イーサリアムクラシック(ETC)開発チームがストップ…ナスダック先物取引開始へ!【今後について】

   

ビットコイン 仮想通貨

こんにちは、Makiです!(‘ω’)ノ

いや~…師走です。

なんか、沖縄では海に入ってるニュースが流れてましたが…マジ???(゜Д゜)

(自分も相変わらず半袖生活)

いよいよ環境がおかしくなってきましたね…10年経ったらどうなることやらと、今からちょっと想像すると恐ろしいです。。。

…さて!仕事も師走っぽくなってきて、毎日ゼェゼェ言ってますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

相場も相変わらずで落ち着いているようですが…今日のニュースまとめです!

ETCの開発チーム・ETCDEVが経営難で開発ストップ

ETC

昨日、イーサリアムクラシック(ETC)に関するこんなニュースが。

ETCの開発がストップした

!?(゜_゜)

よーーーく見てみると、イーサリアムクラシックの開発がストップしたのではなく、ETCの開発を進めているチームのひとつが、経営難によって事業継続が難しくなったということでした。

“(日本語訳)

私たちは事業の資金調達が難航している。資金繰りが難しい中、仮想通貨市場の暴落もあり起こってしまいました。

投資家にも呼びかけ、コミュニティでの基金も行いましたが、そのどれも資金調達に成功することはありませんでした。

ETCDEVは、私たちを助けてくれた開発者や皆さんのおかげで2年半の間、私たちのプロダクトとビジョンを構築でき感謝しています。”

とのこと…(´・ω・`)

ここんとこの相場が厳しいことも含めて、以前から資金繰りが難航していたようです。

ETC ETCDEV

イーサリアムクラシック(ETC)の開発チームはETCDEVだけではないのですが、ETCDEV主体で進めていた「Emerald(エメラルド)」というDAppsプラットフォームを開発するプロジェクトがあります…。

これは、イーサリアムクラシック(ETC)のブロックチェーン上でDAppsを展開するためのプラットフォームを開発するプロジェクトです。

ETCDEVが進めていたため、今後のEmeraldプロジェクトはどうなるのでしょうか…(´;ω;`)

ちなみに:イーサリアムクラシック(ETC)とは?

仮想通貨 イーサリアムクラシック ETC

「イーサリアム」という名前がついているからには、イーサリアム(ETH)に関係しているんでしょ(・∀・)

ハイそのとおりです(・∀・)

イーサリアムといえば、ここをベースに新しいトークンがガンガン生み出されていますよね。

その中のひとつに「The DAO(ダオ)」というプロジェクトがありました。

↓The DAO事件を含めた、仮想通貨の歴史まとめ♪↓

このプロジェクトで集められたイーサ(ETH)が、ハッキングされてしまうという事件が(´;ω;`)

声を大にして言いますが、この事件はイーサリアム側に問題があったのではなく、あくまでDAO側のバグによるものでした。

イーサリアムは救済措置としてハードフォークを行い、この事件を「なかったこと」にしました。

フォーク

しかーし。

この対応に反発したのが、イーサリアム内の一部のコミュニティです。

介入するっておかしくない?非中央集権が聞いてあきれるわ!

ということでコミュニティが分裂、その結果生まれたのがイーサリアムクラシック(ETC)です。

仮想通貨 イーサリアム ETH

つまり(・ε・)

現在私たちがイーサリアム(ETH)として扱っているのは、新生イーサリアム

本来のビジョンを保ち続けている元祖イーサリアムと言っても良いのが、実はイーサリアムクラシック(ETC)だったんですね。

とまぁ、こんな違いがあるんだな~と知っておいてくださいね♪

ナスダック・ビットコイン先物取引開始へ

ナスダック

先日、ナスダックがビットコイン先物取引をする…かも!?というニュースをお伝えしました。

↓そのときのブログはコチラ↓

確定的な情報が出ていなかったため、<●><●>←こんな顔して見てたんですが…w

続報です!

3日、EXPRESSが報じたナスダックによるビットコイン先物取引のニュース。

“Joseph Christinat, Vice President of Nasdaq’s media team, said:“Bitcoin Futures will be listed and it should launch in the first half of next year – we’re just waiting for the go ahead from the CFTC but there’s been enough work put into this to make that academic.”

引用:EXPRESS

“(日本語訳)

Nasdaqのメディアチーム担当であるジョセフ氏によると「ビットコイン先物取引は来年の上半期に上場予定で、CFTCからのゴーサインを待っています。」”

とのことで!

先日の報道通り、来年ビットコイン先物取引が開始される予定だそうです♪(∩´∀`)∩

先物取引が始まることで、さまざまなメリット&デメリットがあります。

メリット
  • 機関投資家の参入が見込めること
  • ハッキングなどのリスクがなく取引できる
  • ナスダックというデカいフィールドにBTCが入ること
  • 相場の動きが大きくなりやすい(デメリットか?)
  • 仮想通貨の宣伝効果(・∀・)ウマー
デメリット
  • ショート(売り)ができるため、価格低下につながる恐れ
  • 大量の売買によって市場の混乱の恐れ

昨年末、アメリカのシカゴ・オプション取引所(CBOE)と、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のビットコイン先物取引がスタートしましたね。

このときにもスタートダッシュがすさまじく、ビットコインの価格は一気に10万円も上がりました(゜Д゜)

CBOE

ただ、今年に入ってからコインチェックのハッキング事件や各国の規制をきっかけに、仮想通貨の価格が全体的に下がっています…。

この一因として、先物取引が始まったことが関係しているのでは?と言われています(´・ω・`)

仮想通貨 ビットコイン 暴落

というのも、先ほどお話ししましたように先物取引は「売り(ショート)」ができるため、売り圧が強くなることが懸念されています。

また、決済の期日があることがFXとの大きな違いなので、決済間近になると相場の変動も考えられるってことですね。

とは言っても、ユーザーがドカドカ大量に入ってきてくれるのが、長期的な目で見た市場の拡大につながると思うのでどんどんやっちゃってくれ!って感じです(*´ω`*)

今回のことで考えるべきこと

仮想通貨 規制

さて、イーサリアムクラシック(ETC)の開発チームに関するニュースと、Nasdaq(ナスダック)の先物取引に関するニュースをお伝えしました♪

…イーサリアムクラシック(ETC)の件では、2年半もの間開発に注力してきたいちチームが、経営難で開発を泣く泣く断念するという事態になりました。

ビットコインをはじめ、さまざまなアルトコインの価格が下落しています。

(昨年末が高すぎた説w)

また、マイニングに関してもかなり厳しい状況が続いている…というニュースがありましたね。

“膨大な計算をこなして仮想通貨を得る「採掘(マイニング)」の専門業者(マイナー)たちが苦境に立たされている。誤算だったのは仮想通貨ビットコインの価格急落だ。電力料金などコストが高止まりする中で採算が悪化し、撤退が相次ぐ。”
“GMOインターネットは18年7~9月期のマイニング事業の営業赤字が6億円となり、前四半期から赤字幅が約3億円拡大した。高値づかみをした装置の償却費が重荷になったうえ「ハッシュレートのここまでの上昇は想定外だった」と同社の熊谷正寿会長兼社長は明かす。”
“SBIホールディングスは先行投資負担もありマイニング事業は赤字に陥っているもよう。DMM・com(東京・港)は「事業内容の再構築などを含め社内で議論を重ねている」と説明する。”

引用:日本経済新聞

市場が活発になり、マイナーが多くマイニングに参加するようになると、それだけビットコインのネットワークが分散化されることになります。

つまり、マイナーの偏りが少なくなるため、いわゆる「51%攻撃」の可能性が低くなり、トランザクション(取引データ)も処理されやすくセキュリティが向上するってことです(`・ω・´)

↓51%攻撃について解説しています!↓

ファンダが必ずしも価格に直結するわけではないんですが、それでも何かしら火を噴くキッカケがほしいもんですね(´・ω・`)

現在ビットコインはもちろん、仮想通貨全体の価格が以前に比べると落ち込んでいる状態(落ち込んでいると表現していいものなのか)ですが、それはTwitterひとつ見てもわかると思います。

人 が 明 ら か に 少 な い 。

仮想通貨 ビットコイン

短期的な利益を求める投機勢は変わらず居続けるものの、すぐに退場してしまう方もチラホラ見かけます…。

ただ、ナスダックの先物をはじめ、2019年はBakkt(バックト)ビットコインETFのほか、各国の仮想通貨関連の規制についてもある程度決着がつくのではないでしょうか。

↓Bakkt(バックト)ってなに?ファンダになる理由↓

今年の仮想通貨は「耐える年」でしたが、今後環境が整備されればユーザーもまた仮想通貨に触れやすくなるのでは…と、個人的に期待しています♪(∩´∀`)∩ガンバレー

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 仮想通貨ニュース, イーサリアム(ETH)

関連記事