リップル(XRP)、バイナンスにペア追加!基軸とクオートカレンシーの意味は?ALIS、今後について発表!

   

バイナンス binance

こんにちは、Makiです!(*´Д`)

メリークリスマス…イヴ!w

22日は次男の誕生日、その夜から夫とともに共通の友人と忘年会へ行き、酔いつぶれて寝た23日(オイ)、そして今日はジジババがウチに来ておもちゃまみれになってしまいました。

(こないだ大掃除をしたのに…と白目)

皆様いかがお過ごしでしょうか。

(リア充マウント失礼します)

さて、今日は大きなニュースが続きましたね!

クリスマスらしい明るい雰囲気が漂っています…ではでは、いってみましょう!

バイナンス、リップル(XRP)のペア追加!

仮想通貨 リップル ripple xrp

海外取引所・バイナンス(Binance)から、大きなニュースが飛び込んできました♪

「我々は間もなく、XRPを決済通貨(クオートカレンシー)とした取引ペアを追加する予定です」

リップルキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ということで、バイナンスにてXRPのペアが追加されることが決定しました。

「基軸通貨」という意味について

仮想通貨 リップル ripple

このたび追加されたリップルは「基軸通貨」という言葉がキーワードになっています(・ε・)

基軸通貨とは?
貿易・為替取引などの国際的な取引において使われる通貨のこと。
この場合、もっとも多く利用されているのは米ドル(USD)なので、米ドルが基軸通貨です。
仮想通貨の場合は主にビットコイン(BTC)でしたが、イーサリアム(ETH)やステーブルコイン(USDT・USDCなど)が基軸として使われ始めています。

仮想通貨における基軸通貨といえば、言わずもがなビットコイン(BTC)ですよね。

ビットコイン 仮想通貨

取引におけるベースとなるコインです。

取引ペアはたとえば「BTC/JPY」というふうに表記されますが、基軸通貨は本来「左側」を指します

それに対して、右側に来るペアのことを見積もりする(決済する)通貨という意味で「quote currency(クオートカレンシー)」と呼びます。

通貨ペアについて
A:基軸通貨/B:決済通貨(Aの通貨をBの通貨で売買する)

さて、このたびバイナンスに追加されるリップル(XRP)ですが…

バイナンスのCEOであるCZは、ユーザーからの「XRP the base?」という質問に対してこのように述べています。

「“ベース”とは正しくは“quote currency(クオートカレンシー)”と呼ばれます。」

アレ…?(・ω・;)

じゃあこれってもしかして、基軸通貨ではないの…?

と、あちこちで混乱が起こっているようです。

クエスチョン 疑問

そこで出てくるのが、仮想通貨ならではの問題です(´・ω・`)

クラーケンのサイトに、こんな記述がありました。

“何故いくつかの通貨ペアは他の取引所と比べて反対に表示されているのですか。

2通貨のうちでより高額な通貨を基準にすることはFX市場の業界基準です。つまり、x/yと、y/xのどちらかの通貨ペアを選択する際に、より高額な通貨を基準にする通貨ペアを提供することが業界基準ということです。Krakenは、この基準に固執しているわけではありませんが、一般的には価値の低い通貨が基準となっている通貨ペアを採用した場合は、取引時に多くの問題が生じるため、避けるようにしています。”

引用:Kraken公式サイト

“たとえば、ドージコイン(XDG)とビットコイン(XBT)の場合を考えてみます。計算を単純にするために、XDG/XBTの市場価格を0.00000100と仮定します。このように低価格のペアを基準とした通貨ペアを取引所で採用すると、以下の問題が生じます。

取引コストの増加: ほとんどの取引所では、取引を行うために、一番精度が高くても小数点以下8桁の精度にて提供しています。これは、XDG/XBT間の取引では、市場価格に対してせいぜい1%の精度でしか取引を行うことができないことを意味します(0.00000001 = 0.00000100の1%)。”

…お分かりでしょうか(´・ω・`)

価格の高いビットコインを基軸通貨として表記をすると、とんでもねー表示になるコインもありますし、それ以下の価格のコインを取引する場合は表示しきれない部分のせいで損失が出てしまうことも(´・ω・`)

おそらくで申し訳ないのですが、こういった理由があるため基軸通貨として表記されるヤツが右側に来ていることが多いんじゃないかと思います。

CZは“ベース”と言っているので、おそらくXRPは基軸通貨なのだと思いますが、XRPは本来ベースである場合取引ペアの左側に来る必要があります。まだ不明…」

そうそう、現時点ではこういうこと。

仮想通貨 リップル XRP

XRPがおそらく基軸通貨(ベースとなる取引通貨)という認識であっているとは思うのですが、本来の意味である基軸通貨はペアの左側ということを知っておいてくださいね(‘ω’)ノ

※認識が違っていたらコッソリ(ここ重要)教えてくださいお願いします(土下座)

XRPペア追加第一弾はTRXとXZC

仮想通貨 リップル XRP

そして。バイナンスCEOであるCZのツイートからほどなくして、バイナンス公式からこんなお知らせが。

ファーーーー!?(゜∀゜;)

XRP基軸として追加される取引ペア第一弾は、まさかの「トロン(TRX)」と「ゼットコイン(XZC)」。

とはいえ、XRPが基軸通貨に…ということで、今後さらにペアが増えていくことは必至でしょう。

“Binance will add TRX/XRP and XZC/XRP trading pairs with XRP as the quote asset into the new Combined ALTS Trading Market (ALTS) at 2018/12/24 11:00 AM (UTC).”

引用:バイナンス公式サイト

“(日本語訳)

バイナンスは、クオートカレンシーとしてふたつの取引ペア「TRX/XRP」と「XZC/XRP」を2018年12月24日午前11時(UTC)に、新しいアルト総合取引市場「ALTS」に追加します。”

ということで…

日本時間では今日24日・20時に追加されました♪(∩´∀`)∩

仮想通貨 ビットコイン 取引所

今回バイナンスにXRPが基軸通貨(仮)として追加された=超特大ファンダとなった意味ですが…

でっかい取引所でXRPが基軸になった
まず、今回基軸通貨となったバイナンスは、取引高世界一となった名実ともに超大手の取引所です。
ユーザー数も1000万人を超え、そりゃもうたくさんの人が仮想通貨に触れているということですね。
そんなところでXRPが基軸通貨になったのは、XRPがより注目されやすくなるってワケです!
「基軸通貨」という魅力
ほかの通貨と交換(取引)しやすくなるということは、取引される量が格段にアップすることが考えられます。
ユーザー数がとんでもないバイナンスにて取引高が上がるということは、市場全体における取引高もアップすることに。
XRPすげーじゃん!という見方につながるため、もちろん時価総額も大きくなります♪

基軸通貨スゲー(゜Д゜)w

これまでファンダがあってもなかなか価格に反映されなかったリップルですが…

↓「ファンダ」の意味について解説しています♪↓

買いやすくなるという意味から、多少はそれが良くなる…かも?(・∀・)ワクワク

新項目「ALTS」が追加に!

バイナンス binance

バイナンスではこれまでビットコイン(BTC)のほかに基軸通貨がすでにいくつかありました。

バイナンスの基軸ペア
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • バイナンスコイン(BNB)
  • テザー(USDT)
  • パクソススタンダード(PAX)
  • ユーエスディーコイン(USDC)
  • トゥルーユーエスディー(TUSD)

テザーから下4つは、価格変動の少ないいわゆる「ステーブルコイン」です。

これらの基軸ペアのなかに、今回リップル(XRP)が追加になるということですねっ♪(‘ω’)ノ

仮想通貨 リップル xrp

んで。

今回リップル(アルトコイン)が増えたことで、バイナンスではアルト基軸のカテゴリとして「ALTS」を追加しました。

Binance バイナンス

こんな感じですね!

仮想通貨 ビットコイン アルトコイン

以前はここに「BNB」「BTC」「ETH」「USD」と並んでいたのですが、イーサリアムとリップルをまとめてアルトコインの項目にしています。

今後また勢力のあるアルトコインが追加されていくのでしょうね~♪(‘ω’)ノ

ALIS、オープンβ版&新機能について発表♪

仮想通貨 ALIS

次ィ!

ALISもキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ということで、クローズドβ版のリリースから早8か月…

私も何度か記事を書きましたし、開発進捗についてこれまで賛否ありましたが、ついに「オープンβ版」のリリースについてお知らせがありました!

“本日は以前よりアナウンスしていた、ALISオープンβ版リリースについてご案内できればと思います! この記事では、オープンβ版の公開時期と、そこで実装される12の新機能をご案内いたします。

年明けからばしばしリリースしてゆくのでご勘弁ください。

元号をまたぐことはありませんので。”

引用:ALIS公式アカウント

ついに…!

年明けから、12もの新機能が毎月リリースされていくという発表です。

仮想通貨 ALIS

リリースについては「元号をまたぐことはない」という言葉も、力強さと運営側のウッヒッヒ感を感じますね~(゜∀゜)w

では、具体的にどんな新機能が実装されるのかを見てみましょう♪

ALIS待望の新機能、ドドンと公開!

仮想通貨 ALIS

ALIS12の新機能
  • デザインリニューアル&トップ画面の最適化
  • カテゴリ全開放
  • トークン保有ボーナス
  • ALISウォレット
  • エディター機能の改善
  • 獲得ALISポートフォリオ
  • はじめてのアクション時のモーダル表示
  • 投げ銭ランキング
  • OAuth認証
  • ユーザー登録同線の改修
  • 有料記事のALISトークン購入
  • Referralプログラム

ウッヒョーーーー(゜∀゜)ww

デザインが一新されることやカテゴリの全開放はもちろんなんですが、やはりトークンにボーナスがつき、さらにウォレットの実装でALIS外のあっちこっちに送付できるのは良いですね♪

スマホ 女性

もちろん、ALIS内でトークンを循環させることも考えて、投げ銭ランキングの実装やリファラル(紹介制度)プログラムもあるのは嬉しい!

保有に応じたボーナスがある上にリファがつくと、こりゃ~記事を書く人たちがより一層活発になりそうですね。

仮想通貨 アリス alis

さらに、これ以降の新しい機能についても開発が進められていくといいますが、おもにディスコードにて機能改修などのアイデア投稿と併せて募集が行われ、議論が行われる予定。

そのほかにもAMA(Ask Me Anything=何でも聞いてね!)が行われていますので、気軽に参加してみましょう♪(∩´∀`)∩

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 仮想通貨ニュース, バイナンス, リップル(XRP)

関連記事

仮想通貨 ビットコインキャッシュ
Cryptopia破産へ…BCHハードフォークで攻撃、経緯まとめ!バイナンス復活&IEO詳細も

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ 過熱してきています、仮想通貨界隈… 今 …

仮想通貨 アメリカ
韓国・ICOは禁止…CBOEのビットコインETF、再度申請!米・ワイオミング州「仮想通貨はお金」

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ 週末は雨でしたが、今日は晴れてあったか …

クリプトラボ
【ご報告】CRYPTO LABO(クリプトラボ)加入、有料グループについての思い…キャンペーン情報も!

こんにちは、Makiです!(*´ω`*) 体調悪い。 なかなかニュースも終えてい …

バイナンス binance
JPモルガンのJPMコインって?Beam×リクルート、バイナンスDEXテストがスタート!【寄稿】

こんにちは、Makiです!(*’ω’*) またまたちょっ …

Bakkt バックト
米政府閉鎖でBakkt(バックト)期限はどうなる?楽天・みんなのBitcoin4月から新サービス開始へ

こんにちは、Makiです!( ゚Д゚)ノ 今日は成人の日ということで…新成人の皆 …