【ビットコインETF】SEC発表、承認・不承認の期限を延期!今後の課題、スケジュールについてまとめ

   

ビットコイン ETF

こんにちは、Makiです!(*’▽’)ノ

昨日はZaif(ザイフ)のハッキング事件で持ち切りでしたが、今日は朝イチでビットコインETFに関するニュースが。

市場にも大きな影響を与えるビットコインETFについて、今朝行われた発表と、今後の動きについて解説していきます♪(‘ω’)ノ

SECによる公式発表

SEC

まず、今日の朝アメリカ証券取引監視委員会(SEC)からこんな発表がありました。
SECからの公式発表(PDF資料)

↓SEC(アメリカ証券取引監視委員会)ってどんな機関?↓

発表のタイトルは「提案された内容を承認・不承認にするかを決定するための手続きを開始」です。

今回テーマになっているビットコインETFは、これまでにさまざまなビットコインETFが提案されてきた中でも「本命」と呼ばれるもの。

VanEck Associate社とSolidX社によるビットコインETFで、こちらはビットコイン現物を裏付けていることから、万が一のときに保険が利用できるというふうに投資家が安心できるタイプのETFになっています。

↓ビットコインETFが大きなファンダになり得るワケ↓

承認するか不承認にするかの答えを出すことを延期してきましたが、期限である9月30日までには何らかの動きがあるのではないか…と言われていました。

そして今朝、SECから動きが。

「承認にするか不承認にするかどうかを決定するための手続き」という資料からわかるように、決定を延期する方向になるっちゅーことです。

次のETF承認・不承認の期限は?スケジュールまとめ

時計 スケジュール

んじゃあ、次の期限はいつになるの?(´・ω・`)と思いますが…

もともとの提出日から45日間が最初の期限(8月)、次に延期をして期限となったのが今回(9月30日)あと最大で2回の延期をすることができます。

ビットコイン ETF
(※アメリカ合衆国法典より)

次の期限は最初に提案された日から180日以内ということなので、次の期限は12月29日となります。

何回延期すんねん!(゜Д゜)wということで、スケジュールのまとめです。

ビットコインETF、期限について

SECへの提出日(申告) 2018年7月2日
1回目の期限 2018年8月16日
2回目の期限 2018年9月30日(今回)
3回目の期限 2018年12月29日
最終期限(延長不可) 2019年2月27日

※初回の期限は提出日から45日以内
※1回目の期限はさらにそこから45日以内
※2回目の期限は提出日から180日以内
※最終期限は2回目の期限から60日以内

めんどくせぇぇぇ(´;ω;`)www
(間違っていたらコッソリ教えてください)

まぁとりあえず最終期限は来年の2月いっぱいってことで、直近の期限はほぼ年末ってことですよ(雑なまとめ)

ビットコインETF承認への課題

ロードマップ

発表された文書のなかにもありますが、18にものぼる課題が記載されています。

マネーロンダリングなどの大きな犯罪に使われる懸念はこれまでにも言われていたことですが、他にも投資家保護、万が一の詐欺や盗難時の損失のリスク、適切な市場流動性があるか、機関投資家に比べた個人投資家へのリスク…などが挙げられています。

これら18もの課題をどうしていくかが、今後ETF承認への大きな壁となるってことですね(´・ω・`)

期限が伸びたとはいえ、これらの課題をすべて乗り越えるためには時間がない状態です。

難しい問題ではありますが、承認に向けて奮闘しているSECのメンバー、この問題に対してSECに多くのコメントを寄せているユーザーや仮想通貨をもっと広めたいと考えている人たちは、まだ希望を捨てていません!(`・ω・´)

まとめ

etf

というわけで…。

あくまでも各期限は「以内」であってギリギリその日に決まるわけではありません。

期限というだけで、少し早めに結果が発表される可能性もありますので、具体的にどの日に相場に影響がありそうかとか、どの日に発表がくるぞというのはわかりません。

ただ、今回のビットコインETFについてはこれまでと違うのは、SECメンバーの中にETF容認派がいること、そしてその人がメンバーに対してきちんと苦言を呈する人ということです。

投資家保護はもちろんではありますが「必要以上に守りすぎない」という点を、過保護な親と放し飼いの親にたとえて発言しています。

また、このビットコインETFに関しては多くのユーザーからSECに向けてコメントが寄せられていて、その数は1400以上になるとも…!

どれだけ多くのユーザーが関心を寄せているかがわかります。

ちなみに、どんなコメントが寄せられているかは、SECのサイトからチェックできます!もちろんほぼ英語ですが…(´・ω・`)
SEC

ということで!

TwitterではETFなんてこ~~~んなボラがあるのに承認されるわけねーじゃん!という声が多く見受けられますが、期限がまだあること、SEC内部からも以前と違う雰囲気が漂っていることを感じてみてください。

市場拡大に向けて、これからおもしろくなってくるところだと思いますよ☆(‘ω’)ノ

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 仮想通貨ニュース, ビットコイン, ETF関連