【寄稿】SBIがウォレット企業に出資×2!バイナンス&コインベースOTC取引を開始

   

バイナンス

こんにちは、Makiです!(*´Д`)

おぉ…3日もブログが空いてしもうた…

Twitterにはちょこちょこ出没してるんですが、いかんせんパソコンの前に座ると最近頭痛がするようになってしまい。。。

頭痛とは無縁の人間だったもんで、ちょっとツラいです。

健康 パズル

おそらく肩こりや目の使い過ぎなんだろうな~と思ってるので、体をあっためたりストレッチしたり、目薬&フェイタスのドーピングで乗り切ってます(´・ω・`)w

寒いし、皆さんもお気を付けて。。。

さてさて、気になるニュースです!(∩´∀`)∩

SBI、仮想通貨関連の企業に出資

SBIバーチャルカレンシーズ

国内取引所・VCTRADEを運営するSBI。

先日、VCTRADEでは指定のハードウェアウォレットをユーザーに送り、仮想通貨の入出庫の際に使うという発表をしていましたね。

↓SBIVC、ウォレットを送付する…!?↓

出庫サービスの開始は1月下旬以降を予定しているということで、早ければそろそろハードウェアウォレットの送付が始まるかもしれませんね。

(ただ、SBIは取引所開設までかなり延長したのであまりアテにはしない方が…w)

そんなSBIが、このたびウォレット開発を行うスイスの「Smart Cash AG」社へ出資を行ったことを発表しました。

“Smart Cash社の開発する「Tangem Notes」は、低価格での生産が見込まれている薄型のコールドウォレットです。安価であることにより、仮想通貨を含むデジタルアセットの物理的な保管等の用途で使用が想定されており、こうしたウォレットの特徴が、SBIグループが推進するデジタルアセットの実需創出に向けた取り組みを加速しうるとの考えから、この度の出資に至りました。”

引用:SBIホールディングス公式サイト

安く生産でき、なおかつ強固なセキュリティを実現できるウォレット…ということで、これがSBIの推す「デジタルアセットの実需創出」、つまり「仮想通貨を実際に利用してもらうために新しいモノづくりをすること」につながるといいます。

Tangem Notes

そしてもうひとつ。

スイスにて、モバイル向け仮想通貨ウォレットサービスの開発を行っているBreadwinner AG(BRD社)への出資も行いました。

“BRD社はApp StoreならびにGoogle Playを通じて170カ国・180万ユーザーへ仮想通貨向けウォレットアプリ「BRD」を提供している実績があります。シンプルで使いやすいUI/UXによって仮想通貨と既存の金融サービスをつなげることで、仮想通貨の実需創出を推進しております。”

引用:SBIバーチャルカレンシーズ公式サイト

こちらも、シンプルで使いやすいウォレットサービス→ユーザーの輪が広がる(・∀・)ということで、実需創出につながるといいます。

BRD

ちなみに、VCTRADEでの仮想通貨出庫で使われるハードウェアウォレットですが、これはデンマークの「SEPIOR」という企業とともに共同開発したものです。

“Sepior ApS, a leader in threshold cryptography for highly secure online transactions, and the SBI Group, the leading Japanese online financial services firm actively developing cryptocurrency markets in Asia, today announced an agreement to license Sepior’s Threshold-Sig Wallet Security technology and to jointly develop a proprietary wallet to secure the on-line contents and transactions on SBI’s Virtual Currencies exchange platform, VCTRADE. ”

引用:SEPIOR社公式サイト

“(日本語訳)

仮想通貨の安全なオンライン取引を行うSepior ApSは、アジアの暗号通貨市場を積極的に発展させる日本の大手オンライン金融サービス会社SBIグループとともに、SBIバーチャルカレンシーズの取引所プラットフォームであるVCTRADEでのオンラインコンテンツと取引を保護するための独自ウォレットを共同開発することに合意しました。”

VCTRADEにて使われるウォレットはSepior社のものですが、SBIが出資を行った2社も今後開発が進むにつれて何らかの形でSBIとかかわりを持っていくのではないでしょうか。

より仮想通貨がユーザーにとって触れやすい存在になるように、どんな開発が行われていくのか楽しみですね♪(∩´∀`)∩

バイナンスジャージー、ユーザー殺到のもよう

バイナンス ジャージー

先日、海外取引所のバイナンス(Binance)が「バイナンスジャージー」という取引所をオープンさせましたね♪

↓バイナンスジャージーがオープン♪↓

ヨーロッパにも仮想通貨取引所はたくさんありますが、世界一の称号を獲得したこともあるバイナンスの進出はかなり注目されているようす。

そのため、バイナンスジャージーの新規登録者が殺到して、本人確認作業が追い付いていない状態なんだとか!

“バイナンスのCEOで、「CZ」のニックネームで知られるジャオ・チャンポン(趙長鵬、Changpeng Zhao)は、バイナンスジャージーの新規登録者数が予想を大きく上回り、「圧倒されている」と述べた。

「予想以上の登録申請が殺到し、KYC(身元確認)プロセスに遅延が生じている。今後はリソースの割当を増やし、遅延を解消していく」とCZはツイッター上でコメントした。”

引用:フォーブスジャパン

「バイナンスジャージーの登録に圧倒されています。すでにKYC認証にバックログがあります。これを減らすために、より多くのリソースが割り当てられます。」

と、CEOのCZも興奮しているようです(・∀・)w

バイナンス binance

なぜこんなにユーザーが殺到しているのでしょうか?(・ε・)

現在イギリスでは、EUから離脱するかどうか…という問題が挙がっている状態ですが、この問題から今後金融市場はどうなるの?という不安が高まっています。

そこに飛び込んだのが、仮想通貨を取り扱うバイナンス。

仮想通貨取引高世界一!にもなったバイナンスは、知名度も躍進力もバツグンです。

以前も北朝鮮の核ミサイル騒動があったときや、シリアへの攻撃に対する「リスクオフ」として、自国の法定通貨ではなく国境関係ない仮想通貨に換えておく…という動きがあったと言われています。

お金 ドル

つまり、今回はユーロや英ポンドといったあちらで使われている法定通貨への不安に対し、バイナンスがこれらの取引ペアを追加した取引所をオープンしたのはジャストミートすぎ!ということですね。

しかも、ジャージー島ってイギリスとフランスの間にある島なのですが、ここはイギリスの法律&税制が適用されないんです…!

仮想通貨 ビットコイン フランス

だからこそバイナンスは、この島で・このタイミングでヨーロッパへの仮想通貨普及を目指すべく進出したんですね!策士(・∀・)w

…とまぁ、このまま新規登録に滞りが出てしまうとアレなので、なんとかKYCを頑張ってほしいですね…!

バイナンスがんばれ~♪(∩´∀`)∩

バイナンス、OTC取引開始へ

バイナンス binance

バイナンスですが、こんなニュースも。

「バイナンスは、ユーザーにさらに流動性を提供するため、仮想通貨OTCデスクを立ち上げました。」

おぉ!?(・∀・)

OTCとは?
Over The Counter(オーバー・ザ・カウンター)の略で、店頭取引という意味です。
1対1の取引のことを表していて、個人と個人、個人と取引所とのやり取りがあります。

今回バイナンスによるOTC取引の発表ですが、これは取引所を介さずにユーザー同士で直接売買ができる…というもの(・ω・)

流動性が高く、大きな額の仮想通貨を売買したい機関投資家から注目されているといいます。

現段階では特に公式から計画など具体的なお知らせがあったわけではないのですが、先日シンガポールで行われていた「バイナンスブロックチェーンウィーク2019」にて、バイナンスCFOのWei Zhou氏(読めん)がその旨を発表しました☆

CZも、OTC取引についてこーんなふうに含みを持たせています(T∀T)w

また、このイベントはかなり多くの方が集まったようで、CZは連日そのようすをツイート。

超楽しそうwww

OTC取引が始まることで私たちのような個人だけでなく、桁違いの資産を持っている機関投資家の参入も見込めます♪

コインベースのOTC取引、海外進出!

コインベース

さらにOTC取引でもーいっこ。

昨年11月にOTCデスクをすでに開設していた、アメリカの超大手取引所・コインベース

サービス拡大のため、このたびアジア・ヨーロッパでも対応できるようになったそうです♪(∩´∀`)∩

また、OTC取引だけでなくカストディサービス(仮想通貨の預かりサービス)も同時にスタートするそうで、より大口の投資家が安心して参入できるようになっています。

コインベース カストディ

すんばらしい!

そして昨年6月、コインベースが日本に進出…!?というニュースがあったのを覚えているでしょうか…?

↓コインベース、MUFJとの連携で日本進出↓

東京のオフィスを拠点に、アジアへの進出について計画が行われているそうです!

“We see a bright future ahead for crypto in Asia. Building on our announcement last June that Nao Kitazawa would lead our efforts in Japan, we have also recently appointed Kayvon Pirestani to head institutional sales in Asia, operating from our Tokyo office. ”

引用:コインベース公式ブログ

“(日本語訳)

私たちはアジアの仮想通貨に明るい未来を見据えています。

昨年6月に行った、北澤直氏が日本での取り組みを先導するという発表に基づき、我々はアジアの機関投資家を主導する東京オフィスにKayvon Pirestani氏を任命しました。”

ということで…

日本にて金融庁の認可を目指しているコインベース。

仮想通貨 日本 ビットコイン

東京を拠点に、日本国内外に向けた仮想通貨取引・OTC取引・カストディサービスの三位一体の展開が期待されています♪(∩´∀`)∩

日本だけでなく、いつの間にかむちゃくちゃ規模の大きな話になっていて驚きましたw

OTC取引が注目される理由って?

ロスカット 損失 トレード

さて、OTC取引がどうして続くの?どうして注目されるの?(・ε・)という理由ですが…

OTC取引(相対取引)は、取引所を介さなくてもOKという部分が最大のメリットです。

OTCのメリット
  • 取引所のハッキングなどリスクを回避できる
  • 大きな額の取引をしても、相場への影響が少ない
  • なんぼでも取引できる

こんなメリットもあってか、仮想通貨のOTC取引が実際に増えているという報道もあります。

大きな額を取引したい機関投資家は、通常の取引所ではなかなかスムーズに取引ができません(´・ω・`)

たくさんの額を売買すれば、それだけ価格が吊り上がったり下がったりと、相場に影響を及ぼすかもしれないからです…。

チャート テクニカル

しかし、OTC取引であれば相手と直接やり取りが可能なため売買がサクッとできる、つまりは話が早いということです。

バイナンス、コインベースに続き、今後もOTCを開始する取引所は増えていくのではないでしょうか(‘ω’)ノ

寄稿のお知らせ♪

感謝 ありがとう

コインチョイス様に向けて、コラムを書かせていただきました!

クソ真面目な、初心者向けの記事です。

そもそも「仮想通貨とは?」という部分から、仮想通貨がなぜこんなにも注目されるようになったのか、仮想通貨に利用されている技術を具体的に解説しています。

仮想通貨 ビットコイン

仮想通貨ってなんなの?(´・ω・`)と聞かれたときに、こうだ!と説明しにくいですよね。

(私も話し下手なので口頭では無理ですww)

そういうときに、この記事で少しでも理解していただければ…と思います。

ぜひ、読んでやってください~♪(∩´∀`)∩

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 仮想通貨ニュース, 取引所, バイナンス

関連記事

Bakkt バックト
【追記あり】大型ファンダ・Bakkt(バックト)×ICEのビットコイン先物取引とは?ETF承認への追い風に!?

こんにちは、Makiです!(*´Д`) も~~~すでに家の結露に悩んでいる次第で …

コインチェック
【CC事件】コインチェックのNEM(ネム)ハッキングから1年…変わったこと・今思うことまとめ

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ 早朝、広島は雨だったんですがいつのまに …

FATF
G20首脳会議終了、FATFと仮想通貨規制について…アダルト関連でBTC脅迫、断固拒否しよう!

こんにちは、Makiです!(*´Д`) 未だに家の中では半袖で過ごしております! …

仮想通貨 リップル ripple xrp
リップル(XRP)、バイナンスにペア追加!基軸とクオートカレンシーの意味は?ALIS、今後について発表!

こんにちは、Makiです!(*´Д`) メリークリスマス…イヴ!w 22日は次男 …

Huobi Pro 取引所
Huobi(フオビ)、今月から口座開設開始&スケジュールまとめ!ETHヴィタリックが名誉博士号を授与

こんにちは、Makiです!(‘ω’) えぇ…今日からもう …