Gemini、SOC2合格!その意味は?海外取引所・クリプトピアでハッキング、ビットレックスでトラブル…

   

ビットコイン 仮想通貨 規制

こんにちは、Makiです!(‘ω’)ノ

毎日さぶいですね。。。

ウチのマンションが今工事中でしてね…ベランダに出れんのですわ。

洗濯物干したい…そしてニオイがすごい。。。

スーハースーハースーハーハ-

というワケで、洗濯物のことを考えていたらもうすぐ花粉がやってくる時期だと気づきました。

泣きたいです。

(物心ついたときからひどい花粉症)

では!気になるニュースです♪(∩´∀`)∩

Gemini・仮想通貨関連で世界初ビッグ4の試験に合格!

ジェミニ

ウィンクルボス兄弟が運営するアメリカの取引所・Gemini

…これまで、ビットコインETFを何度も申請したり、ETNの特許を取得したりと、あれやこれや仮想通貨について涙ぐましい努力をしています(´;ω;`)

そんなオジサマたちの運営するGeminiが、このたびとある試験に合格したそうです。

それが「SOC2(ソック・ツー)」という試験。

SOC2とは?
Service Organization Control 2の略。
企業内におけるセキュリティやプライバシー、機密保持といった部分に対して「ちゃんとやっとんのか」を見極める試験のことです。

何か月にもおよぶ準備や徹底的な外部審査を行った結果、この試験に合格できたそう!

“In 2018, Gemini engaged with Big Four auditor Deloitte & Touche LLP (Deloitte) to execute a SOC 2 — SOC for Service Organizations Type 1 examination. After months of preparation and an in-depth external review, we are pleased to announce that Gemini has successfully completed its SOC 2 Type 1 examination.

This makes Gemini the world’s first cryptocurrency exchange and custodian to demonstrate this level of security compliance in protecting customer data and funds.”

引用:Gemini公式ブログ

“(日本語訳)

2018年、ジェミニはビッグ4(4大会計事務所)の監査人であるデロイト・トウシュ・トーマツによってSOC2試験を実施しました。

何か月もの準備と外部審査の後、GeminiがSOC2 Type1の試験に合格したことをお知らせいたします。

これにより、世界初の暗号通貨交換・および保管管理者となり、顧客データと資金の保護におけるこのレベルのセキュリティコンプライアンスを実証します。”

おぉ~!世界初!(*´Д`)

このSOC2ですが、たとえば個人情報の管理がずさんだったために情報漏えいが起き、補償や賠償金を支払うことになった…というふうに「顧客資産や企業の財務について、直接的ではないけれどムチャクチャ大事なポイント」をまとめた試験です。

Gemini

また、SOC2試験を行った四大会計事務所のデロイトは、もちろんクソ厳しいです。当たり前ですが。

なので、これをクリアしたGeminiは相当な準備をして試験に臨み、やっとのことでお墨付きをもらえた…ということですね♪

今回取得したのはSOC2 Type1ですが、今後Type2の取得にも臨むそうです。

●Type1と2の違い
Type1はその日次点での管理態勢を評価し、Type2はそのクオリティを一定期間キープして評価するものです。

ユーザー、そして資産保護のためにGeminiではこのような積極的な取り組みを行っていくとしています!おめでとうGemini♪(∩´∀`)∩

Liquid by Quoine×クリプタクト!

ビットコイン 計算

自営業のみなさん、2018年に仮想通貨で利益を得たみなさん、明日から2月ですよ。ウソやろ。

確定申告の時期ですよ(白目)

あぁ~…毎年やってるとはいえ、今年もこの時期が来てしまった。あーあ。

FUD

夏休みの宿題もラスト3日でやってしまうズボラ女なので、これから毎日泣きながら計算する日が続くんですわ。

(直す気が毛頭ない)

さて、そんな確定申告の話題について。

仮想通貨の損益計算やポートフォリオ表示といったサービスを行っている「クリプタクト」。

クリプタクト

対応する取引所が多く、重宝している…!という方も多いハズ。

↓クリプタクト、bitFlyerと業務提携♪↓

そんなクリプタクトですが、このたび国内取引所・Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)と業務提携を行ったことが発表されました!

“国内最大級・暗号資産(仮想通貨)管理プラットフォーム「grid@cryptact」を提供する株式会社クリプタクト(以下「クリプタクト」)は、 グローバルフィンテック企業のQUOINE(コイン)株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:栢森 加里矢、仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00002号、以下「QUOINE」)と業務提携しましたので、お知らせいたします。”

引用:楽天インフォシークニュース

これにより、リキッドのユーザーはクリプタクトの「tax@cryptact」を利用すれば仮想通貨の損益計算が簡単になる…ということに♪

現在クリプタクトは3万人を超えるユーザー数がある、国内外で合わせて27の取引所・2600種類以上の仮想通貨に対応しているそう。

ポチポチたくさんのトレードを行っているユーザーでも、100万件を超える大規模な取引にも対応している…ということで、気軽に利用できますね。

女性 メモ おしゃれ

仮想通貨の取引で得た利益分の確定申告、その計算はかなり面倒なもの…(´・ω・`)

クリプタクトのようなありがた~~~いサービスを利用して、サクッと終わらせてしまいましょう!

海外取引所でトラブル&ハッキング

詐欺 スキャム

ではでは…。

ここんとこ、海外取引所においてトラブル…むしろ事件(!)が起こってたようです。

ブログに載っけるのがちょっと遅くなっちゃったんですが、今もなお対処が続いているものもあるので見てみましょう(゜Д゜)

Bittrex、ベンダー不具合もすぐに復旧

Bittrex ビットトレックス

海外取引所のビットレックス(最近名前聞かなくなったね)、こんな公式ツイートがありました。

技術的な問題が発生し、ご不便をおかけして申し訳ありません。

エェ…(´・ω・`)

ということで、一時トラブルが起こったようです。

「市場が一時的なオフラインになる原因となったベンダーネットワーク(システムの根っこ)の停止について調査をしています。

この問題に対処するにあたり皆さんが待ってくださることに感謝します。あなたの資産は安全です。」

「忍耐強くお待ちいただきありがとうございます。

ベンダーのもないにより予期せぬネットワーク障害が発生しました。われわれはそれに対処するため、ベンダーと協力しています。」

と、ここで原因がビットレックスではないことを報告。

そして問題が解決、ダウンタイム中のトラブルもなく、保留されていた入金分もすべて口座に反映されたとのことです。

こういったトラブルが起こるたびにヒヤッとしてしまいますが、ビットレックスは「Your funds are safe(あなたの資産は安全です)」としっかり述べています。

何事もなくてよかった…(*´ω`*)

Cryptopia、1回目のハッキング

Cryptopia クリプトピア

15日、Cryptopia(クリプトピア)がハッキングに遭ったというニュースが飛び込んできました。

クリプトピアはニュージーランドの取引所で、まぁ~聞いたこともないような草コインをたくさん取り扱っています。

バイナンスよりもはるかに取り扱い銘柄が多く、ここでテンバガー探しに明け暮れる人も。

↓「テンバガー」ってなんやねん?解説しています!↓

そんなクリプトピアさん(´・ω・`)

セキュリティに関しては、以前からう~~ん…という印象。

そしてこのたび、でかいハッキングに遭ってしまいました。

スキャム 仮想通貨 ビットコイン

経緯はコチラ。

1月14日、クリプトピアの公式Twitterにこんなメッセージが。

「われわれは現在、予定外のメンテナンスを行っています。できるだけ早くサービスを再開するために取り組んでいます。」

あぁ~………(察した目)

「メンテナンスはまだ続いております、私たちのチームは早急に解決するために懸命に取り組んでおり、すぐに更新できるよう尽力します。」

…あぁぁ~~………。

そして翌15日。

画像だったので書き起こしてみます。

“We apologise for the delay in keeping you updated and appreciate your patience.

Yesterday 14th January 2019, the Cryptopia Exchange suddered a security brech which resulted in significant losses.

Once identefied by staff, the exchange was put into maintenance while we assessed damages.

Staff then notified and involved the appropriate Government Agencies, including NZ Police and High Tech Crimes Unit who are jointly and actively incestigating the matter as a major crime and they are assisting us with advice.

Until this has been carried out, The Cryptopia Exchange will remain in maintenance mode, with trading suspended.

We are committed to getting this resolved as quickly as possible and will keep you all updated every step of the way.”

“(日本語訳)

2019年1月14日、クリプトピアはセキュリティの侵害を受け、重大な損失が発生しました。

スタッフによって発覚した後に、メンテナンスを行い、損害の程度を調べていました。

その後スタッフは、これが重大な犯罪としてニュージーランド警察や情報解析係を含む適切な政府機関に通知し、共同で調査を行いながらアドバイスを受けています。

これが解決するまで、クリプトピアは取引が中断され、メンテナンスモードのままになっています。

われわれは可能な限り迅速に解決することをお約束します。”

あらぁ~(´・ω・`)

日本人も多く利用しているクリプトピア、特に草コイン探しをしているユーザーは多く、今回の被害を受けてしまった(資金を引き揚げられなくなった)方は多いハズ。

具体的な被害額・銘柄は発表されていませんでしたが、かなり大きな額ではと言われています。

クリプトピア、2回目のハッキング

スキャム 詐欺

さまざまな企業や開発者にとってブロックチェーンをもっと身近に…と、ブロックチェーンデータの分析やプログラミングに関するプラットフォームを提供している「Elementus(エレメンタス)」という企業があります。

このエレメンタスによる調べで、クリプトピアのハッキングについて詳細が見えてきました…。

“After going dormant for many days following the prior $16 million heist, the Cryptopia hacker started up again today, siphoning an additional 1,675 ETH (worth about $180k at today’s market rates) from an another 17k Cryptopia wallets.”

引用:エレメンタス公式ブログ

“(日本語訳)

前回1600万ドルのハッキング発覚からしばらく影を潜めていましたが、ハッカーはクリプトピアの別のウォレットからさらに1675ETHを盗み、再び行動を起こしました。”

…結局、1回目は約1600万ドルにものぼる被害額だったそうですが、再び同じようにハッキングが起こってしまうとは…しかもこれまた巨額。。。

また、今もなおユーザーが利用しているウォレットにも、リスクが高いものが1948もあると言います…

このままだと、マジで3回目もあり得るということでしょう。

仮想通貨 セキュリティ

メンテナンス画面にしとるんなら、全部機能停止せんかい!(゜Д゜;)

というワケで、クリプトピア公式から今後どのような対処が行われるのか、もう少し落ち着くまで見守っておきましょう…。

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 仮想通貨ニュース, 取引所, 初心者ガイド

関連記事

Tether
Tether(テザー)&Bitfinex(ビットフィネックス)、進展アリ…22日のビットコイン・ピザ・デーとは?

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ 最近「●●ペイ」デビューを次々と果たし …

仮想通貨 ビットコイン ブロックチェーン
【3分でわかる!仮想通貨用語】オンチェーン・オフチェーン・ライトニングネットワーク・サイドチェーン

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ 今回は仮想通貨の用語解説♪ ホワイトペ …

MultiVAC マルチバック
【仮想通貨】MultiVAC(マルチバック)とは?KuCoinのIEO銘柄、DAppsに最適なプラットフォーム!

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ 今回は有望アルトコインシリーズ♪ 「M …

Ankr
【仮想通貨】Ankr Network(アンカーネットワーク)とは?クラウドの重要性・AWSとの競合も?将来性を解説!

こんにちは、Makiです!(‘ω’)ノ 今回は有望アルト …

COMSA
Huobi、受付スタート!ライトコイン、BCHを逆転で歓喜&上げ材料は?COMSA、β版リリース!

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ エッ、もう今週で子どもたち冬休みになる …