ビットコインは年末にかけて上昇?インドで規制枠組の取り決め?Ripple「SWELL」は10月1日

      2018/08/28

仮想通貨 ビットコイン

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩

いや~~~~いよいよ娘が幼稚園スタートです!夏休み終わりです!

…とは言っても、1週間慣らしなので午前中で帰ってくるんですが…それでも全然違いますね(´;ω;`)

全国のお母さん、お疲れさまでした…。

小学校はすでに始まったところもあるようですが、ウチの小学校はあと数日夏休みがあります。

んまぁ、小学生組はさほど手もかからないので良いです。ええ。w

というわけで!

秋にさしかかろうとしている今日のニュースです☆

ビットコインは長期的に上昇する!?

仮想通貨 ビットコイン

さあ~て。

中国で仮想通貨のトレードやICOに関する規制が行われる…など、ネガティブなニュースがちょこちょこと続いていました(´・ω・`)

↓ICO・仮想通貨トレードの規制が強化される!?↓

しかし。

悪いニュースばかりではありません。

相場に関しては何とも読めない状況が続いてはいますが、長期的に見るとビットコイン(BTC)をはじめ仮想通貨の価格が上昇するだろうという見方をしている人、多いんです。
参考:APPTIMES

アメリカの調査会社・Fundstrat(ファンドストラット)社の代表である、トーマス・リー氏はビットコインが年末までに2万ドルに上昇すると、テレビ番組で語りました。

実はこのリー氏、以前からビットコインの価格については強気な姿勢を見せていることで知られています。

以前も「買いだ」という指標を発表しましたが、5月に価格が上昇すると予測した発表が誤りだったことを謝罪しています(´・ω・`)

今回の価格上昇と見込んだその理由は「ヘッジファンド」によるものです。

※ヘッジファンドって?
投資方法のひとつで、いくつかの金融商品に資金を分散させて投資し、高い収益を得る方法です。

ヘッジファンドのアナリストたちは仮想通貨自体にとても興味を持っているが、ヘッジファンドはビットコイン(仮想通貨)をポートフォリオに追加していないと述べました。

つまり、投資商品としてはまだみなされていない…ということですね(´・ω・`)

投資の商品については信頼性が高くなくてなりません。

これは先日話題になった「ビットコインETF」にも言えることで、仮想通貨は全体的にまだ価格の乱高下という問題もありますし、それによって投資家が大きな損失を出してしまう可能性もあります。

…投資というより、投機になってしまう懸念があるということですね。

↓ビットコインETFが大きなファンダになる理由☆↓

先日はビットコインETFが再審査になると発表されましたが、リー氏はそれでも強気で居られるのはよほどの自信があるように見えます。

絶対的に信頼できる情報なんてないですが、こう力強く「価格、上がるで!」と言われると嬉しいもんですね♪(∩´∀`)∩

リップルの国際的会議・SWELLが10月1日に☆

ripple リップル xrp

リップル(Ripple)最大の会議である「SWELL(スウェル)」が、今年は10月1日・2日の日程で行われることが決まりました☆

場所は、アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコにて開催されます♪
SWELL公式ページ

今年は基調スピーカーとして、ビル・クリントン元大統領が登壇することで話題になっていますね。

また、2日目に「ブロックチェーン×未来の支払い」と題して行われる討論では、ゲストスピーカーとしてアフリカベンチャーキャピタル協会会長が登壇予定。

銀行口座やクレジットカードを持たないことが多いアフリカの人たちにとって、リップルの送金システムのように早く・安くいつでも送金できる仕組みは重宝されるもの。

そのため、アフリカでは仮想通貨での支払い(ブロックチェーン)が今後大きな市場になるのではと言われています。

何か発表があることを期待してしまいますね…!(´;ω;`)

仮想通貨 リップル ripple xrp

SWELLというのは、リップルの最大にして国際的な会議のこと。

あちこちからゲストを招き、リップルの送金システム、ブロックチェーンや支払いの未来、課題について討論が行われます。

ちなみに、昨年のSWELLはカナダのトロントで行われました!

↓2017年10月に行われたSWELLの内容について♪↓

昨年は、ビルゲイツ率いるビル&メリンダ・ゲイツ財団との提携という発表から始まりました!

………しかし。

その後は特にコレと言って大きな発表もなく~…(´・ω・`)w

SWELLで何か大きな発表があるのでは!?という「期待上げ」があり、会議期間中にどんどんチャートが下向きに下がっていってしまいました…。

今年はいったいどうなるのか、気になるところです…!

否定的だったインドで規制枠組みを作る機関設立☆

仮想通貨 ビットコイン インド

続いては、インドの話題です。

インドの中央銀行は、ブロックチェーンや仮想通貨の規制枠組みをつくるための組織を結成したというニュースです。
参考:Coindesk

…インドといえば、以前国内の金融機関に対して「仮想通貨事業者と取引したらダメぽよ」という通達がなされていました。

↓インドの取引所が凍結?そのときのニュース↓

私もそのときに取引所を見てみましたが、特に大きな取引所・ゼブペイではインドの法定通貨であるルピーの預け入れをストップしたという表示がなされていました(´・ω・`)

インド中央銀行からの司令を突っぱねて、無視して取引を行っていた取引所もあったようですが…。

そんなインドで、このたびブロックチェーンや仮想通貨の規制について具体的に枠組みを取り決めたり、研究を行うための機関が設立されたとのこと。

これは大きな進歩ですね。

インドはリップル基軸通貨の取引所があることや、多くの人が仮想通貨に関心を寄せていることからも、大きな市場だと言えます。

ぜひとも、きちんとした規制(ルール)の枠組みを取り決めて、多くの人に参入してもらいたいですね♪(^ω^)b

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 仮想通貨ニュース

関連記事