【3分でわかる!仮想通貨用語】ファウンデーション・デベロッパー・エバンジェリスト・アドミン・クライアント

      2018/11/05

仮想通貨 ビットコイン

こんにちは、Makiです!(*’▽’)ノ

さ~て、今回は「仮想通貨用語解説」です!

技術やトークンに関することではなく…それに携わる「人」の立ち位置について、見てみようと思います♪

…というのも、人の役職って意外と…わからなくないですか??(;^ω^)w

肩書きを見るとスゴイんだろなぁ~と思いつつ、具体的な内容がわからないということもありますし、特に技術者として活躍する人・それを伝えるインフルエンサー的な役割をしている人など、仮想通貨ではいろいろな肩書を持った人がいます。

また、チーム(団体)として仮想通貨の活動をする上でも、アレコレと名前があるものです。

Twitterや公式サイトで見かけるかと思います、人の役職(肩書き)団体の名前について見てみましょう♪

ファウンデーション・ファウンダー

仮想通貨 イーサリアム ビタリック

ファウンデーション(Foundation)とは「創立」や「基礎」「財団」という意味をもつ言葉です。

仮想通貨でも同じように「財団」という意味です。

たとえば、イーサリアム財団(Ethereum Foundation)があったり、ライトコイン財団(Litecoin Foundation)がありますよん♪

Ethereum Foundation
Litecoin Foundation

また、ファウンダー(founder)という言葉もあります。

こちらは「創立者(設立者)」という意味で、そのプロジェクトを立ち上げた人を指します。

アドミン 管理人

ちなみに…投資の世界でよく耳にする「ファンド(fund)」もファウンデーション同様に基金という意味がありますが、つづりが違います(・∀・)

ビットコイナーとしておなじみの東晃慈(@Coin_and_Peace)さんや、CRYPTO TIMES(クリプトタイムズ)アラタさん(@cry_curr_ar)も、ファウンダーです♪(‘ω’)ノ
CRYPTO TIMESはコチラ♪

デベロッパー

開発 デベロッパー

デベロッパー(Developer)は「開発者」という意味があります。

仮想通貨においては、構想だけあっても実際に開発を進める技術者が必要なことは言うまでもありません(`・ω・´)w

というワケで、デベロッパーさんは日夜仮想通貨・プロジェクトの開発に勤しむ人たちのことをいいます。

エバンジェリスト

エバンジェリスト

エバンジェリスト(Evangelist)は「伝道師」という意味があります。

つまり、普及に努める人・広めたい人を指します。

ビットコインエバンジェリストであれば、ビットコインを世に広めるべくイベントを開いたり、SNSや自身のサイトを通じてビットコインの情報を強く発信する人などをいいます。

仮想通貨 ビットコイン

最近では、ITに関するサービスのプレゼンを行う人・イベントで講師を行う人などをエバンジェリストという職業で呼ぶことが増えてきました。

難しい言葉がポンポン出てくるITの世界において、万人にわかるような説明を織り交ぜながら自社の商品やサービスを紹介する=普及させる人のことをエバンジェリストと言うんですね。

アドミン

仮想通貨 パソコン

アドミン(Admin)は「Administrator(アドミニストレーター)」の略で、「管理者」という意味です。

ワードプレスでブログを書いている方はおわかりのように、管理画面にログインするときに「admin」ってURLに含まれていますよね(∩´∀`)∩

仮想通貨でもadminはいて、テレグラムの管理者もアドミンと呼ばれることがありますよん♪

クライアント

暗号 ネットワーク

取引先とか、仕事先の人…というイメージがあるかと思いますが、仮想通貨におけるクライアントは少し違います(´・ω・`)

コンピュータネットワークにおいてクライアントとは、ビットコインのこれまでの取引データをすべて記録したり、ほかのコンピュータの要求をとりまとめてサーバーに伝達(依頼)する、ネットワークのホストのことを指します。

単純に、データをすべて保有している人(コンピュータ)のことは「フルノード」といいます。

仮想通貨 ビットコイン ブロックチェーン

ちなみに、私のような超一般ピーポーは「ノード」です。

難しいですね(・∀・)ww

ビットコインのクライアントといえば「Bitcoin Core(ビットコインコア)」が有名ですし、イーサリアムの場合なら「Parity」や「Geth」というクライアントがいます。

イーサリアム ウォレット parity

それぞれのクライアントは各ブロックチェーンのデータ(これまでの取引データ)を記録しているため、私のような一般的なノードがすべての取引データを自身のコンピュータに持ち合わせていなくても大丈夫♪というワケ。

先日、ビットコインキャッシュがハードフォークするという内容のブログを書きましたが…

↓ビットコインキャッシュのHF、どうなる…?↓

ここで出てくるBitcoinABCというチームも、ビットコインキャッシュのクライアントのひとつです☆

ビットコイン(BTC)ならビットコインコアを中心に、ビットコインキャッシュ(BCH)ならビットコインABCやビットコインアンリミテッドなどのチームが、データを記録したり開発も行うクライアントになっています。

クライアント=重要な立ち位置にいるチームのことですね(ざっっっくり)

ビットコイン ブロックチェーン

その議論がうまくいかず、11月に行われる予定のハードフォークで意見が割れているのが現状ですが…(;^ω^)

ということで、クライアントとは開発をすすめるチームであったり、各コインのブロックチェーンの記録を保有していたり、ネットワークの中で重要な立ち位置にいるコンピュータのことを指しますよん☆

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 初心者ガイド, 用語解説

関連記事

ビットコイン 危険
ビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォーク、BCHABCとBCHSVの関係、HFの経緯・今後の予想について【まとめ】

こんにちは、Makiです!(*´ω`*) ついに今週15日?16日?(オイ)、ビ …

仮想通貨 ico
「STO」って?ICOとの違いやセキュリティトークン&ユーティリティトークンについて解説!【仮想通貨】

こんにちは、Makiです!(*´ω`*) さて、ここんとこ見かけるようになってき …

イーサリアム Devcon
【3分でわかる!仮想通貨用語】ERC・ERC○○トークン・コントラクトアドレス【イーサリアム】

こんにちは、Makiです!(*’ω’*) 今回は~~…用 …

ミーティング
【3分でわかる!仮想通貨用語】サミット・カンファレンス・フォーラム・スピーカー【イベント用語】

こんにちは、Makiです!(*´Д`)ノ さーて。 仮想通貨用語の解説です! 今 …

【3分でわかる!仮想通貨用語】日本にある仮想通貨・ブロックチェーン関連「団体・協会」まとめ

こんにちは、Makiです!(*´Д`) 仮想通貨について情報収集をしていると、と …