仮想通貨「PCHAIN(ピーチェーン)」の特徴や将来性を解説!PAIを購入できる取引所は?クロスチェーン取引・DAppsとの連携って?

   

仮想通貨 pchain ピーチェーン PAI

こんにちは、Makiです!(*´Д`)

今回は気になるアルトコインシリーズ、です!!!

ICO DROPSで見つけた評価のクソ高いプロジェクト「PCHAIN(ピーチェーン)」でございます。

VERY HIGHの評価はレアです♪

どんな特徴があるのか、何がそんなに評価されているのか、まとめてみましたのでどうぞっ♪(∩´∀`)∩

PCHAINの基本情報とスペックについて☆

仮想通貨 pchain ピーチェーン PAI

PCHAIN(ピーチェーン)
通貨 PAI
最大供給量 21億枚
サイト 公式サイトはこちら
Twitter 公式Twitterはこちら

日本では「PAI」って調べると違うプロジェクト?が出てくるようですが…

今回ご紹介しますのはPCHAIN(ピーチェーン)です!!(・∀・)

PCHAINは、EVMをサポートするためのプロジェクトです♪

EVM…?

これは「イーサリアム仮想マシン(Etherum Virtual Machine)」のことを指します。

※イーサリアム仮想マシン(Etherum Virtual Machine)って?
イーサリアム仮想マシンというのは、私たちがいつも使っているパソコンのようなマシンのことではなくて、コンピューターの中でいろいろな動作をさせるソフトのことをいいます。
イーサリアムのトランザクション(取引)がつくられ、それを実際に実行するために必要となるマシン(ソフト)のことをイーサリアム仮想マシン(EVM)といいます。

つまり、EVMはイーサリアムの要ともいえます。

世界で初めて、イーサリアム仮想マシンをサポートするプロジェクト…それが、PCHAINです。

んでは、もっと詳しい仕組みを見てみましょう!

特徴その1・シャーディング

プロダクト まとめ

イーサリアムといえば、皆さんご存知のとおり「スマートコントラクト(契約)」が代名詞となっていますよね。

ビットコインのように取引のデータを記録できるだけでなく、一度実行すると変えられない契約機能をプラスすることができるのが、イーサリアム。

PCHAINは、本線であるメインチェーンに加えてたくさんの複線となる派生チェーンで構成される、EVMをサポートするシステムです。

世界中で利用されているイーサリアムは、たくさんのデータを処理しなくてはなりませんが、通常では送金詰まりが起こってしまいます(´・ω・`)

これを解決すべく利用されるのが「分散」という意味をもつ「シャーディング」という技術です♪

シャーディングは、取引をスムーズにするために処理できる部屋(層)をいくつもつくることで、より効率的にトランザクション(取引)を処理することができます。

このトランザクション(取引)のコンセンサスアルゴリズム(取引の承認方法)は「PoS(Proof of Stake)」といって、トークンをたくさん持っている人ほど承認の権限が与えられる…という仕組みです。

PoSはPoWに比べてマイニングにかかる時間を短くし、作業の効率をアップさせることができます♪

技術的なことで難しいのですが、シャーディング技術によってイーサリアムの処理能力を上げ、EVM(イーサリアム仮想マシン)をサポートすることでより効率良く取引の処理ができるよってことです♪

特徴その2・スケーラビリティ問題と手数料問題を解決

仮想通貨 ブロックチェーン

イーサリアムを土台としてさまざまなトークンが生み出されている今、世界中のたくさんの人がイーサリアムを利用しています。

そのため、どれだけせっせとブロックを作る作業(取引の処理)をしていても、なかなか取引が行われる件数に追い付かない…処理ができない=送金詰まりの状態になってしまうことがあります…(´;ω;`)

取引をスムーズに終わらせるためには、優先的に作業を進めてもらうべく「ガス」と呼ばれる手数料を多く支払う必要があるなど、費用はかかるわ遅延が起こるわで、通常の銀行送金に比べてどんなメリットがあるねん状態となっていました…。

そこで!

PCHAINさんの登場です。

先ほどもお話ししましたが、シャーディングによって効率良く取引の処理を進めることができるのがPCHAIN

なので、必要以上にガス(手数料)が高騰するおそれもありませんし、取引はスムーズ♪

スケーラビリティ問題も、ありがちな手数料の高騰問題も回避できるというのが、PCHAINなんです(^ω^)b

特徴その3・マルチチェーンシステム

分散型アプリケーション、通常DAppsがとても増えていますよね。

※分散型アプリケーション(DApps)って?
特定の管理者がいないアプリケーションのこと。

ゲームが主ですが、そのほかにもさまざまな用途のアプリが開発されています♪

PCHAINはイーサリアムをサポートするだけでなく、「マルチチェーンシステム」として動作をすることもできます。

各DAppsのために独立したサイドチェーンをつくり、それぞれのサイドチェーンを相互作用させることで、違う仮想通貨・違うデータの橋渡しを行います(^ω^)ノ

あっちのアプリでは●●トークンが使える、でもこっちのアプリでは▽▽トークンが使える…

いちいち取引所に送りあって交換(取引)すんの、クソ面倒くさい!!!(゜Д゜)ムキー

そんなときにPCHAINのマルチチェーンシステムを利用すれば、ほかの仮想通貨同士の換金や、取引データのやり取りをすることができます。

サイドチェーンにて取引を行い、最終的にPCHAINの本線であるメインチェーンに記録をカキカキ。

ちゃんと記録も残るし、各サイドチェーンに取引の承認・処理を任せるから、なかなか送金できない…(´・ω・`)というトラブルの心配もありません♪

ほかのDAppsと互換性があることや、取引所をいちいち介さなくてもデータや取引の共有ができるというのは、大きな魅力ですね!

特徴その4・クロスチェーン

仮想通貨 イーサリアム etherium ETH

PCHAINはイーサリアムをベースにしたプロジェクト。

なので、イーサリアムでおなじみの「スマートコントラクト(契約)」機能を利用できます。

PCHAINの場合、PCHAINネットワークが提供する付属のツールキットを利用して、ほかのトークンにアクセスすることができます。

現在、このツールキットがサポートしているのはERC20トークンとビットコインキャッシュ(BCH)です♪

※ERC20って?
イーサリアムをベースにして作られたトークンの仲間のこと。
ほかにも種類によってたくさんのERC●●(数字)があります。
ERC20はもっともポピュラーなイーサリアム系トークンです。

クロスチェーンというのは、異なるブロックチェーンをつなぐことをいいます。

イーサリアムはイーサリアムのブロックチェーンが、ビットコインにはビットコインのブロックチェーンがそれぞれありますよね。

これらの違うブロックチェーンは、それぞれ分岐(フォーク)することがあっても決して交わることはありません。

だから、まったく違うトークンが使われているため、これらを交換しようとするといちいち対応している取引所に送って、交換して、手数料をとられて、またウォレットなどに送金して…と面倒なのです(´・ω・`)w

クロスチェーン技術というのは、このように違うブロックチェーン上にあるトークンを、取引所を介さなくても交換できちゃうよ~っていう技術です!(゜∀゜)

今回のPCHAINでサポートされているのはERC20トークンとBCHということですから、たとえばビットコインキャッシュ(BCH)とオーガー(REP)を交換したいな…と思ったら、いちいち取引所を利用しなくてもPCHAIN上で交換OK!ということなんです。クソ便利。

特徴その5・スマートデータ

PCHAINネットワークでは、RDF(リソース・ディスクリプション・フレームワーク)を、特殊なデータの倉庫(ブロックチェーンナレッジベース)に書き込んで「スマートデータ」を作ることができます。

※RDF(リソース・ディスクリプション・フレームワーク)
ウェブ上にあるデータを書き込むための枠組みのこと。
※ナレッジベース(Knowledge base)
知識ベース、KBと略されることがあります。
コンピューター上に知識を集合させ・知識の検索ができ・整理ができる倉庫のようなものです。

スマートデータを作ることで、精度の高い貴重なデータをつくり、PCHAINネットワークのさまざまなスマートコントラクト(契約)や、ほかのクロスチェーンの要望に応じてデータを提供するなど、幅広く活用できます☆

また、スマートデータはブロックチェーン×人工知能(AI)を組み合わせたもので、さらにブロックチェーンと外部にあるビッグデータ(とんでもねー膨大なデータ・資料)と組み合わせが簡単にできるよう、橋渡しをしてくれます。

たとえば、市場予測やソーシャルネットワーキングサービスなど、幅広いアプリケーションの開発にもむちゃくちゃ役立つデータとして活用できるってことです♪(^ω^)

特徴その6・トークン「PAI」について

仮想通貨 pchain ピーチェーン PAI

PCHAINネットワークでは、生成されたブロックについて検証をするためにトークンである「PAI」が使われます。

ブロックが作られると、そのコンセンサス(取引の承認)に参加しているすべてのノード(みんなのこと)に対して、インセンティブ(報酬)が与えられます♪(*’ω’*)ノ

ユーザーがスマートコントラクト(契約)を利用すると、そのユーザーが支払う必要があるPAIを計算するためのコマンドを呼び出し、計算に必要な統計が自動で作成されます。

手数料としての支払いはもちろん、ブロック生成時のインセンティブ(報酬)にもPAIトークンが使われるってことですね♪(∩´∀`)∩

PChainを取り扱う取引所は??

日本の取引所で取り扱いがないのは当然(!)なのですが、海外の主要な取引所でも取り扱いがまだありません…(´・ω・`)

たとえば、日本人で多く利用しているのは「バイナンス(Binance)」や「Huobi(フオビ)」などだと思います。

bibox

PCHAINはBibox(ビボックス)という中国の取引所で、もっとも多く取引されていますよん。

まとめ

まとめ 自然

PCHAINの将来性について気になるかと思いますが、ロードマップ(今後の予定)をチェックしてみると…

「メインネットの立ち上げは2019年3月ごろ」

…来年???(´・ω・`)w

ちょっと…先が長いですよね。

なので、いくら需要があるとは言ってもかなり忍耐強くホルダーとして待ち続ける必要があるということです。

その間に似たようなプロジェクトや競合があらわれないという保証もありませんし、いかにPCHAINというプロジェクトを信じるかにかかっているかと思います。

とはいえ、やはり評価も高く長期的な投資案件として見ておくのはかなり良いと思います♪

DAppsとの連携、クロスチェーン取引が可能で、現在はものっすごい種類のERC20トークンとビットコインキャッシュ(BCH)とを交換できるなど、かなり魅力的ですよね。

今後開発がどのように進んでいくか、じっくり見守っていきたいプロジェクトだと思います!(^ω^)ノ

画像参照:Pchain公式Twitter

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - アルトコイン, ピーチェーン(PAI)

関連記事

仮想通貨 mainframe メインフレーム MFT
仮想通貨「Mainframe(メインフレーム)」の特徴や将来性を解説!MFTを購入できる取引所は?

こんにちは、Makiです!(*´ω`*) さ~て、気になるアルトコインシリーズい …

仮想通貨 Libra Credit ライブラクレディット LBA
仮想通貨「Libra Cradit(LBA)」の特徴や将来性を解説!LBAを購入できる取引所は?バイナンスと提携?

こんにちは、Makiです!(^ω^)ノ さ~さ~気になるアルトコインシリーズです …

0xProject ゼロエックスプロジェクト ZRX
仮想通貨「0xProject(ゼロエックス)」の特徴や将来性を解説!ZRXを購入できる取引所は?ERC20トークンの交換ができるPJ

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ 今回は~…気になるアルトコインシリーズ …

仮想通貨 イーサリアム ETH マイイーサウォレット
マイイーサウォレットの作り方~使い方まで徹底解説!ログイン・送金方法・トークンの追加方法など画像付きで解説

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ 今回はですね~… 仮想通貨をちょこちょ …

仮想通貨 Raiden Network ライデンネットワーク RDN
仮想通貨「Raiden Network(ライデンネットワーク)」の特徴や将来性を解説!RDNが購入できる取引所は?

こんにちは、Makiです!(^ω^) 気になるアルトコインシリーズ…今回は!! …