仮想通貨「Polymath(ポリマス)」の特徴や将来性を解説!POLYを購入できる取引所は?STOで安全にトークン発行!

      2018/11/13

POLY ポリマス

こんにちは、Makiです!( *´艸`)

今回は(久しぶりの)おすすめ有望アルトコインシリーズ♪

Polymath(POLY)」ちゃんです(・∀・)

…ポリーマス?読み方はポリマスでええのんか?

というワケで、今日はここんとこ注目されているポリマス(POLY)について詳しく見ていこうと思います☆

Polymath(ポリマス)の基本情報について

POLY ポリマス

そんでは、いつものように基本情報から♪

Polymath(ポリマス)
通貨 POLY
最大供給量 10億枚
サイト 公式サイトはこちら
Twitter 公式Twitterはこちら

Polymath(ポリマス)は、STOを行うことができるプラットフォームです☆

STOについては後述しますが、イメージとしては「無法地帯のICOとは違って、ルールにのっとってクソ安全にトークン発行ができるプラットフォーム」です(・∀・)

(語弊がありすぎるwww)

仮想通貨 ico

少しずつ規制が行われているとはいえ、ICOってまだまだ「大丈夫なんか!?」というイメージですよね。

そういったリスクを取っ払って、STOという形で安全にトークンを発行し、投資家も安心して投資できる環境を作るのが、ポリマスちゃんです♪

ではでは、ここで出てきたSTOという言葉を含め、ポリマスの具体的な中身について詳しく見てみましょう!

特徴その1・STOについて

仮想通貨 ICO

ICO銘柄、昨年2017年はまぁ~大フィーバーでしたね。

ICOとはInitial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング)と言い、仮想通貨を使った資金調達のことを指します。

↓ICOについて詳しい解説はコチラからどぞー♪↓

これからやるで!というプロジェクトの中で使われるトークン(仮想通貨)を発行するため、またそのプロジェクトを開発するための資金を集めることですね!

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、ネオ(NEO)などの仮想通貨を出資者から集め、かわりに発行したトークンを販売します。

プロジェクトの成功や高まる期待によって、このトークンが予想もしないほどドガーンと高騰し、トークンをもらった出資者はウハウハ…というのが「ICOは儲かる!」という図式だったんですね。

仮想通貨 ICO

しかーし。

いつからか、ICO=詐欺というイメージが定着し始めてしまいました…(´・ω・`)

トークンを出資者に売ったあと、集めた仮想通貨を持ってトンズラしてしまう開発者がいたり、一向に開発が進まないプロジェクトがあったりと、集めた資金どーなってんの!?というICOが多くなったからです。

そのため、ICOの大部分は詐欺だと言われていて、現在さまざまな国で規制が行われています。しゃーないね。

とは言っても、ICOはまだまだ株の資金調達である「IPO」に比べると規制はゆる~いモンです。

仮想通貨 ico

※IPOとは?
新規株式公開(株式公開)のことで、Initial Public Offering(イニシャル・パブリック・オファリング)といいます。

そこで「STO」の出番です(‘ω’)ノ

STOとは…Security Token Offering(セキュリティ・トークン・オファリング)のこと。

ICOのように規制が不十分なところでトークンを発行すると「オイ、それ大丈夫なんか?<●><●>」となりますが、すでに規制がしっかり行われているところでトークンを発行すると、その印象は変わりますよね?

万が一何かあっても補償があるとか、すでにルールがしっかり作られているなら、みんなも安心してトークンを買おう♪って思いますよね。

それが、STOです。

仮想通貨 ビットコイン

セキュリティトークンとは、すでに規制が行われている分野、つまり「有価証券」などの資産がトークン化したものをいいます。

以前、アメリカのSEC(アメリカ証券取引委員会)のお偉いさんが「イーサリアム(ETH)は有価証券じゃないよ~」という発言をして、注目されました。

↓イーサリアムと有価証券のハナシ↓

イーサリアムが有価証券とみなされてしまうとSECなどの機関によって「オラオラ規制するで!!」となってしまいます。

そうなると、今までイーサリアムベースで生まれてきたトークンも含めて、丸ごと規制対象になる=勘弁してください(ホルダーの声)となる可能性があったんですね。

仮想通貨 イーサリアム

しかし、ICOがうさんくさいというイメージになってきた今、逆にSECなどの厳しい機関によって規制&監視<●><●>されているSTOで発行されたトークンは安全じゃん?メリットあるじゃん?ということです。

これが、STOが注目されているワケですね♪

今回ご紹介しますPolymath(ポリマス)は、STOに大きく関係しているプロジェクトです☆

Polymathは、規制のないICOではなくSTOができるプラットフォーム

投資 チャート パソコン

有望なSTOに参加(投資したい)人・STOでトークンを発行したい人や団体をつなぎ、クソめんどくさい手続きなどをPolymath(ポリマス)に参加している有識者が代わりにやってくれるという、それぞれにメリットのある仕組みです☆

そして、投資家・セキュリティトークン発行者・代理人がそれぞれこのプラットフォームの中で使うのが、POLYというトークンです。

特徴その2・ポリマスへの参加について

POLY ポリマス

んじゃ、どーやってポリマスでSTOを行うのでしょうか?(・ε・)

投資家・トークン(セキュリティトークン)を発行したい人など、ポリマスに参加する人それぞれの目線で見てみましょう。

投資家の目線

セキュリティ カギ

まずは、将来有望なセキュリティトークンはないか~<●><●>と投資先を探している団体・個人投資家目線です。

投資家さんはまず、KYCを行います。

KYC(Know Your Customer)とは本人確認をすることです♪

↓「KYC」って何?詳しく解説しています!↓

KYCを行うプロバイダーを選び、ポリマスのトークンであるPOLYで「お願いします~」と支払いを行うことで、投資を許可されます。なんだか担保みたいな感じですね。

KYCプロバイダは本人確認をするうえで投資家から提出された資料をもとに、厳しく審査。

これでOKなら、投資家本人のデータ・その人のイーサリアムアドレスがリンクされます。

POLYはもちろん、ポリマス上で作られるトークンはイーサリアムがベースになっているためです。

仮想通貨 イーサリアム

この工程を経て、投資家はセキュリティトークンを選んで投資することができるように♪

いったん最初のSTOが終了すると、投資家はホワイトリストに登録されている他の投資家にトークンを販売することができますよん。

つまり、ポリマスのプラットフォームでできたセキュリティトークンを取引できるのは「KYCを通過した限定された人」ということです!

トークン発行者の目線

POLY ポリマス

続いては、セキュリティトークン作るで~!という、トークン発行者の目線について見てみましょう。

まずは、ポリマス上でトークンを作ります。Σ(゜∀゜)いきなりかーいw

しかしここでできたトークンは、選ばれた法務代理人がチェック&サインするまで市場で取引することはできませんのでご安心を…。

セキュリティトークン発行については、先ほどもお話ししましたように現段階ではまだ規制がゆる~いICOと違い、法にのっとったものを発行するためとても厳しくなっています。

ですが、ポリマスのプラットフォームにはたくさんの法務代理人=法律のプロがいるんです♪

仮想通貨 規制

トークン発行者は、複数のプロの中からこの人や!という法務代理人を選んで、代金として各法務代理人が提示している金額のPOLYを送ります。

発行者はセキュリティトークン発行させてくれ!(゜Д゜)と申請を行い、その手数料としてPOLYを送ることで、法律が関わる(めんどくさい上に)難しい審査についてはプロにお任せできるっちゅーワケです。

そして、発行者がセキュリティトークン発行のための法令を守り…つまり問題なくトークン発行の許可を得て、発行までの手順を完了させると、いちばん最初に発行したトークンを有効にするためのアドレスを法務代理人が設定します☆

その準備ができ次第、念願のセキュリティトークンの取引を開始できるようになりま~す!(∩´∀`)∩ワ~

法務代理人の目線

仮想通貨 ビットコイン

ポリマスに参加する法務代理人、つまりプロです(・∀・)

セキュリティトークンを作りたい?許可取り?ウチに任せろや~!という人たちです。

たくさんの個人・企業の要望に応えて、セキュリティトークンを発行するための法的な手続きを行います。

セキュリティトークンを作りたい発行者はたくさんいますが、法務代理人もたくさんいます。

法務代理人は先ほどもお話ししましたように、手続きを請け負うための料金を自身で設定することができますが、多くの法務代理人がいるため自分が選ばれるように工夫が必要になりますね…(´・ω・`)難しい…

特徴その3・法的なデータはブロックチェーンへ

仮想通貨 ビットコイン ブロックチェーン

セキュリティトークンを作り、実際に取引をするまでは上記のような流れになります。

では、法的な問題も絡むデータの行方についてはどうなるのでしょうか?

まず、ポリマスでセキュリティトークンをつくると同時に、トークン作成までのステップやチェックに必要だった資料などのデータが、まとめてイーサリアムのブロックチェーンにアップロードされます。

しっかりバッチリ、トークンを作ったときの証拠が残るってことですね!(‘ω’)b

仮想通貨 ブロックチェーン

アメリカでは、SEC(証券取引監視委員会)の「EDGAR(エドガー)」というシステムに、提出が義務付けられている書類などのデータが保管されています。

しかし、EDGARはいくら政府が管理しているとはいえ、仮想通貨の世界でよく耳にする分散型ではありません。

しかも誰でも閲覧することができ、1日3000以上ものアクセスがあると言われています。

つまり、管理しているところが叩かれれば大切な情報がおじゃんになってしまう可能性がある…ということです(´・ω・`)

インターネット セキュリティ 暗号化

一方のポリマスですが、イーサリアムのブロックチェーンにデータが保管されているので、皆さんご存知のとおり改ざんできない&みんなが見ることができる(監視できる)というメリットがあるので安心なんです☆

特徴その4・ムチャクチャ厳しい審査

審査 チェック

データについて触れたので、もうひとつ。

セキュリティトークンをつくるためには、ICOでトークンをつくることに比べると、法的な問題が絡むため難しい…と言いました。

んじゃ、どんくらい難しいのでしょうか?(・∀・)

まず、ポリマスでセキュリティトークンを発行しよう!と思ったとき、こんな情報が必要になります。

ポリマスが求める情報
  • 名称や法人名
  • 担保の種類(トークン作成時に使う仮想通貨)
  • ロゴ
  • プロジェクトの概要
  • トークンの特徴
  • 配当について
  • 会社が保有するトークンの割合
  • トークン1つあたりの価格(USD)

などなどなどなど(゜Д゜)w

クソめんどくさいですが、その後の法的な手続きはやってもらえるのでラクです(ラクか!?w)

とまぁ、いち会社を立ち上げるときのようにめちゃめちゃ厳しく審査が行われますし、投資家もKYCを行ってポリマスに参加するため、トークン発行者も投資家もお互いに安心して取引ができるっちゅーわけです。

このようにポリマスの安全性が確立された環境×ブロックチェーン(データが改ざんできない)という二重の仕組みで、大きな資金を持った投資家も、これから大きなプロジェクトを立ち上げようとする企業もお互いニッコリなんですね♪(∩´∀`)∩

特徴その5・3つのレイヤー(層)

仮想通貨 ビットコイン

ポリマスというSTOプラットフォームには、モデルとする3つの層(レイヤー)があります。

ポリマスプラットフォームの3つの層
  • アプリケーションレイヤー
  • リーガルレイヤー
  • プロトコルレイヤー

セキュリティトークンを売買する市場や、トークン発行をスムーズにすることを目指すアプリケーションレイヤー

世界的なトークン規制に関する枠組みや、AML/KYCの検証を行い、法的な安全性を高めることを目指すリーガルレイヤー

(※AML/KYC…アンチマネーロンダリング・本人確認のことです)

DEX(分散型取引所)や最先端のセキュリティ、法令遵守をより強く印象づけることを目指すプロトコルレイヤーの3つです☆

POLY ポリマス

これら3つのレイヤーをポリマスのプラットフォームのモデルとして…

ポリマスのプラットフォームのモデルの特徴
  • 有価証券に関する法的な複雑さを軽減!
  • 手数料を最小限に!
  • 資産の流動性を改善!

など、現状の有価証券やトークン発行に関する問題を解決することを目指しています♪(∩´∀`)∩

特徴その6・POLYトークンについて

POLY ポリマス

Polymath(ポリマス)の中で活躍してくれるPOLYというトークンについて。

イーサリアムベースの「ERC20」の仲間になっています♪

投資家・トークン発行者・法務代理人はもちろん、KYCプロバイダや技術者(デベロッパー)など、ポリマスのシステムに参加する人みんながPOLYというトークンを使い、循環するようになっています。

そして、ポリマス上で参加者によって発行されるセキュリティトークンは単なるERC20トークンではなく、そこからさらにルールにのっとって作られる「ST-20」トークンでもあります。

※ST…セキュリティトークン

POLY ポリマス

ERC20トークンって、BNBとかOMGとかと同じくフツウの仮想通貨ですよね(言い方)

でも、ST20トークンになるとICOで発行されたトークンと違って、発行するときにルールを守っているため、その後法的な影響を気にする必要がないってことです♪

POLYを取り扱う取引所って?

仮想通貨 ビットコイン 取引所

POLYはけっこういろんな取引所に上場されているようです(・∀・)b

POLYを取り扱う取引所

あとは、韓国の取引所・Upbitでも取り扱いがあります。

バイナンス binance

私たち日本人が利用しやすい取引所でいえば、バイナンス(Binance)が特に取引量が多いのでおすすめですよん♪

ちなみに、バイナンスでは…

POLYの取引ペア
  • POLY/BTC(ビットコイン)
  • POLY/BNB(バイナンスコイン)

となっていますよ~!

↓バイナンスを使うメリットや使い方はこちら↓

ポリマスと提携している企業☆

POLY ポリマス

2018年2月に上場されたPolymath(ポリマス)ちゃんですが、現在すでに提携している企業も。

MintHealth
世界中の医療に関する臨床成果の向上を目指す、分散型医療プラットフォーム。
患者のカルテをデータ化し、慢性的な疾患をもつ患者さんの入院を減らし、健康管理に役立てることを目的にしています。
マイクロソフトとも提携を結んでいますよ!
Netcoins
カナダに拠点をおく、仮想通貨売買に関する企業。
仮想通貨ATMの普及や、店頭販売を行っています。
Blocktrade.com
リヒテンシュタイン(オーストリアのとなり)の取引所です。

まとめ

プロダクト まとめ

というワケで…

今回はPolymath(ポリマス)について調べてみました♪

企業や金融商品の発行者が、信頼あるブロックチェーン上でセキュリティトークンを作るためのプロジェクト…でした☆

証券の市場と、仮想通貨の市場においてギャップを埋め、投資の幅を広げてくれること間違いナシ(・∀・)

仮想通貨 ビットコイン

より多くの方がブロックチェーンベースの資産をもち、投資を行うチャンスを得られるようになるポリマス。

ICO規制!詐欺多い!という悲しい声がある一方、STOというかたちで堂々と仮想通貨投資ができるのは、とても魅力的じゃないでしょうか♪(∩´∀`)∩

画像参照:Polymath公式サイト

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - アルトコイン, ポリマス(POLY)