Mt.GOX事件、横領罪の控訴見送り…バイナンス、IdentityMindと提携で弱点克服!?仮想通貨×Suica続報!

   

バイナンス

こんにちは、Makiです!( *´艸`)

花粉がホントにひどい…毎年時期としてはスギ花粉のやられ、そのあとにくるヒノキは多少影響を受けるといった感じだったのに…

ここ数日、ホ゛ン゛ト゛に゛ひ゛と゛い゛

(泣きながら)

窓を閉め切ってティッシュを鼻に突っ込むしか対策がとれません。もう諦めました。

ということで、ブチ切れながら気になる仮想通貨ニュースをまとめていきたいと思います。

マウントゴックス事件、CEOの横領罪は控訴見送り

マウントゴックス

2014年に起こった、マウントゴックス社のビットコイン流出事件、いわゆる「マウントゴックス事件」について。

先日、元CEOのマルク・カルプレス氏に対して、事務処理をごまかそうとした私電磁的記録不正作出罪の有罪判決が下されました。

↓そのときのブログ、詳細はコチラ↓

ユーザーにとって肝心なのはビットコイン(BTC)がどうして流出したのか、カルプレス氏が横領したのではないか?という部分です(`・ω・´)

しかし、このとき横領罪については無罪という判決が…。

そこで、横領についての罪をもう一度問うため控訴するのでは?と言われていました。

…今日、控訴を見送るというニュースが飛び込んできました(´・ω・`)

“仮想通貨ビットコインの取引所を運営する「MTGOX」(東京、民事再生手続き中)の資金を着服したとして、業務上横領罪などに問われた元代表取締役マルク・カルプレス被告(33)を一部無罪とした東京地裁判決について、東京地検が控訴を見送る方針を固めたことが28日、関係者への取材で分かった。横領部分は無罪が確定する見通しとなった。”

引用:共同通信社

んま~~~(´・ω・`)

結局、ビットコインがどうしてどっかいっちゃったのかという部分については、誰の責任とも問えない状況になってしまいました。

2014年に起こったマウントゴックス事件は、今もなお債権者に対して返還の手続きが行われています。

債権者はどこにこの怒りや憤りをぶつけて良いのやら…。

バイナンス×IdentityMind、注目の理由は?

バイナンス

お次は海外取引所・バイナンス(Binance)の話題です♪

3月26日、バイナンスがIdentity Mindという企業と提携したことを発表しました!

“IdentityMind, a risk management and RegTech compliance platform with Know Your Customer (KYC) and Anti-Money Laundering (AML) services (‘Digital Identities You Can Trust’),announced today its partnership with Binance, the world’s leading cryptocurrency exchange by trading volume and users.

As part of a joint mission to help raise the industry’s standard, Binance and IdentityMind have begun undertaking steps to improve existing data protection and compliance measures for Binance’s global operations.”

引用:Identity Mindプレスリリース

“(日本語訳)

リスク管理、RegTech(レグテック)、KYC、およびAMLサービスのコンプライアンスプラットフォームであるIdentityMindは本日、取引量とユーザー数で世界をリードする仮想通貨交換所のバイナンスとのパートナーシップを発表します。

業界標準の底上げを支援するという共同氏名の一環として、バイナンスとIdentityMindは、グローバル業務のための既存データ保護・コンプライアンスを改善するための対策を始めました。”

※RegTech(レグテック)とは?
規制(レギュレーション)技術(テクノロジー)の造語。
どんどん変化する金融規制ですが、技術を駆使して早く規制に対応できるようにすることをいいます。

ということで!

Identity Mind(アイデンティティマインド)という企業との提携です♪(∩´∀`)∩

この提携によってバイナンスが抱えるある課題を解決し、よりいっそう安心して利用できる取引所にする必須ステップだと個人的に思っています。

では、その「課題」とはいったい何なのでしょうか?(・ε・)

バイナンスの課題「AMLとKYC」を解決!?

バイナンス binance

バイナンスといえば、CEOであるCZ(@cz_binance)のユーザーに対する姿勢、トラブル時の対応など、とにかく素晴らしい(・∀・)と評価を受けている世界的な取引所です。

通常のトレードで利用するぶんには、私たちユーザーにとって申し分ない取引所だと言えますが、別の視点からバイナンスを見るとある「不安」なところが…。

それが、マネーロンダリング問題本人確認(KYC)問題です。

↓仮想通貨で必要な「KYC」っていったいナニ!?↓

コインチェックをはじめとした日本の取引所では、まず口座開設のために厳しい本人確認を行いますよね。

日本の本人確認(KYC)
  • ①名前や住所といった情報をアレコレ入力
  • ②本人確認書類の提出
  • ③ハガキを受け取って記載されたコードを入力、やっと完了!

めんどいww_(┐「ε:)_

とまぁ、これくらいやって本人確認をしっかり行うことで、マネーロンダリング対策の一歩になるんですよね。

しかーし。

バイナンスではあっさりと登録ができ、取引も可能になります(・ε・;)

↓バイナンスの登録方法、使い方を解説しています♪↓

本人確認を行うと24時間のうちに出金できる金額の上限が上がるため、たくさん取引をする方は本人確認をしておきましょう(・∀・)ノ

通常は本人確認なしで、24時間に2BTCまでの出金が可能ですよん♪

ビットコイン 仮想通貨

…というワケで、本人確認はしなくてもすぐ取引はできちゃいますし、これだと他の取引所から持ってきた仮想通貨を誰が取引しているのかわからなくなっちまいます(´・ω・`)

マネーロンダリング(資金洗浄)の場になってもおかしくない…というワケですね。

それが今回、KYC・AML強化・RegTechのプラットフォームを提供するIdentity Mindと提携したということで…バイナンス唯一の弱点?と言っても過言ではない部分が、ぶっ潰されるのではと期待しています♪(゜∀゜)ウヒョー

IdentityMind

よりいっそう今後のバイナンスに対して期待が持てますし、大きな意味のある提携になったのではないでしょうか。

Suica×仮想通貨、続報

Suica

先日お伝えしました、Suicaをはじめとする電子マネーに、仮想通貨を使ったチャージができるようになる…という件。

↓ディーカレット×Suica、今後はどうなる!?↓

続報です(゜Д゜)

27日、みずほ銀行からこんな発表がありました。

「J-Coin Pay(ジェイコインペイ)から、Suicaアプリケーションへデジタル通貨よりチャージを実現する実証実験を開始します」

“みずほ銀行とJR東日本は、2006年10月から「モバイルSuica」への銀行チャージサービスや、2018年8月からカード発行不要で即時に発行・チャージが可能な「Mizuho Suica」の提供で連携をしています。

実証実験では、みずほ銀行の口座だけではなく、「J-Coin Pay」に参画する約60の金融機関の口座保有者が「J-Coin Pay」を通じて、「Suicaアプリケーション」に無料でチャージが可能となります。

Suicaは、電車・バスなどの交通機関や、全国約60万の店舗で利用可能です。

「J-Coin Pay」から「Suicaアプリケーション」へのチャージにより、銀行系デジタル通貨プラットフォームを幅広い利用シーンで活用するとともにSuicaのチャージを手軽に行えるよう利便性を向上していきます。 ”

引用:みずほ銀行

ということで…。

仮想通貨でSuicaにチャージできるという報道がありましたが、当日のディーカレットの会見では特に詳しい内容について言及されていませんでした(´・ω・`)

…仮想通貨って言うけど、何を使うんだろう?とTwitterでもあちこちで予想がありましたが、多くは「ステーブルコイン」もしくは「ディーカレットやJR独自発行の仮想通貨」という意見が目立っていました。

予想通り、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)といったいわゆる本来の仮想通貨ではなく、みずほ銀行が発行する「J-Coin Pay」っちゅーことでした!

J-Coin Payについて、報道とは別の仮想通貨…?

J-Coin Pay

3月にアプリの提供が始まったばかりの、生まれたてホヤホヤサービス。

みずほ銀行だけでなく、全国の地方銀行が参画していることや、サービスの利用料(入出金など)は無料という特徴があり、実際に支払いを行うときの方法はQRコード決済となります。

うーむ。銀行口座を利用した、サクサク送金サービスだそうけど…

J-Coin Pay

残念ながら、仮想通貨って感じじゃないね(・∀・` )

………でも、ここまで書いてふと思ったんですが、テレビで報道されたSuicaチャージの仮想通貨って、J-Coin Payとは別なんじゃないか?と…

27日に仮想通貨でSuicaチャージや!というニュースが飛び出して、その日のディーカレットの事業説明会で「報道ほど具体的な計画はまだないんです」と社長から発言がありました。

クエスチョン 疑問

でも、上記J-Coin Payについて発表があったのはその27日ですし、実証実験は10月に開始予定とのこと。

当初テレビで報道があったのは、6月か7月にサービスが開始されるという内容でしたよね。

…あれ、もしかしてSuicaにチャージする仮想通貨って、…?(・ε・;)

淡い期待を抱いて、続報を待ちたいと思います!w

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 仮想通貨ニュース, 初心者ガイド

関連記事

ETF 上場投資信託
【申請取り下げ】CBOE(VanEck×SolidX)のビットコインETF、今後どうなる?世界はあくまで前向き!

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ …ゆうべは久しぶりに夫と喧嘩しちゃいま …

Bakkt バックト
【追記あり】大型ファンダ・Bakkt(バックト)×ICEのビットコイン先物取引とは?ETF承認への追い風に!?

こんにちは、Makiです!(*´Д`) も~~~すでに家の結露に悩んでいる次第で …

コインベースカストディ
コインベースカストディ、銘柄追加!5種類の仮想通貨ETP、スイスで承認&取引へ【大型ファンダ】

こんにちは、Makiです!(*´Д`) うう~~…さぶい~~… 小学生組は「上着 …

レジャーナノS
Zaif(ザイフ)、ユーザーからADR申し立て…bitbankから情報サイト登場&Ledger新色追加!【皆さんに感謝】

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ いや~…ついにビットコインキャッシュ( …

Krakenに進展アリ!FATF声明、バイナンスのTrust WalletにXRP追加!モナコイン盗難犯人を摘発

こんにちは、Makiです!(*´Д`) 最近Twitterの投稿が少ないと言われ …