【Bakkt】延期の噂、真偽は?CFTCのルールについて…マネックス米子会社が参入も!

   

Bakkt バックト

こんにちは、Makiです!(*’ω’*)

3連休明け、お父さんお母さんお疲れ様でした(ゲッソリ)

外に出ればインフルエンザ(寒いし)、ウチにこもりっぱなしもなんだかなぁ…と微妙なところですが、子どもたちとのんびり過ごしました。

どうか今年はインフルエンザにかかりませんように。

(昨年は子ども3人が数時間で連続発症、後を追うように私もかかり、夫だけなぜか無事w)

皆さんもお気を付けて!

ではでは、前回お伝えしましたBakkt(バックト)の新しい情報も含めた、今日のニュースです♪

マネックス・米子会社が年内に市場参入へ!

マネックス

2018年12月、コインチェックを買収したマネックスグループが、事業戦略説明会のなかでこんなことを話していました。

2019年第1四半期に、アメリカの子会社・トレードステーションにて仮想通貨取引の提供を開始する予定

というおはなし(・∀・)

↓マネックスグループ子会社が新たに仮想通貨事業参入へ↓

今日、その続報として公式アナウンスが出ました♪

“米国フロリダ州、プランテーション

2019年1月14日(月)

TradeStation Group(以下「トレードステーション」)は、本日、急速に発展を遂げる仮想通貨市場に、直近に設立した子会社 TradeStation Crypto を通じて、2019 年中に参入することを発表いたしました。”

引用:マネックスグループ株式会社プレスリリース(PDF資料)

どんなことをやるかについての詳細は今後発表されるそうですが、プレスリリースによると「トレーダー、投資家向けのオンライン仲介サービス」を行う予定だそう。

仮想通貨 トレード

子会社の新規参入といえど「マネックス」という大きな看板と実績がバックにあるため、投資家からの信頼は高いものになるでしょう。

そのため、実際にサービスが開始される際には大きな期待から新規流入も増えるのではないでしょうか!?(・∀・)

Bakkt、先物ブローカーの老舗企業を買収へ

Bakkt バックト

ゆうべBakkt(バックト)についてニュースを更新したんですがね。

朝起きましたらね。

オイww

新しいニュース入っとるやんけ!

というワケで、Bakktはこのたび「買収」するための準備を行っていることを発表しました。

“As those who’ve followed us since our first announcement in August know, our mission is to build the first integrated, institutional grade exchange-traded markets and custody solution for physical delivery of digital assets.

To advance that effort, I’m pleased to share that we have entered into an agreement to acquire certain assets of Rosenthal Collins Group (RCG), an independent futures commission merchant with nearly 100 years of earning clients’trust.”

引用:Bakkt公式ブログ

“(日本語訳)

8月の最初の発表以来、私たちをフォローしてきた方はご存知のように、私たちの使命は仮想通貨のフィジカルな流通のため、機関レベルの取引市場とカストディサービスを構築することです。

その努力をさらに進めるため、私たちは100年近くユーザーからの信頼を得ている、独立した先物取引業者・Rosenthal Collins Group(RCG)の資産の一部を取得する契約を締結したことを嬉しく思います。”

だそう(・∀・)

“ First, it will enhance our risk management and treasury operations with systems and expertise.

Other aspects of the transaction will contribute to our regulatory, AML/KYC and customer service operations as we help enable digital asset acceptance by bringing more choice and control to buyers and sellers.”

“(日本語訳)

私たちのリスク管理や資産運用を、システムや専門知識によって強化することになります。

他にも、AML/KYCとカスタマーサービスの運用によって、買い手と売り手により多くの選択肢がもたらされるため、デジタル資産(仮想通貨)の受け入れが可能になり、この取引が当社の規制に貢献することとなります。”

※AML/KYCとは?
  • AML…アンチマネーロンダリング
  • KYC…本人確認

今回買収されるローゼンタール・コリンズ・グループ(Rosenthal Collins Group…RCG)は、シカゴに拠点をおき、1923年に設立された先物ブローカー。

個人投資家はもちろん、機関投資家やプロのトレーダーにもサービスを提供しています。

RCG

歴史ある企業の買収ということもあり、注目度が高いこの一件。

CFTCの認可に向けて、より一層安定感を高めているのがわかりますね!(∩´∀`)∩

Bakkt延期がどーたらこーたら

クエスチョン 疑問

さて。認可といえば。

Bakktは1月24日にスタートと発表されていましたが、そこから具体的なローンチの進捗報告がない状態(´・ω・`)

前回のブログでもお伝えしましたが、現在アメリカでは政府機関閉鎖のために、あれやこれや業務が滞っている状態です。

↓昨日のブログはコチラから~↓

そのため、Bakktの認可どころじゃねええええ(゜Д゜;)というカンジ。

そして、今日こんなニュースが。

お、おぉ…?

Bakktの承認日はアメリカ政府によって4月まで延期されました

おぉ!?(・∀・)

気になる内容ですが…

“The Bakkt delay is due to the fact that the company requires the approval of the US’s Commodity Futures Trading Commission (CFTC). According to information obtained by Longhash, the shutdown has moved that approval date back to April.”

引用:LongHash

“(日本語訳)

Bakktが遅れているのは、アメリカの商品先物取引委員会(CFTC)の承認を必要としているため。

LongHashが入手した情報によると、政府機関閉鎖のためその承認日が4月になりました。”

おぉ…!?

こんなニュースが出ていますが…本当なのでしょうか?(´・ω・`)

真偽は?延期になる理由について

FUD 暴落

まず、ニュースについては真偽不明

15日19時現在、Bakkt公式からのアナウンスが見られないことや、ほかの大手ニュースサイトでもそういった内容の報道がありません。

もし本当で、今後アナウンスがあれば追記します!

が、今のところわかっていないため、この情報を鵜呑みにする必要はありません(´・ω・`)

クエスチョン 疑問

そしてもうひとつ、Bakktのスタート日について。

これは昨日のブログでも「アメリカはBakktどころじゃない」とお伝えしましたが、まず開始日は遅れるだろうと思って良いでしょう。

“The CFTC must first start a 30-day comment period, allowing the general public to weigh in on the proposal, which the regulator has yet to do.”

引用:Coindesk

“(日本語訳)

CFTCはまず30日間、パブリックコメントを募集する期間が必要で、これによって民衆がこの提案を検討することを許可しますが、これはまだ行われていません。”

CFTC

とあったので、調べてみました。

CFTCでは、このように提案された事案がある場合には、提案について検討されている90日以内にパブリックコメントを募集して周知してもらう期間があります。

“(7)The rule submission shall include:

(2) Public comment. The Commission shall provide a 30-day comment period within the 90-day period in which the stay is in effect as described in paragraph (c)(1) of this section.

The Commission shall publish a notice of the 30-day comment period on the Commission Web site.

Comments from the public shall be submitted as specified in that notice.

引用:連邦規則集(e-CFR)

“(日本語訳)

規則の提出には以下が含まれます。

(2)パブリックコメント。委員会は、このセクションのパラグラフに記載されているように、委員会下にある有効な90日以内に、30日のコメント期間を設けなければならない。

委員会は、ウェブサイトに30日のコメント期間の通知を公表するものとします。”

だそうです(・ε・)

なので、今んとこ特にBakktに関するパブリックコメントの募集はかかっていないことから、どのみち24日には間に合わないということがわかります(´・ω・`)

Bakkt バックト

ただ、承認がされないというワケではなく、あくまで認可をする組織側の問題であってBakktがダメだ(´・ω・`)ということではありません!

早く政府機関閉鎖が収束して、CFTC・Bakkt双方から正式な進捗報告が早く行われることを祈るばかりです…。

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 仮想通貨ニュース, 初心者ガイド

関連記事

Bakkt バックト
【Bakkt(バックト)】仮想通貨の重要ファンダ、Bakktが7月ユーザーテストへ!【解説】

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ さて、仮想通貨界隈が少しずつ盛り上がっ …

QLC QLINK
【仮想通貨】旧QLINK・QLC Chain(QLC)を徹底解説!2つのアルゴリズム、VPN・Wi-Fiをシェアして収益化!?

こんにちは、Makiです!( *´艸`) 今回は…有望アルトコインシリーズっ♪ …

上昇 ビットコイン
【仮想通貨ニュースまとめ】ビットコイン(BTC)急騰!理由は?楽天&コインチェックの動きも

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ 我が家の年子男児が体調を崩していたんで …

バイナンス binance
【経緯まとめ】バイナンスCZがBSVを廃止!?楽天・DeCurret・コインチェックの取引所ニュース!

こんにちは、Makiです!(‘ω’)ノ いや~もう、新学 …

ETF 上場投資信託
【申請取り下げ】CBOE(VanEck×SolidX)のビットコインETF、今後どうなる?世界はあくまで前向き!

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ …ゆうべは久しぶりに夫と喧嘩しちゃいま …