マウントゴックス裁判判決!「暗号資産」へ呼称変更、法改正は?ALISオープンβ版リリース第2弾!

   

仮想通貨 ビットコイン

こんにちは、Makiです!(*´ω`*)

日中あったかい日が続きますね~、いよいよ春って感じです♪

(花粉で感じる春の訪れ)

我が家は来週から娘が春休みに突入し、再来週からは小学生組も…_(┐「ε:)_チーン

長男は来月で9歳の誕生日を迎えますし、いや~~~ホント時間が経つのは早いなぁと実感しております。

さてさて、今日は「あの事件」の判決が出たというニュースが…!

気になるニュースまとめです♪(∩´∀`)∩

マウントゴックス事件・CEOに有罪判決

マウントゴックス

日本において、多くの方が「仮想通貨」を知るきっかけになったと言っても過言ではないのが、2014年2月に起きたマウントゴックス事件です。

↓仮想通貨の歴史をまとめています♪↓

マウントゴックス事件って?
東京に拠点を構えていたビットコイン(BTC)取引所、Mt.Gox(マウントゴックス)
2014年2月に大量のビットコインが失われ、破産に至りました。

CEOであるマルク・カルプレス氏がこの一件について「オメー横領したんちゃうんけ」と疑いをかけられ、起訴されました。

カルプレス氏本人は「俺じゃねーよハッキングされたんだよ」という主張。

ということで、2017年7月から裁判が行われていました(´・ω・`)長い~

そして本日15日、東京地裁でいよいよ判決公判が…!

“仮想通貨交換会社「マウントゴックス」(民事再生手続き中)からビットコインが大量に消失したとされる事件に絡み、業務上横領などの罪に問われた同社社長、マルク・カルプレス被告(33)の判決公判が15日、東京地裁であった。中山大行裁判長は業務上横領罪と会社法違反(特別背任)罪については無罪とし、私電磁的記録不正作出・同供用罪で懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役10年)を言い渡した。”

引用:日本経済新聞社

その結果がコチラ。

マルク・カルプレス氏への判決
求刑 懲役10年
判決 有罪(懲役2年6か月・執行猶予4年)
私電磁的記録不正作出・供用罪(有罪)
業務上横領罪(無罪)

有罪判決でした。

カルプレス氏本人は全面的に無罪だという主張でしたが、そのとおり横領については無罪の判決。

一方、事務処理をごまかそうとした「私電磁的記録不正作出」については有罪となりました。

カルプレス氏は、マウントゴックス社のシステム上のデータを書き換えて口座残高を多く見せたり、顧客からの預かり金を別の口座に送金して横領したという疑いについて問われていました。

スキャム 詐欺

マウントゴックス社は破産手続きにうつりましたが、昨年6月に民事再生手続きに移行しています。

当時のユーザーに対し返金を行う手続きなど、少しずつ前進しているのですが…

とりあえず、もう数年越しなので債権者の方にとっととビットコイン(BTC)を返してあげてほしいですね(´・ω・`)

ビットコイン 仮想通貨

このたび、カルプレス氏に有罪判決が下されたということで、この事件のひとつの区切りになったのではないでしょうか…。

ちなみにこのマウントゴックス事件、取引所から資産がハッキングされる・資産をなくしてしまうという意味の「GOX(ゴックス)」の語源です(・∀・)

↓GOXってどういう意味?使い方は?↓

仮想通貨の呼び方、正式に「暗号資産」へ

仮想通貨 ビットコイン

普段、私たちは仮想通貨~仮想通貨~(・∀・)と呼んでいますよね。

暗号通貨と呼ぶ方も多くいらっしゃいますし、むしろ前はコッチの方が多かったみたい。

今では当たり前に呼んでいる「仮想通貨」という名前は、2017年4月にスタートした改正資金決済法のなかで「仮想通貨」という言葉が登場し、そこからメディアを伝ってどんどん広まっていきました。

そして昨年末、これまで法令の中でも仮想通貨という呼び名だったのが「暗号資産」に変わるかも…?(゜Д゜)というニュースがありましたね。

↓そのときのブログはコチラから~↓

んで、今日。

政府が金融商品取引法(金商法)と資金決済法の改正案を決定し、その中で正式に仮想通貨を「暗号資産」に変えると決定しました!

“政府は15日の閣議で、仮想通貨の交換業者や取引に関する規制強化策を盛り込んだ金融商品取引法と資金決済法の改正案を決定した。20カ国・地域(G20)会議などで使われる国際標準に表現を統一し、仮想通貨の呼び名を「暗号資産」に変えるほか、サイバー攻撃による流出に備えて顧客に弁済するための原資を持つことを義務づける。”

引用:日本経済新聞社

…いやもう、呼び方とかどーでもよくない?(・∀・)なんて思ってしまうかもしれませんがw

取引所や協会といった団体名のなかには「仮想通貨」を使っているところも多くありますが、今回の決定は、絶対に暗号資産に変えなければならない…という強制的なものではありません。

ただ、名称を変更する団体や企業が出てきたり、私たちユーザーでの呼び方も慣れるまで少し時間がかかるかもしれませんね(・ε・)

仮想通貨を取り巻く法律について

仮想通貨 ビットコイン

仮想通貨(暗号資産)に関する法律は、まだまだま~~だちゃんと整備されているとは言えません(´・ω・`)

2017年4月に改正資金決済法が施行されましたが、これは仮想通貨交換業者(取引所)への認可や、仮想通貨(ビットコイン)の定義…など、ざっくりしたルールの制定でした。

私たち仮想通貨ユーザー・トレーダーが実際に取引をする上での問題点は、まだまだ山積みです。

仮想通貨の課題
  • トレードを行った際の税金計算方法
  • ICOの位置づけ
  • 具体的なマネーロンダリング対策
  • システム障害などトラブルが起こったときの対応

などなどなど(・ε・)

特に税金面では「クッソ!!!!!」と投げ出したくなるような計算をしなくてはならず、リアルに泣きながら確定申告に臨んだという方もいらっしゃるかと思います。

(ちなみにわたくし、ノートレードでガチホ含み損なので確定申告においては勝ち組ですありがとうございます)

この点については、以前から仮想通貨の法改正を求めている参議院議員・藤巻健史さんが尽力されています。

今回閣議決定したという資金決済法の改正案ですが…

暗号資産という呼称変更だけでなく、さまざまな規制の強化が行われているようです。

“政府が15日に閣議決定した資金決済法などの改正案では、仮想通貨の交換業者や取引の規制強化策を盛った。相次ぐ流出事件を踏まえ顧客への弁済原資の確保を業者に義務づけるほか、過度な投機につながる証拠金取引に新たに網をかける。決済手段という当初の位置付けを離れて投機の対象となっている仮想通貨の規制強化にカジを切り、利用者保護を徹底する。”

引用:日本経済新聞社

改正案の内容
  • 取引所等から仮想通貨が流出したときの弁済原資の確保を義務付け
  • 顧客の仮想通貨の管理方法を強化(コールドウォレットなど)
  • 株と同じく、風説の流布や価格操作の禁止
  • 投機を促すような広告や勧誘の禁止
  • 仮想通貨の呼称を「暗号資産」に
  • 投資型ICOについて、投資家への情報開示制度を整備

といった内容が盛り込まれています。

これまで、仮想通貨の流出(ゴックス)が起こっても必ずしも補償が行われるワケではありませんでした。

特に海外の取引所では「スンマセンでした~」のみで終わってしまうことが多く、昨年1月のコインチェックのハッキングでは、巨額の補償が行われたことが評価されていました(・ε・)

コインチェック

さらに、仮想通貨はパンプ(価格のつり上げ)や、グループ・Twitterをはじめとしたネットでの情報によって価格操作が行われているのが事実。

コレは株でやったら一発アウト~(・∀・)なので、真面目にトレードをしているユーザーからすると、風説の流布を禁止!という内容は嬉しいことですね。

風説の流布(ふうせつのるふ)って?
価格を変動させる目的でウソの情報を流すことをいいます。
根拠のない事実・ウワサを、不特定多数に伝えることです。

また、レバレッジ取引についても改正の手が。

↓レバレッジ取引って?詳しく解説しています♪↓

何倍になるかどうか、詳しい上限については別途決まるとのことですが、今のところ2~4倍程度になる見通しだそう(゜Д゜)

たとえば、ビットフライヤーのLightning FXは最大15倍ですし、GMOコインは5倍・10倍を選ぶことができます。

今後これらの倍率が変更されると予想できますが、日常的にトレードを行っているユーザーはよりレバレッジ倍率の高い海外取引所を利用する流れになりそうです(´・ω・`)

「暗号資産(クリプトアセット)」という名前について

仮想通貨 トレード

そして最後に。

このたび、仮想通貨から「暗号資産(クリプトアセット)」という呼び名に変わることが決定しました。

アセット(Asset)資産という意味ですが、これに関してはさまざまな声が…。

“「妥当な表現」「通貨になりきれなかった」――。金融庁が呼称変更の方針を打ち出して以来、インターネット上では個人投資家らから賛否両面の声があがる。「『通貨』と呼ぶのは違和感がある」との意見がある半面、「価値を移転できることに意味があるのに、『資産』ではそれが伝わらない」との異論も残る。”

引用:日本経済新聞社

捉え方は人それぞれではありますが…

以前ブログでもご紹介しましたが、アメリカ・ワイオミング州において「デジタルアセット現行法」が提案され、可決されました。

↓そのときのブログはこちら~↓

デジタルアセット=仮想通貨を含む、コンピューター可読形式で保存されているものであり、その中でも仮想通貨は交換媒体や価値の保存、会計における単位として利用できる…と定義されています。

さらに、この法の中ではハッキリと

仮想通貨は無形財産であり貨幣(money)とみなされるものとします

と、記載されています!

世界各国でこういった仮想通貨関連の法整備が進むなか、日本でもデジタルアセット(資産)として認めたという今回のニュースは、今後仮想通貨をどうとらえるか…という問題に大きく影響を与えるでしょう。

ALIS、オープンβ版第2弾リリース♪

仮想通貨 ALIS

アリスーーーー!(゜∀゜)

最近書いてねーなー(いつも言ってる気がする)

皆さんの記事をちょこちょこ見ていいねしつつ、投げ銭しつつ…というのはやっています♪(∩´∀`)∩

さてさて、ALISでは昨年末、大幅パワーアップのためにオープンβ版&怒涛の新機能リリースを発表していました。

↓毎月新機能がリリースされるALISについて↓

上記記事でもご紹介していますが、ALISは12の新機能を追加すっぞ!というお知らせがありましたね~。

今日15日、そのうちの3つがリリース&サイトの使い心地改善を行ったそうです♪

今回のリリース内容
  • エディター機能の改善
  • はじめてのアクション時のモーダル表示
  • ユーザー登録導線の改修

具体的な内容としては、記事やプロフィールに画像設定ができない場合があった・太字装飾ができない・画像が消える…といった、記事を書く時の不具合を解消したこと。

新規ユーザーのため、なんらかのアクション(いいねとか)を行ったあと、次のアクションを促す表示が行われるようになったこと。

カテゴリーの変更や、スマホからの記事作成が可能になった、Facebookとヤフーからのログインも可能になったと、ボリュームのある内容に♪

特に、パソコンがない(´・ω・`)スマホのが使い慣れてる(´・ω・`)というスマホユーザーにとって、パソコンがなくても記事が書ける…というのは嬉しいですよね!

スマホ 女性

(真っ先にさきさんが思い浮かんだw)

そしてさっそく書いてたw

いいですね~♪(∩´∀`)∩

また、前回大幅に増えたカテゴリですが、今回は…

カテゴリの変更
追加 ゲームカテゴリ
変更 スポーツカテゴリ(他カテゴリと統合)

となっています。

次回のリリースですが、ALISトークンの使用価値を高めるための機能追加…ということで、以前イベントでALISトークンをガッポリいただいた私にとって聞き捨てならない内容のようです。

ALIS

…あとですね、実は私もパソコンからの書き心地?っていうんですか、装飾がうまく反映されないことに悩んでたんです(´・ω・`)

部分的に太字にしたいのその一文すべてが太字になっちゃったり、解除できなかったり…

そういった書き心地の部分で改善があったということなので、近々またALISで記事を書いてみようと思います♪楽しみ~( *´艸`)

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 仮想通貨ニュース, 初心者ガイド, アリス(ALIS)

関連記事

仮想通貨 アメリカ
レジャー、カストディサービスを開始へ!ETCファンダ&米・自主規制団体が設立

こんにちは、Makiです!(*’▽’) 今日は11月28 …

ハート
Zaif(ザイフ)再始動へ、BTC入出金!仮想通貨研究会「暗号資産」へ呼称変更!?

こんにちは、Makiです!(*’ω’*) 昨日(やっと) …

コインチェック
【CC事件】コインチェックのNEM(ネム)ハッキングから1年…変わったこと・今思うことまとめ

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ 早朝、広島は雨だったんですがいつのまに …

BlockCloud
【仮想通貨】BlockCloud(ブロッククラウド)とは?OKExのIEO、IoTに向けた有望アルトを解説!

こんにちは、Makiです!( ゚Д゚) 有望アルトコインシリーズ、今回は~… 「 …

仮想通貨 ビットコイン 暴落
【3分でわかる!仮想通貨用語】恐怖指数(VIX)・コンタンゴ・バックワーデーション・トレ転(トレンド転換)

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ 今回は仮想通貨に関する用語解説っ♪ ト …