【行政処分】ザイフに3回目の業務改善命令…SBI北尾氏「早急な対策を」VCTRADEに進展が!レバレッジ取引ができるようになる?

      2018/09/26

zaif ザイフ

こんにちは、Makiです!(‘ω’)ノ

ンアアアアアアカープが優勝を逃してしまいました…!

Twitterではいつの間にやらカープ帽をかぶったアイコンになってしまいましたが、私は生まれも育ちも広島なモンで、やはり気になってしまいます…。

いいところまで行ったのになぁ(´;ω;`)w

というわけで、そんな悔しい気持ちを抑えながら今日のニュースですっ!w

取引所・ザイフ、3回目の業務改善命令

インターネット セキュリティ 暗号化

テックビューロ社が運営する取引所・ザイフ。

先日ハッキングが発覚し、約70億円分の仮想通貨が被害に遭ったことがわかりました。

↓ザイフのハッキングについて、一連の流れ↓

大阪府警からの聞き取り調査が行われているというニュースもありましたが、今日、近畿財務局から「業務改善命令」が下されました。
ザイフ公式ブログ

その内容はコチラ。

業務改善命令の内容
  • 1.流出事案の事実関係及び原因の究明(責任の所在の明確化を含む)ならびに再発防止策の策定・実行
  • 2.顧客被害の拡大防止
  • 3.顧客被害に対する対応
  • 4.平成30年3月8日付業務改善命令及び平成30年6月22日付業務改善命令の内容について、流出事案を踏まえて、具体的かつ実効的な改善計画の見直し及び実行
  • 5.上記1から4までについて、平成30年9月27日(木)までに、書面で報告

とのこと。

…そうです、なんと今年に入ってからザイフは3回目の業務改善命令を受けました(´;ω;`)

1回目は、コインチェックのハッキングを受けてザイフやコインチェック、GMOコインが業務改善命令を受けました。

↓3月・1回目の業務改善命令を受けたときのハナシ↓

そして2回目は、6月に受けた行政処分です。

↓6月・2回目の業務改善命令を受けたときのハナシ↓

…うんまぁ2回目のとき、他のどの取引所よりも改善命令の内容が長かったんだよねザイフ。

同じくこのときに業務改善命令を受けたビットフライヤーは、代表の加納氏が自身のTwitterでも謝罪をしています。

ねぇ、ザイフは!??!?(´;ω;`)w

業務停止を回避、早急な対策と復活を…!

…とは言ってもね、業務改善命令でよかったぁと思いました。

今回ばかりは、業務停止命令がくると思ってました。

ここにきてザイフが業務停止命令をくらってしまうと、日本の取引所がいよいよ終わってしまう…と感じていました。

もちろん、これからコインチェックが復活し、SBIが勢力を伸ばしたり楽天やヤフーなど大手が参入してくることはわかっています。

が、ユーザーはいつその時がくるのかがわからない…なかなか待てません。

日本の取引所は…と言われることがないように、ぜひともここから這い上がって、そしてまた復活してほしいと願っています…!

ザイフ代表朝山氏、BCCC副代表を辞任…

そしてもうひとつ。

ザイフ代表の朝山貴生氏、今回の件を受けてブロックチェーン推進協会(BCCC)の副代表理事を辞任したとのこと。
テックビューロホールディングス
ブロックチェーン推進協会

“なお、当協会の副代表を務めておりました同社代表取締役の朝山貴生氏は、本件により仮想通貨利用者に多大な不安を与えたことの責任をとり、当協会の副代表を辞任することを申し出、既に承認されたことを報告いたします。”

だそうで…。

朝山氏は以前からTwitterのアカウントに鍵をかけた状態になっており、今回の件についても自身では言及しないようです。

うーん、彼は今何を考えているのでしょうか。

ブロックチェーン推進協会については、仮想通貨との大きなかかわりがあるということからこのような対応になったようです。

今後、ザイフはフィスコから50億円もの支援金を受けて、ハッキングされた分の仮想通貨を買い戻すということですが…

買い戻したらハイおしまい!ではなく、その後の対応も気になるところ。

業務停止にはならなかったものの、かなりギリギリのところにいることは間違いありません。

日本のユーザーが仮想通貨を安全に扱うことができるように、またより多くの方が仮想通貨に興味を持っていけるように、セキュリティはもちろんのこと顧客への対応についても今一度しっかりと考えていただきたいと願います。

仮想通貨で高額な詐欺被害が発生

スキャム 詐欺

仮想通貨で、また詐欺被害です…(´・ω・`)

“神奈川県警平塚署は23日、平塚市の80歳代女性と70歳代男性が、いずれも親族を名乗る男らから仮想通貨を理由とした電話を受け、現金1900万円と同800万円をだまし取られたと発表した。”

“発表によると、女性は今月14日、息子を装った男から「仮想通貨で利益が出た。口座にお金を振り込みたい」などと電話があった。その後、国税庁職員や弁護士を名乗る男から「税金の滞納がある」などと電話があり、21日までに計3回、計1900万円を男に手渡した。”

引用:高齢男女、仮想通貨絡みで計2700万詐欺被害|楽天インフォシークニュース様より

ウワアアアアありそうだ(´;ω;`)w

ということで…。

仮想通貨に限らず、少しずつこういう金融商品の知名度が高まってくると、どうしても悪いことに利用されちゃうんですよね…。

そして悪いイメージがつけられる。

ホンマに、クソや。

高齢の方がだまされてしまったとのことですが、税金のあたりはトレードをしている人にとっては笑えない内容ですね…(;^ω^)

今回だましとられてしまったのは約2千万円とかなり大きな金額ですが、仮想通貨へのマイナスイメージがつかないことを祈るばかりです。

そして、こんなことをするクソな犯人ははよ捕まってほしい。

仮想通貨を使うんなら人をだますんじゃなく、ちゃんとトレードして稼げっつーの!ヽ(`Д´)ノプンプン

SBIVC「早急に対策を」、銘柄追加と販売所について♪

SBIバーチャルカレンシーズ

さて、期待されている取引所といえば「SBI」じゃないでしょーか。

SBIのドンである北尾社長は、東京で行われた「FINSUM」というイベントに登壇。

今回起こったザイフのハッキングについて懸念を示したうえで、早いところ業界としてひとつにまとまり、ルール作りを進める必要があると述べました。

おとなり・韓国ではすでに仮想通貨関連の自主規制団体が発足していますし(法的な拘束力があるわけではないが、一定のルール作りを進めて足並みをそろえる)、日本でもその動きが求められています。

北尾社長が今回「やべーよ早くしろよ」と声をあげたくらい、日本の仮想通貨事情はひっ迫していると感じます。

仮想通貨 イーサリアム etherium ETH

んで。

SBIバーチャルカレンシーズが運営する取引所「VCTRADE」ですが、どうやら12月にイーサリアム(ETH)を追加するようです☆(‘ω’)ノ

しかも!12月に仮想通貨入出金ができるようになるということ、そして来年の3月には取引所スタイルでの取引がスタートする&レバレッジ取引の開始も見込んでいるとのこと!

現在はユーザー同士での取引ではなく、VCTRADEとユーザーによる売買が行われる「販売所」スタイルになっています。

来年の春にはユーザー同士で仮想通貨の売り買いができるようになる、しかもレバレッジ取引ができるようになるとのことで、一気に進展していきそうですね♪

↓取引所・販売所の違いについて解説!↓

これで、コインチェックの復活も早くきてくれればいいんですが…!

仮想通貨関連で悪いことが続きましたが下がるばかりじゃない、今から上がるだけですよっ!(`・ω・´)

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 仮想通貨ニュース