Huobi Japan(フオビジャパン)がビットトレードを買収、日本進出!仮想通貨研究会の意見交換、規制について思うこと

   

仮想通貨 日本 ビットコイン

こんにちは、Makiです!( *´艸`)

今日は娘の参観日に行ってきました~!

一緒に工作をして、帰りは仲の良いママ友と一緒にペチャクチャしゃべりながら…楽しかった♪

友だちとわちゃわちゃ遊んでいるところを見ると成長したなぁと感じますし、安心しますね~。

さーて!

しばらく湿っぽい天気が続くそうですが、仮想通貨はどうでしょうか!?

ガラってる!?んなこたぁ知らんけぇポジティブなニュースをお伝えします!!!w

Huobi、ビットトレードを買収!

huobi japan

以前、日本向けのサービスをストップしていた、シンガポールに拠点をおく取引所の「Huobi(フオビ)」。

↓6月、Huobiが日本撤退したときのハナシ↓

一時はHuobiが日本からサヨナラした…となりましたが、その後「日本仮想通貨事業者協会」の協力会員として参加。

この協会にはみなし業者は入っておらず、ガチな取引所や業者の集まりになっています。

日本における仮想通貨交換業者に向けた、自主的な規制(ルール)作りをしていく予定だと言われています。

そんなHuobiが!なんと!!!

日本の仮想通貨取引所を運営する「BitTrade(ビットトレード)」を買収したっちゅーニュースが!!!
ビットトレードからのお知らせ(PDF資料)

Huobiが日本の取引所を買収したということですが、いったいどのような影響があるのでしょうか?

世界的な大手・Huobiに期待☆

huobi フオビ

Huobiは、シンガポールに拠点を置く取引所で、取引量が世界3位という超大手です☆

↓Huobi(フオビ)が人気の理由7選♪↓

6月にはアメリカ進出も果たしましたし、バイナンス(Binance)とともに勢力を拡大し続けている取引所となっています(∩´∀`)∩

以前、一時的に日本からサービスを撤退させたときにも、日本への進出を計画していることを明かしていました。

そして今回、有言実行ということでビットトレードの買収…日本の市場を重視してくれていることがわかりますね♪

ちなみに、ビットトレードはタレントの小島瑠璃子さん、通称こじるりがイメージキャラクターを務めている取引所です!(ヒルナンデスでいつもかわいいな~と思って見てた)

先日、楽天が「みんなのビットコイン」というみなし業者を買収したことが話題になりました。

↓楽天がみんなのビットコインを買収したハナシ☆↓

この件では、買収したみんなのビットコインは「みなし業者」なので、金融庁の認可を受けていないことになります。

これから基盤を作り、認可を受けていくという流れになります。

今回Huobiが買収したビットトレードはすでに金融庁の認可済み、つまり国に認められた仮想通貨交換事業者っちゅーことですね!

楽天がこれから基盤を作っていくという工程をすっ飛ばし、Huobiというブランドを日本に強く売り込んでいけるってワケです☆

世界的に知名度も高く、使いやすいことで人気のあったHuobiですが、これから日本でもさらに人気が高くなること間違いなしでしょう♪

…ただ…(´・ω・`)

ホントにこれですよね(´・ω・`)

日本にたくさんの取引所が増え、ユーザーの受け皿が大きくなることはとても喜ばしいことです。

しかし、日本の規制(ルール)についてはまだまだユーザーから見ると不安が大きいもの

税金や取引についてのルールが早いところ定まってほしいことや、日本の取引所で取り扱いができるトークンの種類をなんとか増やしてもらいたいところですね…!

日本人が日本の取引所に愛想をつかさないように、ブロックチェーン技術が企業やあちこちで広まっていくのと同じように、仮想通貨も全国にどんどん広まっていくように願うばかりです…!(´;ω;`)

仮想通貨の規制について、金融庁による研究会

仮想通貨 ビットコイン

んで、その日本での仮想通貨に関連する規制について( ^ω^ )

今日、東京・金融庁内で仮想通貨交換業などに関する研究会が行われました。

これは仮想通貨に関する有識者(弁護士、法学部の教授、金融機関の方など)が参加して、さまざまな意見を交わしあうものです。
引用:仮想通貨業者の新規審査が「最大の課題」=金融庁総合政策局長|ロイター様より

今回は仮想通貨の「リスク・法令」について意見交換が行われました。
金融庁によるPDF資料

意見交換の内容
  • 現行制度に関する意見
  • みなし業者、無登録業者に関する意見
  • マネーロンダリングへの対応に関する意見
  • ICOに関する意見

などが、今回挙げられました。

…ここからは、金融庁の資料とともに私の心の声を織り交ぜてまいります。

これまでの意見としては、仮想通貨もICOもブロックチェーンも、日本はどうやって付き合っていくのかという大きな視野を併せ持っていくことが必要だと言われていました。(そうですよね。)

ポイント
  • “ただ、コインチェックのハッキングが起こったとき、知識がないまま多くの人が取引できるような状態にあったということは、自己責任という言葉では済ませられないのではないか”
    (しゃらくせぇ。自分の意志だろ。)
  • “仮想通貨は「注意を要するもの」としてグローバルにも規制を強めていこうとしており、我が国においても、業界の育成というよりは、規制に軸足を置いて考える必要があるのではないか”
    (うんうん)
  • “参入規制が少し緩いのではないか。たとえば、自己資本も低い額になっているが、いったん流出事故が起きれば数十億、数百億単位で喪失が出ることもあり得るので、自己資本に限らないが、参入規制についてもう一回考えてもよいのではないか。”
    (まぁ確かに)
  • “無登録業者について、利用者の自己責任だけで片付けられない問題も出てくると思わわれるので、対応を検討しておく必要があるのではないか。”
    (は?)
  • “統計では8割がレバレッジをかけた取引であり、現物取引よりむしろそちらのほうが主流になっているということで、果たしてこういう状況を容認していいのかという議論は当然あり得るのではないか。”
    (容認?アカンの?)

ということでぇ。

おもに業者(取引所など)の規制について、意見があがったようです。

投資家の保護以外にも目を向けてほしい現実

仮想通貨 ビットコイン 女性

意見交換なんてうるせーーーーーーーー!しらねーーーーーーー!!!!

というわけで。

現行の規制について問題提起をして、改善していこうっちゅーのはとっても素晴らしいことなんですよ。

ただね。

無登録業者…すなわち海外の仮想通貨取引所のことを指すと思いますが、ここの取引を無効にするだとか、罰則の強化とかそんなことをする前に、国内の取引所の整備をしなさいよと。

海外にまで先に目を向けてたら法整備が進まなくなっちゃうでしょっ!と思っちゃうんですね(´・ω・`)私はね。

ブログを読んでくださっている方はご存知だと思いますが、バイナンス(Binance)Huobi(フオビ)といった海外取引所に関して私は高く評価しています。

それは運営の姿勢であったり、実際にトラブルが起こったときの対応を見てきたことで、有言実行されている姿勢が素晴らしいと思うからです。

海外取引所を利用することや、私がブログでアフィリエイトリンクを貼ることが違法だなんだという声もありますが、

うるせーーーーーーーー!!しらねーーーーーーー!!!!

法律関係に携わっているネム太郎さんの見解です。その節はGOXTシャツありがとうございました。今日も参観日に着ていきました(マジです)

日本の取引所がダメだとネガティブに批判しているのではなく、海外取引所のこの姿勢をぜひ取り入れてくれや!と、ポジティブな意味で言いたいのです!!!

そのためには、海外取引所=無登録業者として扱うのではなく、お互い切磋琢磨していこーや!という存在になることはできんのか!?と思っとるんです。

あ~~~~悲しい。

ビットコイン ブロックチェーン

ブロックチェーン技術を広めていくのと同じように、仮想通貨も日本の市場を見てひとつの産業としてとらえてくれればいいのに…(´・ω・`)

ルールは大切ですが、だからこそ世界各国と足並みをそろえていけばいいのにと思うばかりです…。

…とにもかくにも!

Huobiが日本にやってくるというのは超嬉しいニュースです!これをファンダとして相場が反応するかどうか!?知らねぇ!ww

取引所拡大で、ユーザーの選択肢が広がったことは間違いなくファンダと言えることでしょう☆( *´艸`)

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 仮想通貨ニュース