Huobi、受付スタート!ライトコイン、BCHを逆転で歓喜&上げ材料は?COMSA、β版リリース!

   

仮想通貨 ライトコイン LTC

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩

エッ、もう今週で子どもたち冬休みになるの?(白目)

どうもママコイナーです。

わ~~ちょっとブログあいちゃった。ごめんなさい。。。

いよいよクリスマス感&年末感が漂ってきていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

年末らしくドチャクソに忙しいうえ、私はまだ風邪が長引いております。と言いつつビールは飲んでる。

皆さんも気を付けてくださいね…

では!仮想通貨ニュースです♪(∩´∀`)∩

Huobi、日本での新規受付ついにスタート♪

huobi フオビ

先日もお伝えしておりましたが…

日本でも人気のある海外取引所として知られている「Huobi(フオビ)」が、日本の取引所「ビットトレード」を買収し、日本での事業をスタートさせようとしています。

今月10日に、新しくスタートさせるとして、新規受付を開始する予定でした。

しかし(´・ω・`)

セキュリティ強化や顧客管理態勢の強化のため、1週間延期に…(´・ω・`)

ストップ 規制

↓Huobi、新規受付を延期したハナシ↓

そして昨日17日、ついに新規受付がスタートしましたっ♪

ちゃんと…サイトが日本語や…!w

ということで、新規受付が始まりましたが、キャンペーンとして期間中の口座開設&ログインによって、最大1,000円相当のリップル(XRP)がもらえるそうです♪(∩´∀`)∩

第1弾・キャンペーン詳細
期間 2018年12月17日(火)~2019年1月7日(月)24時
対象 期間内に新規口座開設を完了し、初回ログインをした方
付与 500円相当分のXRP
第2弾・キャンペーン詳細
期間 2019年1月8日(火)~1月31日(木)24時
対象 取引サービスリリース後から、1月31日24時までに再度ログインした方
または同期間中に口座開設を完了し、初回ログインをした方
付与 500円相当分のXRP

ということで、2回に分けたキャンペーンになっているそうです♪(∩´∀`)∩

ちなみに、なんで海外取引所が日本に進出できるん?(・ε・)という疑問ですが…

Huobiが買収したビットトレードは、すでに金融庁に認可されている仮想通貨交換業者です。

仮想通貨 日本 ビットコイン

このたびHuobiとして始動した日本のサイトでも、ビットトレードの登録番号である「関東財務局長第00007号」の文字が。

Huobiとビットトレードの間でやり方がすり合わせられ、買収の話題があがった9月からとてもスムーズに事が運んでいることがわかりますね♪

ビットトレードユーザーに向けた注意点

BitTrade ビットトレード

以前からビットトレードを利用していた方、注意点があります(・ε・)

ビットトレードの口座に残っている日本円・仮想通貨は、自動的に新システム(Huobi)に移行するわけではありません(´;ω;`)

自分で出金して、新しい口座を作る必要があります。

仮想通貨 トレード

なので、必ず2019年1月18日(金)までに全額出金依頼をしておきましょう!

もしくは、仮想通貨の場合ならHuobiでの口座開設をとっととやっておいてから、ビットトレード(旧)→Huobi(新)の口座に送金しちゃいましょう♪

フィアットにせずとも移動できますし、ビットトレードでの取り扱い通貨はすべてHuobiでも取り扱うので大丈夫ですよん(・∀・)

歯車

…万が一「あッ、1月18日過ぎた(゜Д゜)出金し忘れた(゜Д゜)」という場合ですが。

大丈夫です!!!

手続きがちょこっと面倒になるだけで、ビットトレードでのサービス終了後も資産が消えることはなく、出金できます。ホッ。

↓スケジュール、取り扱いペアなどまとめ↓

ライトコイン(LTC)の上げ材料

ライトコイン

我らがライトコイン(LTC)ちゃん……上げてますね~!(・∀・)

ということで、なぜなのか?と理由が気になるところですが、これについてはニュースがございます♪

Travala.com」という、世界中のホテルを予約できるサイトがあります。

このたび、ここの決済方法にライトコインが追加されました~!

実はここ、仮想通貨を使った決済ができるサイトとして注目されていたのですが…

このたび、ライトコイン(LTC)も決済に利用できるという発表がありました~!(∩´∀`)∩

決済に使える仮想通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イオス(EOS)
  • トゥルーUSD(TUSD)

…ほかにも、まさかのビットコインゴールド(BTG)や、あんまり口に出したくない某アジアの某シティコインも決済に使えるとんでもないサイトです(言い方)

サイトを見てみると、こないだブログでご紹介しましたポリマスちゃん(POLY)もいました♪

↓Polymath(POLY)について徹底解説しています!↓

さらに、ライトコインの開発者・チャーリーは、今年のはじめにこんなことをツイートしています。

「イーサリアムによるビットコインのフリップニング(逆転劇)は決して起こらないでしょう。しかし、ライトコインとビットコインキャッシュのフリップニングは今年起こるでしょう。」

という、珍しくドチャクソに煽っている内容w

2月25日にツイートされたこの内容でしたが、な~んとチャーリーが「やったゾ」とツイートをしました。

むちゃくちゃ喜んでるww

確かに、ライトコインもビットコインキャッシュもビットコインの意思を受け継いだ、いわゆる競合という部分が大きくあります(`・ω・´)

どちらもビットコインの弱点を補う設計になっていて、スケーラビリティ問題の解決はもちろん送金を早く…といったことが挙げられることからも、良きライバルだったんですね~。

仮想通貨 ライトコイン LTC

「フリップニングウォッチ」という、ライトコインとビットコインキャッシュの比較ができるサイトまであったよ…w

LTC ライトコイン BCH

ビットコインキャッシュはハードフォークのゴタゴタもあり低迷していますが、ライトコインは先ほどもお話ししましたように利用できる場所がどんどん増えています。

この調子で、やったれライトコイン~~~♪(∩´∀`)∩

COMSA、核となるソフトウェアのβ版リリース

COMSA

COMSAーーーーーー!!!

ということで、以前取引所・Zaifを運営していたテックビューロ社が、今日18日COMSA COREベータ版(テストネット)を公開しました。

COMSA

…COMSAってなんぞや?(・∀・)

ということで。

COMSA(コムサ)とは、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)ができるプラットフォームのこと。

↓「ICO」っていったいなに?解説しています♪↓

↓ICOの次にくる!?「STO」についても解説しています♪↓

今回ベータ版が公開されたのは、その核となるソフトウェアです。

つまり、COMSAでICOをやりたい~(∩´∀`)∩というユーザーのために、開発が着実に進められているということですね!

“COMSA COREは、異なるブロックチェーン間でトークンのペッグと制御を行い、それぞれの価値をトークンに変換し、総量をコントロールするソフトウェアです。

今回のテスト版では、EthereumブロックチェーンとNEMブロックチェーンの異なるブロックチェーン間において、トークンの変換を行います。

EthereumのRinkebyテストネット上とNEMのテストネット上で、CMSのテストトークンを1対1の割合で変換することで、主要な2つのブロックチェーンの違いを意識せずトークンを送受信することが可能となります。テスト版ではCMSのテストトークンのみご利用できますが、本公開を通じて、その利活用イメージの醸成とUI/UXの改善を進め、来年夏頃の正式版リリースを目指してまいります。”

引用:COMSA公式サイト

今回のβ版(テスト版)では、イーサリアムのブロックチェーンとネムのブロックチェーンの間で、トークンの交換を行うということです。

通常は、違うブロックチェーン同士にあるトークンは、いったんビットコインに換えたり、フィアット(法定通貨)に換えてから購入する…という流れになりますよね?(・ε・)くそめんどくせぇ

NEM COMSA

しかしCOMSAであれば、このプラットフォーム内で使われるCMSトークンを利用して、違うブロックチェーン同士をまたいだトークンの交換が可能になります♪

このユースケースとして…たとえば、こんなことがあります(・∀・)

ゲームに利用♪
イーサリアムのブロックチェーン上で作られたゲーム内のアイテムを、ネムのブロックチェーン上で作られたゲームに組み込むことができちゃいます!
イーサリアムベースのゲームアプリってすでにめちゃくちゃありますが(DApps)、ここで高い価値のあるアイテムを、ネムのゲームに移すことができるんですね。
(えっ、これめっちゃすごくない?)
決済に利用♪
ビットコイン支払いを受け付けているお店って、日本でも増えてきましたよね!
でも、ネムやイーサといったほかの仮想通貨で決済したいなぁ(・ε・)という方も多いハズ。

そこで!異なるチェーン上のトークンを交換できるCOMSAを使います。
ビットコイン支払いを行っているお店では、今後ゼム(XEM)やイーサ(ETH)といったあらゆる通貨を決済に利用できるようになるということです♪
(えっ、これもホンマにすごくない?)

ほぇ~~~~(゜Д゜)

つまり、これまではいちいち取引所でトークンを交換していましたが、その手間もなく決済に利用できる…ということです。

仮想通貨 ビットコイン アルトコイン

むちゃくちゃ便利。

私たちユーザーはもちろんのこと、店舗側も「さまざまな仮想通貨決済、できます!」というウリになり、大きなメリットに。

むちゃくちゃ便利。(大事なことだかr)

仮想通貨の可能性が、とんでもなく広がります…!

ロードマップとテストネット

NEM ネム 仮想通貨

COMSAの開発が進んでいるのにホッと一安心したところで、今後のスケジュールについて見てみましょう。

今回のβ版(テストネット)は今日12月18日から、2019年1月31日までの公開になっています。

COMSA COREの開発について
2018年12月18日 β版(テストネット)公開(今回)
2019年夏 正式版リリース予定
COMSA HUBの開発について
2019年春 テスト版リリース予定
2019年冬 正式版リリース予定

また、COMSA HUBというのは、パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンとの間でトークンの残高が合うよう、うまいことやってくれる機能です。

これは、企業向けのブロックチェーン製品・mijin(ミジン)でもオプション機能として利用できるそうです♪

COMSA HUBの開発も進められており、完成時にはCOMSA COREと連携することでプライベートブロックチェーン同士でもお互いにトークンの残高機能が可能になるとのこと。

仮想通貨 NEM ネム mijin

ということで…このたび公開されたテストネットに、ぜひ参加してみましょう~♪(∩´∀`)∩

今回のリリースがどんな感じなのかな?どうやってトークンを交換できるのかな?というお試しができます。

COMSA

COMSA

こんな感じで、まずはテスト用のトークンを受け取って、あっちこっち交換してみましょう(言い方w)

テストネットのみで使えるトークンなので、安心してくださいね(・∀・)

仮想通貨 アルトコイン

あちこちの企業がそれぞれ発行するトークンも今後交換できるようになりますし、今後COMSA COREがリリースされれば、今仮想通貨決済で悩んでいる店舗・ユーザーともに「こんなに使えるようになるの!?」と驚くような進化が待っているでしょう。

今後の開発が、楽しみですね♪

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 仮想通貨ニュース, COMSA, ライトコイン(LTC)

関連記事

バイナンス binance
【寄稿】SBIがウォレット企業に出資×2!バイナンス&コインベースOTC取引を開始

こんにちは、Makiです!(*´Д`) おぉ…3日もブログが空いてしもうた… T …

仮想通貨 リップル ripple xrp
仮想通貨研究会・ICOやウォレットの課題について…コインチェックでFCT・XRPが復活!

こんにちは、Makiです!(*´Д`) 私普段の移動手段はズバリ「徒歩」なんです …

レジャーナノS
Bitfinexメンテナンス、どうなる?今年の仮想通貨は前向きに…Ledger Nano Xが登場!【寄稿】

こんにちは、Makiです!(‘ω’) 夫は仕事、お兄ちゃ …

バイナンス binance
JPモルガンのJPMコインって?Beam×リクルート、バイナンスDEXテストがスタート!【寄稿】

こんにちは、Makiです!(*’ω’*) またまたちょっ …

レジャーナノS
Zaif(ザイフ)、ユーザーからADR申し立て…bitbankから情報サイト登場&Ledger新色追加!【皆さんに感謝】

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ いや~…ついにビットコインキャッシュ( …