【3分でわかる!仮想通貨用語解説】DoS攻撃・DDoS攻撃・セルフィッシュマイニング・51%攻撃

   

仮想通貨 ビットコイン

こんにちは、Makiです!(*’ω’*)

今回は用語解説!

仮想通貨のリスクのひとつ、ネット上での「攻撃」についてまとめてみます。

コインチェックのハッキング事件はもちろん、取引所や特定のネットワークに対して攻撃が仕掛けられ、そこから私たちユーザーになんらかの影響が伝わってしまうことは日常的にあります。

それを防ぐのが取引所や、トークンを発行する団体、有志の方々です。

ビットコインでよく耳にする「51%攻撃」も含め、今回は仮想通貨(ネット)に関するリスク「攻撃」について見てみましょう!

DoS攻撃・DDoS攻撃

仮想通貨 ブロックチェーン

こちらはDoS(ドス)攻撃と、DDoS(ディードス)攻撃と読みます(・∀・)

DoS攻撃とは、わざとこちらの要求を増やして相手にうまく仕事をさせないようにすることをいいます。

たとえば、わかりやすいのがF5攻撃。

パソコンを使っているときに、ページを再読み込みするためにF5(ファンクションキー)をポチッ押しますよね?

そうすると、見ているサイトなどのページは新しい情報に更新されます♪

こちら(ユーザー)がサーバーに対して「新しい情報くれ~」と要求をしていることで行われます。

パソコン F5

…では、F5キーをゲームのように連打したらどうなるでしょうか?(・ε・)

次々に要求がサーバーに向かい、サーバーはいつしか「ちょちょちょ、待って待って!」とテンパった状態になってしまいます…。

そして、ついに力尽きて「もう無理…」と反応を示さなくなってしまいます。

これがサーバー落ちですね(´・ω・`)

このF5攻撃が含まれるのが、相手に対してわざと大量の要求をつきつけてサービスを邪魔してしまう「DoS攻撃」です。

そしてもうひとつがDDoS攻撃。

こちらは「Distributed Denial of Services Attack」の略で、直訳すると「分散サービス不能(拒否)攻撃」といいます。

DoS攻撃は単独犯、DDoS攻撃は複数犯という違いがあり、仕掛ける攻撃の方法は同じです。

仮想通貨の世界では、DoS攻撃やDDoS攻撃が日常的に行われているといいます…(´・ω・`)

過去にも、実際に取引所に対して攻撃が仕掛けられています。

↓ビットフィネックスでDoS攻撃があった話↓

こわいね。

そういえば、イーサリアムからこそっとフォークした、反DDoS攻撃を実現するという目的があるコインもあります…。

↓フォークコイン・イーサゼロ(EtherZero)が誕生したそうです↓

セルフィッシュマイニング

仮想通貨 モナーコイン mona

2018年5月、国産コインでおなじみの「モナコイン(MONA)」に仕掛けられた攻撃です(´・ω・`)

↓モナコイン(MONA)への攻撃、詳細をまとめています!↓

こちらは「Block Withholding Attack(ブロックウィズホールディングアタック)」もしくは「Selfish Mining(セルフィッシュマイニング)」と呼ばれる攻撃です。

悪意あるマイナーが、マイニングを行ったにもかかわらずそのことを公開せず、どんどんマイニングをしていきます。

ブロックチェーンにはブロックがどんどんできて、長くなっていきます。

このとき、悪いマイナーがブロックを隠している状態なので、周囲はいつも通りマイニングを行っていくため、結果的にチェーンが枝分かれてしている状態となっています。

仮想通貨 ビットコイン ブロックチェーン

…皆さんご存知のとおり、ブロックチェーンというのは「長いものが残る」という法則がございます。

分岐(フォーク)した短いチェーンは、消える運命ということですね。

では。

これを踏まえて…悪いマイナーがブロックを隠したまま、短いチェーンの方で悪さをしたらどうなるでしょう?

さらに、悪さをしたあとで自分が隠していた長いチェーンを公開したら、どうなるでしょう?

短いチェーンが消える=悪さも一緒に消えてしまう」ということです!Σ(゜Д゜)

これが、セルフィッシュマイニングという攻撃です。

短いチェーンで行う悪さですが…たとえば、コインを取引所に送って換金し、出金するとしましょう。

この取引を短いチェーンで行い、すぐ取引所から出金!よし長いチェーンを公開しちゃえ!となると、今の取引がなかったことになります。

でも、実際に取引所を介して換金していることから、取引所では「あれ??取引はしたよね…でも記録がない…でもお金がない!?」とパニック状態に。

このように、ブロックチェーンをわざと隠してタイミングをうかがい、悪いことをしたあとに公開して取引をなかったことにしちゃう!というのが、セルフィッシュマイニングです。

51%攻撃

仮想通貨 ビットコイン

仮想通貨関連の攻撃でもっともよく耳にするのが、こちらの51%攻撃ではないでしょうか。

先ほど、ブロックチェーンは長い方が残る(=正当とみなされる)と言いましたね。

ブロックをつくるためにはマイニングを行うマイナーさんの力が必要となりますが、マイナーは複数のグループに分かれています。

ビットコイン マイニング

というのも、ビットコインのブロックチェーンにおいてブロックをつくる(マイニング)のは「競争」だからです(´・ω・`)

マイニングは、クソがつくほどとんでもないコンピューターのパワーを使って、計算合戦を繰り広げるもの。

個人では到底太刀打ちできないってことですね(´;ω;`)

んで。

たくさんあるマイナーさんたちのグループは、やはり勢力の大きなもの・小さなものがあります。

ここでもし、同じ考えのグループが結託してマイニングを始めたらどうなるでしょう?

あっという間にその勢力はとんでもねーことになります。

ガツガツマイニングしちゃいます。

そして、世界のマイニングの勢力の半分以上、つまり51%(50%以上)を占めてしまうと取引を「支配」している状態となります。

不正な取引が行われたブロックを承認しちゃえ~☆ってことで、ほかのユーザーの送金を邪魔したり、マイニングの報酬をまるっとゲットすることができてしまいます。

こりゃいかんね。

現実的にはなかなか起こりえないことではありますが、可能性は無きにしもあらず…。

特にビットコインの場合は、ASICが利用できるマイナー支持のビッグブロック派と、Segwitあるし今のまんまでいーじゃん派で対立することがしばしばあります。

対立が深まると、今後はまた51%攻撃に関するトラブルが起こる可能性があるかもしれません…。

51%攻撃とセルフィッシュマイニングの違い

モナコイン事件によって知られたセルフィッシュマイニング。
(私もあれで知りました)

が、似ているようで違うふたつの問題について、最後に違いをまとめておきます♪(∩´∀`)∩

マイニングについて
51%攻撃 マイニングをした後、ブロックを公開・非公開にするのはどちらもある。
セルフィッシュマイニング マイニングをした後、ブロックを非公開にして隠す。
マイニング能力について
51%攻撃 世界のマイニング能力のうち51%以上が必要。
セルフィッシュマイニング 世界のマイニング能力の51%未満であっても攻撃が可能。
できること
51%攻撃 セルフィッシュマイニングと同じく、お金を持って逃げられる。
不正な取引を承認し続けることでユーザーの送金を邪魔する。
マイニングをしまくるので、マイニング報酬をがっぽり独り占め。
セルフィッシュマイニング お金を送金したあと、その取引をなかったことにして取引所への損害を出す。

というかんじです(・ω・)

方法や、その攻撃によってできることがちょっと違いますね。

こういった「攻撃」は、今後も仮想通貨が広まっていくにつれてどんどん増えていくことでしょう。

取引所はこれに負けないようなセキュリティ体制を整えることが求められていますし、私たちユーザーもひとりひとりが知識を持っておくことも大切です。

予期しない攻撃の危険にさらされないように「こういうこともあるんだ」と知っておいてくださいね♪( ;∀;)ノ

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 初心者ガイド, 用語解説

関連記事

仮想通貨 ビットコイン
仮想通貨の時価総額を知るのに超便利「コインマーケットキャップ」の使い方を解説!日本語表示もあり!

こんにちは、Makiです!( *´艸`) さ~て今回ですが…仮想通貨投資をするう …

仮想通貨 ビットコイン
【仮想通貨】ビットコインとは?歴史や主要ニュースを総まとめ!今後はどうなる?(随時更新)

こんにちは、Makiです!(^ω^) 当ブログではこれまで仮想通貨に関するいろ~ …

ロックアップ カギ
【3分でわかる!仮想通貨用語】ブロードキャスト・スワップ・スワップポイント・ロックアップ

こんにちは、Makiです!(^ω^) 今回は「用語解説」をしていきま~~~す! …

フォーク
【3分でわかる!仮想通貨用語】UASFとUAHF、Segwit2xについて【BCH分裂】

こんにちは、Makiです!(*’ω’*) 今回は2017 …

0xProject ゼロエックスプロジェクト ZRX
仮想通貨「0xProject(ゼロエックス)」の特徴や将来性を解説!ZRXを購入できる取引所は?ERC20トークンの交換ができるPJ

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ 今回は~…気になるアルトコインシリーズ …