【金融庁】仮想通貨交換業者の検査、中間報告まとめ!ずさんな管理態勢が露呈…今後への期待【激おこ】

   

仮想通貨 ビットコイン

こんにちは、Makiです!(*´ω`*)

昨日は、息子たちの小学校のお祭りに行ってきました~♪

女の子たちは浴衣がひらひらかわいらしかったのですが、ウチの子たちはんま~~校庭を走り回り、お祭りどころじゃなかったw

母ちゃんはひとりでビールを飲んでました…(売ってたw)

学校のお祭りって安いしラクだし、良心的で助かる(∩´∀`)∩w

リフレッシュしたところで、今回は「金融庁」関連のニュースについて考察を交えながら、まとめていきたいと思います。

金融庁発表の中間報告、絶句モノ

ビル 空

8月10日に金融庁から発表されたのが「仮想通貨交換業者等の検査・モニタリング 中間とりまとめ」という資料。
仮想通貨交換業者等の検査・モニタリング 中間とりまとめについて

これまで金融庁が日本国内の仮想通貨交換業者(取引所など)に対して検査を行ってきましたが、それについての中間報告ということですね。

検査やモニタリングを行ってきて、これまでにどんな実態がわかったか、どんな結果が得られたか…というまとめです。

さて…。

はじめに言っておきますが、今回の金融庁の発表はかなりの「激おこ」です。

報告その1・内部管理体制がクソ

報告書の内容としては、仮想通貨交換業者の総資産や顧客からの預かり資産の割合、各業者でどのような目線でサービスを展開してきたのか…ということからスタート。

その中でまずしょっぱなから厳しい報告が行われています…(´・ω・`)

まず、内部管理態勢について。

コインチェックのハッキング事件があったときもそうですが、これまで金融庁から各取引所・業者に対して「業務改善命令」や「業務停止命令」が発表されたときに、特に強く言われていた内容です。

要は「莫大な資産を預かってやるんだから、もっとしっかり管理せーや」ってことです。

その姿勢、内部管理態勢の整備が追い付いていないというのが、今の日本の仮想通貨交換業者の実態でした。

ビジネス部門
  • 取り扱う仮想通貨(暗号資産)のリスク評価をしていない
  • 自社が発行する暗号資産(仮想通貨)の不適切な販売
  • 内部管理態勢の整備が追い付かない中、積極的な広告宣伝を継続
リスク管理・コンプライアンス部門
  • 法令等のミニマムスタンダードにも達していない内部管理
  • マネロン、テロ資金供与対策、分別管理ができていない
  • 内部牽制(けんせい)が機能していない
  • セキュリティ人材が不足している
  • 利用者保護が図られていない
  • 外部委託先の管理ができていない
内部監査
  • 内部監査が実施されていない
  • 内部監査計画を策定しているが、リスク評価に基づくものとなっていない

………www(ノ∀`)アチャー

いやもうこれは…絶句ですわ。

堅苦しい言葉を選ぶ日本の金融庁が、これほどまでに各交換業者をボロクソに言うとは思いませんでした。

というわけで、次から3つの部門に分けて解説をしていきます。

報告その2・ビジネス部門について

まず、ビジネス部門について。

ビジネス部門
  • 取り扱う仮想通貨(暗号資産)のリスク評価をしていない
  • 自社が発行する暗号資産(仮想通貨)の不適切な販売
  • 内部管理態勢の整備が追い付かない中、積極的な広告宣伝を継続

こちらの内容です。

自社が発行するトークンの不適切な販売というのは、COMSA(コムサ)のような国内ICOを行ったときに販売したトークンでしょうかね。

COMSA

不適切な販売」とバッサリ言っていますが、COMSAはあれだけ多くの注目を集め、100億を超える莫大な資金が集まったプロジェクトでした。

↓COMSA、トークンセールで100億円突破↓

にもかかわらず、現在COMSAはコレといったプロジェクトもなく、COMSAを取り扱うZaif(テックビューロ)では時計(?????)を売っています。

これにはCOMSAに期待をして投資した人たちから非難ごうごう(´・ω・`)

集まった資金の使い道は?今後プロジェクトは?という不安があがっています。

また、コインチェックをはじめ「広告宣伝」が多く行われたことで、内部の管理が追い付いていないにもかかわらず、新たにユーザーを増やそうとしていたことも指摘。

セキュリティにまで手が回らない状況に陥ったことも、あのハッキング事件が起こってしまった原因ではないでしょうか。

↓コインチェックのハッキング、一連のまとめ↓

報告その3・リスク管理やコンプライアンス部門について

リスク管理・コンプライアンス部門
  • 法令等のミニマムスタンダードにも達していない内部管理
  • マネロン、テロ資金供与対策、分別管理ができていない
  • 内部牽制(けんせい)が機能していない
  • セキュリティ人材が不足している
  • 利用者保護が図られていない
  • 外部委託先の管理ができていない

マネーロンダリングについては、これまでも何度も何度も金融庁のみならず、世界の機関が口を酸っぱくして言ってきたことですよね(´・ω・`)

前回、ビットフライヤーに対して業務改善命令が出されたときも、この問題によって厳しく追及されていました。

そして…絶句したのが「法令等のミニマムスタンダードにも達していない内部管理」。

もうボロクソですやんマジでwwww

「法令くらい守れやマジで」って激おこですよ。

こりゃー社内コンプライアンスとか以前の問題です。

分別管理(企業側と顧客の預かり資産)もできていない、コインチェックのハッキングの際にも言われていたセキュリティに対する人材不足、苦情対応をはじめとする利用者保護ができていない…

また、仮想通貨のリスクを踏まえたアドバイスを行うために必要な専門性や、その能力を有する要因が確保されていない状況とも。

とにかく、いち会社・いち業者として利用するユーザーを何だと思ってるんや!という内容でした。

報告その4・内部監査について

内部監査
  • 内部監査が実施されていない
  • 内部監査計画を策定しているが、リスク評価に基づくものとなっていない

内部監査が実施されていないって、どういうことだ…w

また、内部監査を行うことを考えているにもかかわらず、具体的にリスク評価を行うものではなくテキトーな計画だったということです…。

要は「形だけ」の内部監査を行ったり、内部監査の目的を考えていないことになります…。

これでは何かあったときにも見逃してしまって当然です…

報告その5・業者側の役不足と市場操作、不信感

仮想通貨 ビットコイン

報告の中であったのがコチラ。

報告の中であった内容
  • 特定の利用者との間で複数回にわたり多額取引を行っているにもかかわらず、法令上求められる取引時確認を行っていないほか、疑わしい届出の判断も行っていない。
  • 利用者財産を管理する銀行口座の資金を、一時的に他の目的のために流用している。

なにィ(゜Д゜;)

多額取引を行う際には、悪い意味で組織的な取引が行われていないかチェックするため、マネーロンダリング対策として確認を行うことが義務付けられています。

しかし、これを行わずスルーしていたようす。

さらに、顧客から預かっているはずの資産を業者側がほかの目的で使っているなんて…

絶句も絶句です。

まとめ・いちユーザーとして思うこと

コイン ポイント まとめ

ということで。

ひでえ。

金融庁の中間報告ということですが、今回は思った以上にひどい有様だったようです。

かなり強い口調での報告内容となっていることからもわかるように、ユーザーが声をあげて良い問題だと思います。

私たち日本人は、日本に居住する限り日本の法律を守らなければなりません。

つまり、現在法律によって定められているように、私たちは金融庁に認可されている日本の仮想通貨取引所を利用するようにとされています。
(海外取引所の利用はOKだけど、自己責任です。)

国会でも先日「仮想通貨を産業として…」という提案があったばかりですが、仮想通貨(ブロックチェーン)の将来性を見据えるのであれば、やはりその受け皿となる日本の取引所を是正していくべきでしょう。

仮想通貨 ブロックチェーン

業務改善命令の連発だった時点でおぉ…と思っていましたが、それでも今後その改善命令を受けたことによって、よりユーザーが利用しやすい・リスクの低い取引ができるようになると思っていました。

ただ!今回のこの内容は遺憾、憤怒でございます。

仮想通貨に関する取引の方法や知識を正しく得るためにも、そしてユーザーの仮想通貨に関する取り扱いリスクを限りなく下げるためにも、業者側には一刻も早く指摘された内容を改善してほしいものです。

コインチェック

また、マネックスに買収された新・コインチェックの復活が望まれますが、こちらもどのように業務改善に取り組み、これから新しい一歩を踏み出すのか…

日本の取引所は、思った以上にボロボロでした。

いち主婦がうるさく厳しいことを言いますが、期待しているからこそ私と同じように感じた方も多いかと思います。

投機勢は海外の取引所でレバかけてFXして~~となるかもしれませんが、SBIバーチャルカレンシーズが71歳以上のユーザーの受付を開始したこと、仮想通貨関連の詐欺が増えていることなどを含めて、早急に改善をすべきです。

ただでさえ日本が置いていかれているのに!という状況で、仮想通貨をポジティブに広めていく役目を持っているはずの取引所がこんなんでどうするんですか!!

現在のずさんな管理態勢をしている取引所が淘汰されて「中身」でキチンと勝負してくれる取引所が残るよう、いちユーザーとして切に祈っています…!

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 仮想通貨ニュース

関連記事