントラクト(契約機能)を動作させるために不可欠なものとして「バーチャルマシン(仮想マシン)」の存在があります。

イーサリアムの頭脳であり、とても重要なもの。

イーサリアムの場合イーサリアムバーチャルマシン(EVM)として知られていますが、現在マティックネットワークでは、このEVMベースのマシンが使われています。

このマシンを使うことで、マティックネットワークは他のブロックチェーン(カイバーネットワーク、ゼロエックスなど)といった他の技術を、マティックネットワーク内でも利用できるように!

Matic Virtual Machine(マティック仮想マシン)は、EVMのマシンと互換性があります。

(お互いに利用しあえるということ)

仮想通貨 イーサリアム etherium ETH

なので、たとえばイーサリアムのブロックチェーン上でとあるDAppsゲームが展開されていると、同じようにマティックネットワークにも移植することができます。

しかも、カンタンに♪(・∀・)

あっち(イーサリアム側)でDAppsゲームがすでに展開されていて、でも土台はマティックネットワークのほうが遅延なくサクサクできるっていうし…(´・ω・`)

そんなとき!

マティックネットワークの仮想マシンはすぐにこのデータをマティックネットワークに移植することができて、とっても便利なんですね♪

マティックネットワークのトークンについて

Matic

マティックトークン(MATIC)について見てみましょう(・ω・)ノ

イーサリアムをベースに作られたこのトークンは、マティックネットワークに参加する参加者間の支払いや決済に使われる、ユーティリティトークンです。

マティックネットワークでは、参加している人たちがネットワークに貢献・維持するために、インセンティブ(報酬)が送られるシステムになっています。

ビットコイン 計算

ブロックの検証・証明の発行・契約など、マティックネットワークでできるさまざまな機能を利用するためには、それぞれでリソース(計算パワー)が必要に…(´・ω・`)

ユーザーは、これらのリソースを「使ってくださいな(・∀・)」とネットワークに提供することで、それに応じたMATICトークンが付与されるっちゅー仕組みになっています。

ネットワークにとっても、ユーザーにとっても、それぞれwin-winになるよう設計されているんですね!(‘ω’)ノ

Matic Networkの将来性について

クエスチョン 疑問

今後考えられるユースケースが、ホワイトペーパーにいくつか記載されていましたので、それぞれを見てみましょう。

今後・支払いについて

Matic

マティックネットワークは、支払いについても即座に!安全にやろう!という目標があり、私たち一般のユーザー用のもの、DApps用の支払いAPIやSDKを段階的に提供する予定です。

※API…Application Programming Interfaceの略。利用に関する説明書などが含まれます

※SDK…Software Development Kitの略、開発者向けのキット

支払いに関する予定
  • ①イーサ(ETH)と、イーサベースのトークン・ERC20トークンで支払いができるように
  • ②アトミックスワップと流動性プロバイダーを利用したクロスチェーン振替・支払いができるように
  • ③フィアット(法定通貨)の支払いができる流動性プロバイダーによる決済システムの統合

アトミックスワップとは、違う種類の仮想通貨を交換できる仕組みのこと。

↓アトミックスワップについて解説しています♪↓

また、流動性プロバイダーとはほかの金融機関や、トークンを扱う取引所といった業者のこと。

これらに協力してもらうことで、たとえフィアット(法定通貨)でも主要国の通貨で交換できるようになるとのことです。

今後・貸付について

仮想通貨 資産

貸付や売買をしたい売り手のため、マティックネットワークには今後自分の取引履歴を「信用度」として評価をつけられるようになります。

フリマアプリやオークションでよくある、評価システムみたいなもんですね(・ω・)b

マティックネットワークのネットワーク上のユーザーに、トークンを貸し出すことが可能に。

お金 ドル

また、DAppsで発生したトランザクション(取引データ)には、取引しまっせ!という意思表明や本人確認を兼ねて「署名」が行われます。

が、マティックネットワークではユーザーがセキュリティや秘密鍵を気にせずに利用できるよう、オープン・アイデンティティというシステムを取り入れています。

これによって、ユーザーはいちいちストレスなくデータのやり取りができるように。

Decentralized ネットワーク

さらに、ユーザーがどのトークンで支払うかどうかを決めたとき、その決定に応じて特定の取引を自動承認する方法を提供します。

つまり、毎月定期的に支払いをする契約を結んだり、自動的に決まった料金の引き落としが設定できるようになり、決済の幅が広がるようになるとのことです♪

Matic Networkのプロダクトについて

クエスチョン 疑問

トークンのリリース前ですが、マティックネットワークではすでにいくつかのプロダクト(商品やサービス)が。

(開発中のものも含む)

どんなものがあるのか、ひとつずつ見てみましょう♪

プロダクトその1・ウォレット&アプリ

Matic

マティックネットワークでは、すでにアプリの開発が進んでいます。

Matic

公式サイトを見てみると、iOS・Android版の両方の開発が進んでいることがわかりますね♪

さらにウォレットの画面ではイーサリアム(ETH)バイナンスコイン(BNB)といったイーサリアムベースのトークンが並んでいます。

↓イーサリアムベースのERC●●について解説♪↓

↓バイナンスコイン(BNB)について解説しています!↓

さまざまなトークンの管理に便利なのはもちろんですが、資産をより安全に管理するために他のブラウザウォレット(Metamaskなど)のキーが重複するのを防いでくれます。

秘密鍵を共有することなくさまざまなDAppsを利用できる「WalletConnect(ウォレットコネクト)」という技術が使われています。

具体的なリリース日はまだ発表されていませんが、トークンセール(IEO)に合わせてリリースされるのではないでしょうか?( *´艸`)

プロダクトその2・Dagger(ダガー)

仮想通貨 イーサリアム

Dagger(ダガー)とは、Matic Networkを利用した開発者向けのツールです。

イーサリアムのブロックチェーンから、リアルタイムで最新情報をゲットするためのもの。

たとえば、マティックを利用したウォレットアプリを開発してダガーを使うと「イーサ(ETH)が入金されましたぜ~」という具合に、ブロックチェーンからの通知をすぐ設定することができます。

Matic

これを応用して、イベント時のユーザーへの通知、チャットツールのSlack(スラック)やDiscord(ディスコード)などにトランザクション(取引データ)に関する通知を設定することもできますね。

コードもほんの数行と短く、簡単に導入できるようになっているそうです♪(∩´∀`)∩

まとめ

Matic

今回は、Matic Network(マティックネットワーク)についてご紹介しました~♪

もうすぐバイナンスでIEOが行われる予定のマティック。

イーサリアムのプラズマを応用し、とにかく早く・安全に、そしてユーザーにとって「使いやすい」ことを重要視していることから、期待されているプロジェクトです。

シンプルで、とにかくユーザーエクスペリエンスを重視したウォレットアプリの開発が進められている点や、速さと安全性の両立をしている点からも、私たちユーザーが身近に感じられる開発を進めていて好印象♪

今後マティックネットワークでは、さまざまなDAppsをよりスピーディに使えるようになるでしょう(‘ω’)ノ

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - アルトコイン, 初心者ガイド, マティックネットワーク(MATIC)

関連記事

仮想通貨 ビットコイン
ICO規制についてJCBAが提言、今後どうなる?換金業者が所得隠し…CCハッキングは北朝鮮が関与?

こんにちは、Makiです!(*´ω`*) ウワ~~~~確定申告終わったァ~~~! …

Beam
仮想通貨「Beam(ビーム)」の特徴や将来性を解説!ミンブルウィンブル、機密取引の方法とは?

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ 有望アルトコインシリーズ☆ 今回は~~ …

ライトコイン LTC
【ライトコイン】直近のファンダまとめ、Coreアプデ・ミートアップ・決済Wirexでの採用など!

こんにちは、Makiです!(‘ω’)ノ 今日は3月11日 …

ETCDEV
イーサリアムクラシック(ETC)への51%攻撃を解説!被害は?PoWと今後についてまとめ

こんにちは、Makiです!(*´ω`*) やっと…娘も幼稚園が始まって、いつも通 …

Nash
【仮想通貨】旧NEX、Nash(ナッシュ)とは?DEXであるNash Exchange、各サービスや将来性を解説!

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ 今回は有望アルトコインシリーズ! 「N …