Binance・XVG(バージ)・仮想通貨少女…災害寄付続々!GMO、サッカー選手にBTC付与&金融庁長官、交代

   

仮想通貨 ビットコイン

こんにちは、Makiです!(^ω^)

広島は…んまァ~~~~暑いです。

子どもたちが汗びっしょりになって帰ってきますし、初めてセミの声を聴きました…梅雨も明けたし、本格的な夏ですね。

んで、冷蔵庫に野菜がなかったもので昨日は買い物に行ってきました。

う~ん…やっぱりスーパーの棚にはチラホラとしか野菜が並んでいませんでした、パンなんてほぼ全滅。

肉類はまだたくさんあったので、冷凍のカット野菜をとりあえず買って帰宅しました…(´・ω・`)

子どもたちを食べさせんといけませんからね…(´・ω・`)

ちなみに、小学校の給食もメニューが変更になるそうです。。。

新幹線はすでに動いていますが、鉄道もしくは高速道路が復旧しないことには物資があっても運べませんから、ライフライン含めて早く復旧できるよう祈っています…!

さて、ちょっとあいちゃったけどニュースをまとめていこうと思います!

バイナンス、西日本の災害に仮想通貨で寄付を募る

バイナンス binance

CZ………(´;ω;`)

いやもうホントにビックリした、このツイート見たとき。

今回の西日本の犠牲者に対して、バイナンス(Binance)ではBNB(バイナンストークン)、BTC(ビットコイン)、またはJPY(日本円)で、100万ドル相当の寄付金を募ります。

仮想通貨のみんなで協力して、友人たちを助けるように頼みます。

とのこと。

思わず「うっそん!」って声が出たよw

寄付についてはコチラ。

寄付について
  • 匿名での寄付
    バイナンスの寄付用アドレスに、イーサ(ETH)またはERC20トークンをそのまま送ります。
  • 通常の寄付
    まず、バイナンスに寄付する金額や名前、自身のアドレスなどをメールで送ります。
    次に、バイナンスの寄付用アドレスにETHまたはERC20トークンを送ります。
寄付用アドレス
0xA73d9021f67931563fDfe3E8f66261086319a1FC
※ERC20トークンって?
イーサリアム(ETH)をベースにして作られたトークンの仲間。
ほかにも種類としてはERC223やERC721といった規格があります。

…何が驚いたってぇ、バイナンスといえば日本の金融庁から以前「警告」を受けているんですよね。

↓3月・バイナンスが警告を受けたニュースまとめ↓

そのときにも、取引所として一大事であっただろうに「大丈夫、こういうニュースは長期的に見ればプラスになるよ」とユーザーに向けてツイートしています。

昨年設立されたばかりにも関わらずバイナンスが取引量世界一となったのは、こういった姿勢が評価され、支持されているからなんですよね…!

ありがとう、CZ!(´;ω;`)

匿名通貨・Verge(バージ)も寄付を呼びかけ!

仮想通貨 verge xvg バージ

もうひとつ…

「匿名通貨」として知られるバージ(XVG)も同様に、日本チームが寄付を呼び掛けています…!(´;ω;`)

こちらも、バイナンス経由でXVG(バージ)もしくはBTC(ビットコイン)にて寄付を行うとのこと…。

こうして迅速に対応にあたってくださること、本当に嬉しく思います…!!

アイドルグループ「仮想通貨少女」も寄付を募る

さらにさらに…なんとあの仮想通貨少女も!(゜Д゜)

仮想通貨少女とは、仮想通貨のことを各自勉強しまくっている努力の人たちによるアイドルグループである!

精力的にライブ活動をしながら、仮想通貨の普及に努めています。

楽曲の中にも仮想通貨・ブロックチェーンに関する用語がてんこ盛りで、なんともユニーク。
(某上京ノマド少年が熱狂的なファンで知られています)

今回の募金で受け付ける銘柄はコチラ。

・ビットコイン(BTC)
・ビットコインキャッシュBCH)
・イーサリアム(ETH)
・ネム(XEM)

いやもうほんと、みんな温かすぎでしょう…。

2018年7月31日(火)24時まで受け付けているそうなので、ぜひチェックしてみてくださいね☆

GMOコイン、サッカー選手にBTC付与♪

GMOコイン 取引所

日本の取引所「GMOコイン」。いつもお世話になっとります。

以前、プロサッカークラブ・FC琉球とのクラブパートナー契約を結んだというニュースがありましたね(・ω・)

↓そのときのニュース↓

クラブパートナー契約を結んだことで、GMOコインがビットコインを「協賛金」という形で支払うという、これまでになかった試みが話題となりました。

そして今回!

このたびイベントのスポンサーとして協賛したGMOコインは、先制ゴールを決めたFC琉球の選手に対して「MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)」を獲得したため、1BTCを賞金として付与しました☆

また、FC琉球がJ2に昇格した場合には、GMOコインからボーナスとして10BTCが贈られるそう…!(゜Д゜)
参考:GMOコイン様より

仮想通貨への知識がない方は10BTCって…いくら?(・∀・)というふうに、どれくらいの価値があるかなかなか理解できないと思います。

しかし、こうして少しずつ仮想通貨について触れる機会が多くなれば、じょじょに理解度も深まっていくはずです。

一見関係なさそうに見える、サッカー×仮想通貨。

海外のサッカー選手やバスケットボール選手はすでに仮想通貨で報酬をもらっている人がいることもあり、日本でもGMOコインを筆頭にスポーツ界にうまく浸透していくといいなぁと思います♪

金融庁長官が交代、今後どうなる…?

ビル 空

先日、金融庁の長官が辞任したという報道がありました。

そうなんや~~ふんふんと見ていたんですが、今日のニュースでこの件に関する報道が。

“麻生太郎金融相は10日、金融庁の森信親長官(1980年旧大蔵省入省=以下同じ)が退任し、後任に遠藤俊英監督局長(82年)を起用する人事を発表した。投資家や利用者の目線を重視した業務運営や持続可能な事業モデルの構築など明確なビジョンを掲げた森氏の金融改革。仮想通貨などは膨張を続け地域金融の再生も道半ば。遠藤氏の改革実行力が試される。”

引用:金融庁長官に遠藤氏 試される改革実行力|日本経済新聞様より

ということで…。

森長官から、遠藤長官へと変わる金融庁の体制。

後任となった遠藤氏ですが、記事によると…

“遠藤氏は「金融庁がどう考えるかではなく、金融機関が判断して行動し、結果に責任を持つべきだ」というのが持論だ。”

となっています。

金融庁は銀行をはじめ日本国内の経済に関する事業をあつかうところです。

仮想通貨取引所(仮想通貨交換事業者)に対して行政処分を下すのも、登録をOKするのも却下するのも、ここです。

なので、言わずもがな仮想通貨との関係はかなり大きいものです。

先日も金融庁からビットフライヤーをはじめとする取引所6社に対して、業務改善命令が下されましたよね(´・ω・`)

↓業務改善命令についてまとめ↓

7月23日がその改善計画の提出期限となっています…あっという間ですね。

現在ビットフライヤーは新規登録を中止して、業務の改善にあたっているようす。

金融庁が今後これら6社に対してどのような判断を下すか、そして今後参入してくると言われているたくさんの業者に対して、いったいどのような対応をしていくのか…。

新体制になって何かが大きく変わることはないと思いますが、日本の仮想通貨界のためにも柔軟な対応をしてほしいと願います…!

世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上!

手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)
初心者の方がはじめに登録しておきたい取引所
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
CMでもお馴染みの「bitFlyer(ビットフライヤー)」は取引量・ユーザー数・資本金、第1位!

登録はもちろん無料、操作もカンタンなので初心者の方にもおすすめ
全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中

セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)

 - 仮想通貨ニュース