楽天、LINE…大手が仮想通貨事業に参入を発表!ヤフーの取引所に期待&ファイナンスで仮想通貨売買が可能に!

   

オランダ ビットコイン 仮想通貨

こんにちは、Makiです!(‘ω’)b

大雨のなか、夫は仕事へ出かけていきました……_(┐「ε:)_大丈夫かいの…

雨の中はなかなか出かけられないし、今日は子どもたちとあちこち掃除です♪
(ホンマは晴れの日にやりたいけど…w)

さてさて。

昨日は大手企業による仮想通貨事業参入について、新しい情報が入ってきましたね☆

金融庁に「認可してくれ~」と申請をしている企業は100を超えるといいますが、その中には誰もが知るような大手もたくさんいます。

つーことで、気になるニュースまとめです!

LINE、独自の「LINK Chain」でエコシステムを構築

line

まずはLINEから!

皆さんご存知LINEでは、独自に開発したブロックチェーン「LINK Chain(リンクチェーン)」をベースに、ふたつの仮想通貨(トークン)を発行することを発表しました。
LINE公式サイト

LINK Chainという土台をつくり、そこにLINKエコシステムを作っていくそう。

※エコシステム(ecosystem)って?
さまざまなサービスや商品が連携し合うことで、お互いに大きな収益をあげていこうという構造のこと。

国内向けの「LINK Point」と、海外向けの「LINK」っちゅーふたつの仮想通貨を発行し、LINK Chain上で利用できるようにするとのことです。

また、さまざまなDApps(分散型アプリケーション)が参加したり、今後参加を計画している既存のLINEサービスを利用すると、そこで行ったアクションに応じてインセンティブ(報酬)としてトークンがもらえるようになるそうです♪

※DApps(分散型アプリケーション)って?
特定の管理者がいない、アプリケーションのこと。

ユーザーがサービスを使う

サービスがうるおって評判が高くなる

ユーザーのアクション(行動)に応じてインセンティブ(報酬)が渡される

ユーザー:わーい♪(∩´∀`)∩

……

…という繰り返しですね。

好循環で大きな「価値」が生み出されることになり、質の高いサービスへとつなげることができます。

ちなみに、このLINK Chainですが1秒あたり1,000以上のトランザクションを処理できる(!!)ブロックチェーンと、LINEがこれまで吸収してきたプラットフォーム構築の技術を合わせて開発が進められているとのこと。

そりゃそうですよね、ただでさえユーザー数が多いんですから、さまざまなDAppsやサービスが参加したらとんでもねー取引量(トランザクションの量)になります。

サササッと処理していくのは必須事項です。

また、日本向けのトークンであるLINE Pointについては、現在LINEのさまざまなサービスで利用できる「LINEポイント」に交換できるようになるそう♪(*’▽’)b

LINEポイントは1ポイント=1円として、さまざまなサービスに利用できます。

LINE Payというサービスを使えば、貯めたLINEポイントを専用のカードにチャージして、全国のお店で使えちゃいますよん(*´ω`*)便利♪

LINEの取引所「BITBOX」でもLINKトークン取り扱い

BITBOX

さらに、LINEは7月にBITBOXという仮想通貨交換所をオープンさせています。

↓日米以外でオープン、BITBOXについて↓

ここで9月からLINKトークンを取り扱う予定で、すでにLINKについてはホワイトペーパーも公開されています。
(もう9月だけど、日本からのアクセスがシャットアウトなので確認できない)
海外向けトークン・LINKのホワイトペーパーはコチラ

なんで日本ダメなん!?(゜Д゜;)と思いますが、日本で仮想通貨取引所を運営しようと思ったら、まずは金融庁に認可を得なくてはならないんですね(´・ω・`)

審査は厳しいですし、多くの企業が認可に向けて行列をつくっている状態だといいます。

なので、現状では日本でのサービスは行われていないってことなんですね。うぅむ。

楽天がみんなのビットコインを買収!

楽天

続いては~~~…「楽天」でございます!

昨日、楽天が「みんなのビットコイン株式会社」を買収すると発表しました。

取引所を自身に取り込み、仮想通貨事業に参入するということですね!
参考:楽天が仮想通貨参入 LINEは独自通貨 決済需要に狙い|日本経済新聞様より

楽天といえば、ネット通販の楽天市場や、フリマアプリのラクマが有名ですよね♪
(いつもお世話になっております)

こういった支払いが行われる場面において、今後仮想通貨による決済が必要にされるだろうと見込んでいるそうです。

楽天→サービスを早く、みんなのビットコイン→立て直し

みんなのビットコイン

なんで楽天がみんなのビットコインを買収?(´・ω・`)と思うかもしれませんが…

そもそも、みんなのビットコインという会社は未だ金融庁の認可を受けていない、いわゆる「みなし業者」でした。

また、マネーロンダリング(資金洗浄)の問題や社内体制の不備で、金融庁から業務改善命令が下されており、その改善に取り組んでいるところでした。

大きな企業とタッグを組むことで基盤を安定させ、より早く・確実に改善を進めていくことができる…というのが、今回の買収劇です。

楽天は仮想通貨事業に1から着手する必要がない、みんなのビットコインは会社を立て直していける、お互いにメリットの大きな話です。

仮想通貨 イーサリアム ETH マイイーサウォレット

マネックスがコインチェックを買収して立て直そうとしているのと同様に、楽天も仮想通貨交換所としての基盤を作っているみんなのビットコインを買収することで、スムーズにサービスを始めようとしているってことですね♪

さらに楽天は「楽天証券」というグループ会社があり、こちらでも仮想通貨の運用に関する声が挙がっているそう。

できるだけ早く参入したいということもあって、このタイミングなのではないかと思います♪(*´ω`*)

コインチェックもですが、楽天にも期待が高まりますね…!

ヤフー、期待される取引所のオープンはいつ…!?

yahoo

最後に、ヤフーです!

コチラも皆さんご存知「Yahoo!」ですが、こちらは今年の春に「仮想通貨事業に参入する」と公式発表がありましたね。

↓ヤフーが仮想通貨事業に参入と発表☆↓

「ビットアルゴ取引所(ビットアルゴ取引所東京)」に資本参加するというニュースです♪

現在、この取引所はサービスを停止させているのですが…(´・ω・`)

ビットアルゴ取引所は、コインチェック・みんなのビットコインとは違い、金融庁が認可済みの「仮想通貨交換事業者」です。

つまり、ヤフーがここに加わり体制を立て直したとき、取引所のオープン(再開)として一番近いのはここになるということですね!

そのため、資本参加が発表された際には「今年秋には取引所のサービス開始を」と言われていました。
(さ~9月やで~~9月になったで~~w)

サービス再開が望まれますが、いつになるのでしょうか…!?(*’▽’)ワクワク♪

ヤフーファイナンスで仮想通貨をラクラク売買♪

そんなヤフーですが、株情報などを盛り込んだ「Yahoo!ファイナンス」において、このたび4種類の仮想通貨を取引できるようになりました♪

だが。

サイトを見てみたんですが、どこを探してもビットコインが買えるようなところがなく……(´・ω・`)

あれぇ?と思ったら、現在はiOSアプリのみで対応しているとのことでした!
Yahoo!ファイナンス(海外版)

詳細はコチラ。

対応通貨 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
ドージコイン(DOGE)
対応プラットフォーム
(現在)
iOS
対応プラットフォーム
(今後)
Android
デスクトップ
モバイルのWebプラットフォーム

ということで…。

Yahoo!ファイナンスを介して、直接ここで売買ができるということに♪

買う(Buy)・売る(Sell)ふたつのボタンをポチっとするだけでOKというカンタン仕様だそうで、アメリカの取引所・コインベースもしくはロビンフッドのどちらで買うかを選ぶという流れだそう。

…これに対して、対象コインに入ったライトコインの生みの親・チャーリーは…

ウェェェェイ(∩´∀`)∩

チャーリーおめでとう~~!!♪
(ライトコイナーの叫び)

というわけで、より簡単に仮想通貨を買えるようになってきましたね。

大手が次々と仮想通貨関連事業に参入してくることがわかり、一気に波がやってくるんじゃ…!?(゜Д゜)という気にさせてくれます。

相場はもちろんなんですが、投機的な意味ではなくこれからまた仮想通貨界隈が盛り上がってくると信じています…!(´;ω;`)

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 仮想通貨ニュース

関連記事