Zaif事業譲渡の日…BitTrade×Huobiの始動!仮想通貨の確定申告について【テンプレ発表】

   

ハート

こんにちは、Makiです!( *´艸`)

今日はいい夫婦の日か~…我が家は特に何をするわけでもないんですが、付き合っているときから考えるともう10年一緒にいるのかぁと思うと、感慨深いですね。。。

愛想尽かさず、こんなにも長く一緒にいてくれることに感謝です(*’ω’*)

…そして明日から3連休なんですね(白目)

もちろん子どもたちは「わ~~!休みだ~~!」と言っていますが…母ちゃん通常営業どころかプラスアルファやで。

んでは、今日のニュースまとめです!

Zaif、本日11月22日が事業譲渡の日

zaif ザイフ

取引所・Zaif(ザイフ)が、今日事業譲渡の日を迎えました…!

9月にハッキングが起こったザイフ。

↓Zaif、ハッキングの経緯まとめ↓

ザイフを運営するテックビューロ社は、フィスコ社にザイフを事業譲渡することを決定していました。

運営会社が変わるため、これまでテックビューロ社のザイフと契約をしていたことになっていた私たちユーザーは、新たにフィスコ社のザイフとの契約を結ぶ必要がありました。

なので、現在入出金が停止している銘柄も多くあるため、ザイフに預けている資産を返してもらうにはザイフにログインし、事業譲渡の承諾をする必要があるということです(´・ω・`)

スマホ 女性

…私は10月に何も考えずすぐ承諾したクチです。

承諾に関して悩んでいるユーザーに対し、ザイフから延々と毎日承諾してください~とメールが届いていたようで…(;^ω^)w

こんなん始まってしまったそうですねwww

しかも盛り上がりすぎてニュースになってしまったとか…

いや~おもしろかった(・∀・)w

話を戻して。

その事業譲渡の実行日が、本日11月22日です。

↓ザイフ、ハッキングの補償について詳しくはコチラ↓

フィスコ

ハッキングの被害に遭ったのはビットコイン(BTC)・ビットコインキャッシュ(BCH)・モナコイン(MONA)の3種類ですが、モナコインは一部日本円で返還されることになっています。

実際に補償を行うのはフィスコなので、明日以降に具体的な補償・返還のお知らせがあるものと思われます。

1000ZAIFトークン、ゲットだぜ

ザイフ Zaif

そういえば、承諾をしてからログインしてなかったんだよね~ザイフ。

カズトのツイート見て、あ…そういえば…と思ってザイフを開いてみました。

Zaif ザイフ

おぉ…変わってる…w

Zaif ザイフ

ログインすると、この画面が出てきました。

というわけで、利用規約と重要事項説明をポチポチ開いて「同意します」ボタンをポチー。

そして、トップページに行くと「未獲得のボーナスがあります」の文字。

Zaif ザイフ

1000ZAIFトークンゲット。

資産がある方で承諾をしていない方は、承諾の期限が昨日21日までということで、今後返還請求などを行っても対応されない可能性が高いと明記されています。

システム上難しいのかもしれないけど、承諾しなかった人の中には資産をまだ預けている人も多少はいると思うんですが、どうなるんだろう…テックビューロのものになるのかな?(´・ω・`)

テックビューロ COMSA

何はともあれ、今後のザイフはテックビューロからフィスコにわたり、再び仮想通貨取引所として再建されていく予定です。

まったく違う経営陣のもと、今後どのような取引所になっていくのか…改善を待ちましょう!

ビットトレード×Huobi、年始に始動!

huobi フオビ

続いては、こちらも国内取引所のビットトレードについて。

コインチェックやビットフライヤーといった取引所に比べると、まだ知名度が及ばない部分はあるかもしれませんが…

注目の取引所なんですよ♪(T∀T)

BitTrade ビットトレード

というのも、今年9月…

シンガポールに拠点をおく海外取引所・Huobi(フオビ)が、日本のビットトレードを買収したから!(゜Д゜)

フオビは、バイナンスとともに日本人によく利用されている取引所として知られています。

そんなフオビは一時は日本進出をもくろんでいましたが、金融庁の規制によってシャットアウトされたこともあり、日本人向けサービスをいったん停止していました(´・ω・`)

↓フオビが日本のビットトレードを買収した話!↓

その後起こった、ビットトレード買収。

フオビが日本に来るぞーーーーー!(゜∀゜)という期待感もあり、一時盛り上がりを見せました。

huobi フオビ

そして今日!!!

ザイフが事業譲渡をした今日!w

ビットトレードから、こんなお知らせがありました!

“このたび、ビットトレード株式会社(以下、「ビットトレード」 本社:東京都港区 代表取締役社長:閏間亮)は、9月12日に「親会社の経営権の異動に関するお知らせ」としてご案内した通り、Huobiグループとの資本・業務提携を致しました。

1月以降のお取引は、現在開発中の最新プラットフォームにて新規に口座開設頂くことをお願いする予定であり、新システムの詳細に関しては本お知らせ欄で後日ご案内致します。”

引用:BitTrade

なにィ(゜Д゜)

現在のビットトレードは、bitbank(ビットバンク)との契約によって取引システムを利用していたそう。

フオビグループと業務提携をしたことによって、2019年1月に新しいシステムを利用した取引サービスが始まります♪

スケジュールはコチラ。

ビットトレード今後の予定
2018年11月30日 新規口座登録停止
12月14日 入金(仮想通貨・日本円)停止
12月27日 注文・取引の停止
2019年 1月18日 出金(仮想通貨・日本円)停止
ログイン停止

その後の取引は、現在開発中の最新のプラットフォームにて口座開設を行い、利用していく流れになります。

具体的な新サービス提供の日程については今後発表されるということで、楽しみですね♪(∩´∀`)∩

仮想通貨 ビットコイン

また、現在ビットトレードに口座を持っている方も、新サービスが始まることによって新たに新規口座開設をしなくてなりません

その点だけ注意しておきましょう(´・ω・`)

仮想通貨の確定申告について

税金 tax

えぇ…もうそんな話題が出てくる時期っすか……

(一応)フリーランスのライターなので、毎年確定申告には行ってるんですが…もう、ヤダwww

さて、仮想通貨民にも大きく関わってくるのがこの確定申告。

2018年分は、2019年2月18日(月)~3月15日(金)に申告する必要があります。はー。

ビットコイン 計算

仮想通貨の確定申告ですが、買うだけずっとガチホ~~という方以外、トレードをした方みなさんに関係があります(´・ω・`)

特に今年は、コインチェックのハッキングがあり、盗まれてしまったネム(XEM)の補償で「強制的な利確」という扱いになりますので、補償を受けた方は注意!

(わしもやんけ)

“補償金が仮想通貨NEMの取得価額を上回る場合は、その上回る部分が課税対象となり、原則として雑所得となります。

補償金が仮想通貨NEMの取得価額を下回る場合は、その下回る部分が雑所得の計算上、損失が生じていることとなりますので、その損失を他の雑所得と通算することができます(給与所得などの他の所得と通算することはできません。)”

引用:コインチェック公式サイト

補償金額は1XEM=88.549円でしたが、これより下の値段で、安くNEMを購入した方が関係アリということですね。

購入したときに1XEM=50円だったとしたら、補償金額が88.549円なので40円近くプラスになっているということです。

ということで、確定申告は気を付けていきたいのですが…

このたび、国税庁からとある発表がありました!

年間取引報告書とエクセル資料の配布

コイン 計算

国税庁から、仮想通貨の確定申告に関する内容のお知らせが。

“国税庁では、仮想通貨取引に関する所得について、納税者自身による適正な納税義務の履行を後押しする環境整備を図るため、本年4月以降、6回にわたり「仮想通貨取引等に係る申告等の環境整備に関する研究会」を開催してきたところです。

また、併せて、納税者が年間取引報告書の内容等に基づき入力することにより、申告に必要な所得金額等が自動計算される「仮想通貨の計算書」を国税庁ホームページで公開いたします。これらの施策について、各仮想通貨関連団体を通じて各交換業者や利用者へ周知するなど、仮想通貨取引の適正な申告に向けて取り組んでまいります。”

引用:国税庁

また、仮想通貨の確定申告に関する「年間取引報告書」がひとりひとりに送られることを発表しました(・ε・)

“国税庁は21日、仮想通貨の利用者の取引結果をまとめた「年間取引報告書」を国内の仮想通貨取引所が発行し、来年1月末をめどに一人一人に送付すると発表した。

 所得計算が大幅に簡略化され、納税時の利便性が向上するという。”

引用:JIJI.COM

ほぇーー…

これまでは、仮想通貨の取引をしたユーザーそれぞれが各自でレートを調べ、情報収集をして、自分で計算して…という、まぁーーーーークソめんどくさい方法で申告していました。

しかも税理士に任せたとしても、まだまだ仮想通貨の税計算に精通している人は少なく、というかまだ情報が少なすぎ&計算方法が複雑すぎて意味不明オワタ状態でした。

クエスチョン 疑問

これを踏まえ、今年は各取引所がユーザーのデータをもとに、取引をしたひとりひとりに向けて年間取引報告書を、2019年1月末をめどに送るとしました♪

さらに今年は、確定申告が必要になるユーザーに向けて、エクセルを利用した計算書が国税庁からダウンロードできるようになっています。

確定申告

取引所から送られてくる年間取引報告書をもとに、このエクセル資料に打ち込んでいくと簡単に計算できるっつーことらしいんですが…

ンンンンン。

よくよくこのエクセル資料を見てみると…取引をした銘柄1種類につき、1枚…?

バイナンスなど海外取引所を利用してあれこれトレードをしている人って、何枚書かなきゃならんのだ…?((゜Д゜;)))ガクガクブルブル

仮想通貨 ビットコイン 取引所

ということで、金融庁・国税庁によって行われた研究会の結果、仮想通貨の確定申告についてはこうなりました。ハイ。

…正直なところ「コレが答えか」という疑問が残りますが、今年はこういったものが用意されているようで…昨年よりはマシな感じかと…

仮想通貨 トレード

そして、確定申告のミス=死刑宣告くらいの勢いで受け止めている方もいらっしゃいますが、相手も人間なのでそこまで鬼じゃありません。

不安があれば相談に行くとちゃんときいてくれますし、万が一不備があった場合もキチンと相談をして事情を汲んでくれることが多いです。

(資料をきちんととっておいて、誠実に対応すれば大丈夫です!)

ハート サポート

わいも確定申告って最初は意味不明すぎて電話かかってきたことあるし、税務署にも行ったことありますわ…(遠い目)

みなさん、がんばりましょう!!

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 仮想通貨ニュース

関連記事

仮想通貨 リップル ripple xrp
仮想通貨研究会・ICOやウォレットの課題について…コインチェックでFCT・XRPが復活!

こんにちは、Makiです!(*´Д`) 私普段の移動手段はズバリ「徒歩」なんです …

仮想通貨 アメリカ
アメリカの仮想通貨新法案って?GeminiでBCH取り扱い開始へ!ビットフライヤーのメンテに注意!

こんにちは、Makiです!(‘ω’)ノ 一週間、ホントに …

レジャーナノS
Zaif(ザイフ)、ユーザーからADR申し立て…bitbankから情報サイト登場&Ledger新色追加!【皆さんに感謝】

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ いや~…ついにビットコインキャッシュ( …

コインベースカストディ
コインベースカストディ、銘柄追加!5種類の仮想通貨ETP、スイスで承認&取引へ【大型ファンダ】

こんにちは、Makiです!(*´Д`) うう~~…さぶい~~… 小学生組は「上着 …

CFTC
NEM JAPAN設立!ブロックチェーン・トークンを活かしたプラスチックバンク&CFTCのスマコン入門書

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ えぇ…明日でもう11月終わるってホンマ …