仮想通貨「Beam(ビーム)」の特徴や将来性を解説!ミンブルウィンブル、機密取引の方法とは?

   

Beam

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩

有望アルトコインシリーズ☆

今回は~~~……「Beam(ビーム)」です!(デデン)

ここんとこTwitterでも何かと話題になっていますし、私も最近記事にBeamのことを書いとります。

ではでは、Beamがどんなプロジェクトなのか、何がそんな話題になっているのかその特徴をまとめていきたいと思います♪

Beam(ビーム)のスペックと基本情報について

Beam

ではでは、基本情報から見てみましょう♪

Beam(ビーム)
通貨 BEAM
最大供給量 2億6300万枚
サイト 公式サイトはこちら
Twitter 公式Twitterはこちら

MimbleWimble(ミンブルウィンブル)」という技術が最大の特徴になっているプロジェクト。

仮想通貨(暗号通貨)を利用する上でひとつ課題となっているのが、プライバシーです。

ビットコイン(BTC)などは第三者が取引について情報を閲覧できることが不正を防ぐというものですが、実際にこれをビジネスなどに利用しようと思ったときに、どうしてもプライバシーの問題が発生してしまいます(´・ω・`)

スキャム 仮想通貨 ビットコイン

かといって、機密性(匿名性)を優先すると他の機能がじゅうぶんでなくなったり、ブロックチェーンに記録するデータが必要以上に大きくなってしまい、スケーラビリティ問題が発生することも…。

↓スケーラビリティ問題について解説しています♪↓

Beamは匿名性はもちろんのこと、コンパクトなデータサイズとなるような機能が採用されていることもあり、両立させているといいます。

また、すでに広く使われているC++言語が用いられていることから、開発もしやすいというメリットがあります。

では!ひとつずつ詳しい特徴を見ていきましょう♪(‘ω’)ノ

特徴その1・MimbleWimble(ミンブルウィンブル)

ミンブルウィンブル

まず、前置きとして…

ビットコイン(BTC)は、匿名性があるとされていました。

取引のデータを管理するための公開鍵・秘密鍵を生成し、公開鍵部分を使うことでトランザクション(取引データ)を処理し、匿名性を持たせていると想定されていました。

…が(´・ω・`)

ビットコイン 仮想通貨

実際はそうではなく、取引金額を含むユーザーの情報に行き着くことができますし、取引所やお店との取引においてもデータ漏えいが発生し得るのです(´・ω・`)

こういった取引の情報って、取引をする当事者のみのものじゃないか?(TヘT)

今後、公的記録に関する取引や身元を含むような情報のある取引が行われる場合、やっぱり必要なのが情報を制限すること。

そこで生まれたのが「MimbleWimble(ミンブルウィンブル)」という、機密取引を可能にするプロトコルです。

↓「プロトコル」ってどんな意味?↓

MimbleWimble(ミンブルウィンブル)の始まり

女性 メモ おしゃれ

ミンブルウィンブルとは、日本でも大ヒットしたハリーポッターの原作本に登場する呪文。

(ちなみにわたし、魔法省の性悪おばはんドローレス・アンブリッジの物真似が得意です)

舌もつれの呪文」だそうですが、ミンブルウィンブルを訳すと「むにゃむにゃ」です(・∀・)なんかかわE…

つまり、秘密を洩らさないようにするための呪文という意味で、このプロトコルがミンブルウィンブルと名付けられたんですね。

Beam ミンブルウィンブル

2016年7月にビットコイン開発者が集まる掲示板に、突然書き込みがあったのが始まり。

ハリーポッターの宿敵・ヴォルデモートの本名とされる名前で、ミンブルウィンブルの内容が書き込まれていました。

具体的な内容としては…

ミンブルウィンブルの特徴
  • ①プライバシーの確保
  • ②スケーラビリティの向上

です(・∀・)

このどちらかに特化したプロジェクトはこれまでたくさんありました。

プライバシーの確保であれば、たとえば匿名通貨と呼ばれるものたちですね。

また、取引データの処理をサクサクにするという意味のスケーラビリティ向上については、ブロックサイズを大きくするビットコインキャッシュ(BCH)や、ビットコイン(BTC)・ライトコイン(LTC)Segwit導入などもそのひとつです。

↓Segwit(セグウィット)について解説しています!↓

ミンブルウィンブルは、これまで実現できなかったふたつのことを実現するで!という方法。

その方法を実装して登場したのが、Beamです♪

アドレスがいらない取引

ネットワーク

ミンブルウィンブルの何がすごいかってーとですね…

まず、トークンを送金するときに必要になるハズの「アドレス」がありません(゜Д゜)ハァ?w

アドレスがないのにどうやって送金すんねんwwwとなりますが、ユーザーがトークンを受け取るウォレットにはとある文字列が存在していて、それを使います。

(ウォレットのアドレスとは違うそうです)

セキュリティ

通常の取引では、送金する人・受け取る人のアドレス情報もブロックチェーンに記録されますが、ミンブルウィンブルではそもそもアドレスを使わないため、この部分はザックリ削除。

ブロックチェーンに書き込むデータの量が少ないということなんです!( *´艸`)

送金額を公開しない

ウォレット

どのアドレスに誰がナンボ送金する~という取引情報をブロックチェーンに記録するのがビットコインですが、そのアドレス情報が必要ないのがミンブルウィンブル。

さらに、ナンボ送金する…という部分も不要だと言うので驚きです…!(゜Д゜;)

これには「機密取引」を意味する「Confidential Transactions(コンフィデンシャル・トランザクション)」に基づいた方法を使います。

仮想通貨 ブロックチェーン

それが「Pedersen Commitment」です(読み方:なんちゃらコミットメント)

仮想通貨の大元となる暗号理論のひとつで、ビットコミットメント(コミットメント方式)とも呼ばれます(・ε・)

データを隠して秘密にしておくことができ、なおかつそれを後で変更できないというもので、匿名通貨・ジーキャッシュ(ZEC)の「ゼロ知識証明」にも応用されています。

↓ジーキャッシュ(ZEC)について解説しています♪↓

こうした送金に関するデータがざっくり削られているので、ブロックチェーンに記録されるデータがさらに少なくなります。

CoinJoin(コインジョイン)とカットスルー技術

ビットコイン 仮想通貨 規制

もうひとつ、ミンブルウィンブルには送金に関する技術として「CoinJoin(コインジョイン)」が使われています。

コインジョインとは、いくつかのトランザクション(取引)をひとつにまとめて、ブロックチェーンの情報を見よう(◎_◎)としている人に対し、誰が誰にナンボ送金をしたかわからなくする…というもの。

これをベースにした「コインミキシング」という方法を、匿名通貨のダッシュ(DASH)が取り入れていることが知られています。

↓ダッシュ(DASH)についてまとめています♪↓

そして、Cut-through(カットスルー)という技術。

Beamでは、送金の際の中間取引をスパッとなくし、ブロックチェーンに書き込むデータの量をさらに少なくしています。

AさんからBさんに送金をし、さらにBさんからCさんへと最終的な送金が行われたとき、途中にいるBさんの情報はブロックチェーンに記録されない…という仕組み。

なので、記録されるのはAさんからCさんに送金が行われた…ということだけです。

ミンブルウィンブルのまとめ

Beam

ここまで、Beamが実装しているミンブルウィンブルについてお話ししました(ゼェゼェハァハァ)

つまりミンブルウィンブルとは、これまで実現できなかった「取引サクサク処理」と「プライバシー守るゾを両立させる方法のことです。

それをBeamが実装したプロジェクトとして登場したので、かーなーり注目されているってことですね!

仮想通貨 ビットコイン ブロックチェーン

プライバシーを守る(匿名性)部分に関しては、すでに匿名通貨と呼ばれるプロジェクトがありますが…

これって、匿名性を持たせるためにいろんな機能をブチ込んだ「足し算」のプロジェクトになっています。

ミンブルウィンブルはそうではなく「引き算」をしているプロジェクト。

いろんなデータが含まれたトランザクションの情報を、どうやって隠そうか…という匿名通貨とは違い、もともとのトランザクションに情報が含まれていないんですね。

仮想通貨 スマホ ブロックチェーン

そりゃ~ブロックチェーンに書き込む情報もちょびっとしかないワケですよ(・∀・)ノ

だから、周囲は情報を知りようがない&トランザクション処理が速いんですね☆

特徴その2・Auditability(可監査性)

評価 チェック リスト

Beamの続いての特徴です(・∀・)

機密取引については、実際にビジネスの場などではかなり需要があると思います。

しかーし。

秘匿性の高い取引であるがゆえに、ビジネスでは「ホンマにこの取引は正しいん?」という不安が残ります。

これを解消するために必要なのが「監査」です。

審査 チェック

BeamにはAuditability(可監査性)があり、取引について外部監査を求められたときにオプトイン(本人の許可が必要という意味)機能として利用することができます。

Beamの取引は匿名ではあるものの、必要であれば取引をした本人の許可によって監査が可能…ということですね。

特徴その3・Bulletproofs(バレットプルーフ)

仮想通貨 ビットコイン 取引所

ビットコインの取引は匿名性が高いと思われている一方、実はそうでもない(・∀・)ということは、先ほどもお話ししたかと思います。

世界中からの監視があるため信頼性が高いのは良いのですが、支払いをする場面においては個人情報など不安な点が残りますよね(´・ω・`)

そこで開発されているのが「Bulletproofs(バレットプルーフ)」です。

これは、2017年にスタンフォード大学の仮想通貨グループ(ACG)によって発表された、効率良く匿名取引を行うための機能です。

↓論文がこちらから読めます(・∀・)当然イングリッシュ~w
Bulletproofs: Short Proofs for Confidential Transactions and More(PDF資料)

辞書 本

もし、Bulletproofsがビットコインに実装されれば、(その当時)160GBあるビットコインのブロックチェーンのサイズがわずか17GBでおさまる…と記載されています。

データの量をドカーンと減らしつつ、匿名での取引が短時間で完了するというもの。

Bulletproofsは匿名通貨のモネロ(XMR)でも採用されていますし、ステラ(XLM)でも開発されています。

モネロ XMR

そのBulletproofsがBeamでも使われているのですが、取引の中身(金額など)を明らかにせずとも、その取引の価値がちゃんとありますよ!詐欺じゃないよ!ということを証明するために実装されています。

BulletproofsはBeamのあらゆる取引にセットになっていて、取引の価値を証明するために効率良く計算をしてくれる機能をもっています。

Bulletproofsによってデータをかなり小さくすることができるとわかりますが、これならもっとたくさんのノードが参加できますよね♪

※ノードって?
ネットワークに参加しているユーザーを指します。

たくさんの人が参加する=分散化(・∀・)となり、ネットワークの成長につながるというメリットがあります♪

特徴その4・ダンデライオン

Beam

さて…最初にお話ししましたミンブルウィンブル、すげー(゜∀゜)ってなってると思います。すごいですよね。

ただし…残念ながら、まだ完璧なものではありません。

というのも、機密取引とはいえミンブルウィンブルの仕組みではどうにかすれば、ノードの情報を突き止めることが可能…ということなんです。。。

100%機密取引ができるというワケではないのです(´・ω・`)

…しかし、これを防ごう!ということで登場したのが「ダンデライオン」という仕組み☆

スキャム 詐欺

ちなみに、ダンデライオン=たんぽぽという意味です♪

なんか悪いことしようと思ったヤツが、Beamのノード(ユーザー)やトランザクション情報を突き止めようとしたとき、トランザクション(取引データ)を追っかけていきますよね。

このとき、トランザクションを追って特定されてしまう可能性を減らそう!というのが、ダンデライオンなのです。

トランザクションのつながり方を2通りにし、追っかけにくくしちゃいます(・∀・)

Stem Phase(ステムフェーズ)
Stem(ステム)とは「幹」や「軸」という意味があります。
まさにタンポポの茎のように、トランザクションがひとつずつつながっていきます。
Fluff Phase(フラッフフェーズ)
Fluff(フラッフ)とは「ふわふわ」という意味。
タンポポの綿毛のように、四方八方につながりが広がっていくことを示しています。

Beam

ステムフェーズ(茎)はまっすぐ一本道、そこからフラッフフェーズ(綿毛)に入るとトランザクションの広まり方の図はまさしくたんぽぽですね♪

各ノードによってふたつのフェーズが切り替わるため、特定のノードを追いにくくなるという仕組みです。

こうした2つのつながり方のあるダンデライオンを取り入れることで、ミンブルウィンブルの弱点を克服しています☆

特徴その5・Equihash(エクイハッシュ)

Beam

Beamはマイニングによって新たなトークンが生み出されています。

このマイニングの合意方法(マイニングアルゴリズム)ですが、Beamの場合「Equihash(エクイハッシュ)」となっています☆

ビットコイン マイニング

仮想通貨の大元となる暗号理論があり、そのシステムに対する「誕生日攻撃」という攻撃方法があります…(´・ω・`)

…難しい話なのでカンタンにお話ししますが…w

マイニングを行うとき、とある数値(ハッシュ)を探しながらコンピューターは計算をしまくるのですが、そのとき、もし「同じハッシュ値をもつデータ」が2つあったらどうなるでしょうか??

もし、正常な取引データと不正なデータ、どちらも同じハッシュ値が出てしまったら…?

FUD

不正なデータや偽のデータに署名をして、そのままトランザクションの処理・マイニングを行ってしまう可能性があります(´・ω・`)

このように、ハッシュ値が同じという部分について「いったい何人集まったら、同じ誕生日の人がいるんだろう?」という疑問にちなんで「誕生日問題」と言われるようになりました。

つまり、ハッシュ値が衝突してしまう(誕生日がかぶる)ということです!

Equihashはこの誕生日問題を解決してくれるマイニングアルゴリズムで、不正なく・効率的にマイニングが進められるようになっています。

特徴その6・トークンについて

仮想通貨 ICO

BeamではICOはなく、プレマインもありませんでした(・∀・)

↓「ICO」って?仮想通貨の資金調達について解説↓

↓「プレマイン」って?解説しています!↓

マイニングによって発生する報酬は、年数によって異なります。

マイニングのブロック報酬
初年度 1ブロックあたり80BEAM
2~5年 1ブロックあたり40BEAM
6~9年 1ブロックあたり25BEAM
その後 放出が止まる133年まで、4年ごとに半減期を迎える

BEAMを取り扱う取引所は?

疑問 クエスチョン

もちろん、日本の取引所にはございません…(´・ω・`)

また、駆け出しのトークンということもあり取り扱っている取引所はかなり少ないです。。

もっとも取引が行われているのはHotbitという取引所。

バイナンス(Binance)など、大手取引所に上場してくれる日を願います…!(*´Д`)

Beamの将来性は??

Beam

Beamはミンブルウィンブルを実装している数少ないプロジェクト。

それもあってか、企業との提携が進んでいます♪

↓ライトコインとのタッグについて↓

さらに、リクルートの子会社がBeamに出資したことも話題になりました!

↓リクルートがBeamに出資、その理由は?↓

これまで匿名性だけ・スケーリングだけを重視したプロジェクトはたくさんありましたが、ふたつを両立したものはない…ということで注目されています!

また、Beamは将来的にライトニングネットワークを実現しようとしています。

↓ライトニングネットワークについて解説しています♪↓

今後もさらにBeamの技術を取り入れたい♪という企業がたくさん登場することでしょう(‘ω’)ノ

まとめ

匿名通貨 Beam

Grinというプロジェクトに続き、ミンブルウィンブルプロトコルが実装されている注目の仮想通貨、Beam。

ミンブルウィンブルだけでなく、その弱点を埋める機能もともに実装されていることから、かなり作りこまれているという印象がありますね。

Twitterなどで急激な注目が集まっていて、いかに多くの方が期待するプロジェクトかがわかります。

今後主要な取引所に上場されることも視野に入れながら、より多くの企業と提携し、実需に向かっていくことでしょう♪(∩´∀`)∩

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - アルトコイン, 仮想通貨Q&A, 初心者ガイド, ビーム(BEAM)

関連記事

疑問 クエスチョン
【3分でわかる!仮想通貨用語】脆弱性(ETH、ウォレットの例も)・リソース・スループット・デプロイ

こんにちは、Makiです!( ゚Д゚) 今回は、仮想通貨に関する用語解説♪ よく …

Tether
【仮想通貨】高騰&下落、ファンダに翻弄…bitFlyer登録再開&テザー問題を詳しく解説!

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ もう…7月なんですか…エッ、今月夏休み …

Krakenに進展アリ!FATF声明、バイナンスのTrust WalletにXRP追加!モナコイン盗難犯人を摘発

こんにちは、Makiです!(*´Д`) 最近Twitterの投稿が少ないと言われ …

上昇 ビットコイン
【祝】楽天&ディーカレットが認可事業者に!TAOTAO始動&マネパ、仮想通貨子会社設立へ!

こんにちは、Makiです!(*´ω`*) ハイ~~~今日で小学生組は学校が終わり …

Fetch.AI
仮想通貨「Fetch.AI(フェッチエーアイ)」の特徴や将来性を解説!FETトークンや自律型AIに注目!

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ 「有望アルトコイン」シリーズ、いってみ …