国が認めた!米ドルとのペッグ「ジェミニドル(Gemini Dollar)」登場!ALIS、投げ銭機能が実装!

   

仮想通貨 アメリカ

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩

地震や台風、いろんな被害が出てバタバタしている日本ですが、今日は9月11日。アメリカ同時多発テロが起こった日です。

2001年、中学生のときに家にいてニュース見てたんだよなぁ…(平日なのになぜ家にいたのかは忘れた)

カメラの映像がものすっごい砂ぼこりで真っ白になっちゃって、何も見えないけど悲鳴はめちゃくちゃ聞こえて…

何が起こったん???って衝撃でした。

ワールドトレードセンターに飛行機が突っ込んだあの衝撃が、もう17年も前になるなんて。

時が経つのって本当に早いですね…

さて。気を取り直しまして、仮想通貨関連の気になるニュースをいくつかまとめていきたいと思います♪(∩´∀`)∩

ジェミニからステーブルコインが登場!

仮想通貨 ビットコイン イーサリアム

ここんとこ、ちょこちょこ登場する双子の兄弟・ウィンクルボスさん。

↓知っておきたい界隈の有名人をチェック☆↓

アメリカの仮想通貨取引所・Gemini(ジェミニ)を運営しているほか、投資会社をもつ超大富豪です。

これまでに何度もビットコインETFへの申請を行い、SECに却下されてもめげずに奮闘中です!

etf

ETFへの認可を目指して、ETPの申請や仮想通貨・ブロックチェーン関連の特許の取得など、とにかく次々に行動している姿勢が尊敬できます☆

今回新しい「ステーブルコイン」が発行されることになったのですが、それをふたりが運営する取引所・ジェミニが発行することになったそうです!

“今回承認されたのは、ウィンクルボス兄弟が立ち上げた仮想通貨交換所ジェミニが発行し、イーサリアムのブロックチェーンでやり取りする「ジェミニ・ドル」と、パクソス・トラスト・カンパニーの「パクソス・スタンダード」。いずれも同日からそれぞれれの交換所で入手できる。”

引用:ロイター様より

ということで~~~。

双子っちのキャメロン・ウィンクルボスさんもツイート。

「ジェミニ・ドルを紹介します!ブロックチェーンに米ドルをもたらす、世界初・規制された安心できるコイン。」

だそうです(・∀・)

ステーブルコインっていったいどんなコイン?

ステーブルコインって、よく聞くけどなんぞや…?という方へ。

まず、ステーブルコインのステーブルはStable=安定という意味があります。

何かとペッグ(連動)された、価格が一定のコインのことを指すんですね☆

ビットコインは価格の変動(ボラ)があるから儲かるんじゃ!楽しいんじゃぁああ!(´;ω;`)という方、多いと思います。

確かにそうなのですが、これほどまでに価格に大きな変動があるということは、投資家のみなさんに対して優しくないということになりますw

あまりにも無法地帯ではアカンことから、ステーブルコインが生まれました。

Tether 仮想通貨

ステーブルコインにはいくつかありますが、もっとも知られているのは「Tether(テザー)」ではないでしょうか?(‘ω’)

テザーはUSDTと表記し、その名前のとおりUSD(米ドル)とペッグされたT(テザー)という意味のコインです。

ビットコインが暴落したときの退避先」とよく言われますが、価格が米ドルに連動している(ペッグされている)ため、ビットコインの暴落によってデカイ損失が生まれる可能性があるときに、USDTに換えておくことを勧められています。

ビットコインの価格がドカーーーンと落ちたとしても、ステーブルコインであればさほど大きな変動はなく損失も少ないということから「退避先」という言葉が使われています♪

国が認めたステーブルコイン=ジェミニドル

さーて。ステーブルコインの仕組みについて触れたところで、今回のジェミニから登場したステーブルコインについて見てみましょう☆

今回のステーブルコインである「Gemini Dollar(ジェミニ・ドル)」は、ニューヨーク州金融当局(DFS)から正式に認められたコイン。

つまり、国が認めたということです!(*゜∀゜*)

アメリカが認めたペッグ通貨(ステーブルコイン)は実はこれが初めてだそうで、とても厳しい審査をくぐりぬけ、基準を満たしたということがわかります☆

国のお墨付き=信頼できるドルペッグ通貨ということですね♪

先ほどもチラッと触れましたが、ステーブルコインの第一人者としてもっとも使われているUSDT(テザー)ですが、こちらは取引所・Bitfinex(ビットフィネックス)との深~いナゾのつながりがあったり、担保(信頼の裏付け)にしている米ドルがホンマはないのでは?という疑惑が…。

Bitfinex 取引所

ウィンクルボス兄弟のGemini Dollarは米ドルとペッグ(連動)されているほか、認可された=国が認めたということになるため、どう考えても「こっちええやん(・∀・)」となりますw

今後どうなるのか見ものですが、ジェミニを運営する兄弟ふたりは、公式ブログでも「ジェミニドルを使って、私たちは今後もお金の未来を築いていき、これまで想像を絶する可能性を可能にする、世界的な金融システムを変革するという指名を果たし続けていく」と超前向き。

何度も何度もビットコインETFを却下されてショボボンとなっていたジェミニですが、今回のドルペッグ通貨は大きなポジティブニュース間違いなしです♪

ALIS、投げ銭機能を実装☆

仮想通貨 ALIS

ALIS(アリス)について♪(∩´∀`)∩

↓ALIS(アリス)ってどんなプロジェクト?まとめています!↓

ALISで記事も書いています☆(宣伝)

そんなALISですが、先日マイクロソフトとの協業によって投げ銭APIを開発するという発表がありましたね!

↓9月5日のブログ☆↓

それに伴い、マイクロソフトアジュール(Microsoft Azure)を利用し、コンセンサスアルゴリズム・PoAの検証をする…という内容でした。

そして!今日!

投げ銭機能がリリースされました~♪(∩´∀`)∩

はやい!!w

しかも、ALIS公式が発表する前にちらほらと投げ銭機能に気づいた人が、ポンポン投げ合いをしているというw

…スミマセン、私も運営発表の前にアリスマン(@alisman_nuhaha)に投げ銭をしましたw

ビットコインコア

送りたい数量を選んで、ポチっと送信するだけ。カンタン。

記事を読んでよかったな~!と思ったら、ただいいねを押すだけでなくコメントしたり、さらに投げ銭までできるようになりました♪

本当に有益なものに対してどんどん評価がなされる…というスタイルになってきていますね。

御朱印やグルメカテゴリが解放されてから、たくさんの人がさらにALISで記事を書いています。

今後も検証をしつつなのでペースはゆっくりであっても、次々にカテゴリが解放されていくのではないでしょうか。

一歩ずつ着実に成長しているALIS、これからも応援しまーす♪(∩´∀`)∩

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 仮想通貨ニュース