ビットコイン下落の要因は?韓国取引所・コイン流出で心理的な不安…病院で仮想通貨決済が可能に!?

   

仮想通貨 ビットコイン

こんにちは、Makiです!(^ω^)

ゆうべはカラオケからツイキャスをしました、聞きに来てくださった皆さんありがとうございました!

某教団員の方も複数いらっしゃり、終始飲みながらげらげら笑いながらうるさいキャスでしたww

とっても楽しかったです、ありがとうございました!m(_ _)m

さーて!

そんなこんなでビットコインさんは昨日とんでもないフリーフォールを見せてくださいました。

ツイキャスでも一瞬触れたんですけど、すぐに仮想通貨の話題は終わりました。だって特にチャートも見てなかったんだもん。w

ん~70万円台前半にまで価格が落ち込んでしまいましたが、Twitterでも今後についてさまざまな意見が飛び交っています…。

んでは、今日のニュースでっす☆

SBI・VCTRADEにてBCH取り扱いスタート☆

SBIバーチャルカレンシーズ

今日6月11日から、SBIバーチャルカレンシーズの取引所「VCTRADE」にて、ビットコインキャッシュ(BCH)の取り扱いが開始です!

↓ビットコインキャッシュ取り扱いのニュース↓

ちなみに…スプレッドはこんな感じ。

SBIVC
(※2018年6月11日16時時点)

同じタイミングでビットフライヤーのスプレッドを比較すると、こう。

SBIVC

SBIの方が若干価格差が少なくなっています。

その後、ビットコイン(BTC)の取り扱いもスタートする予定だそうなので(いつかは未定)、気長に待ちましょう…。
(まだSBI使っていないケド)

ビットコインの急落、不安ニュースの連続

仮想通貨 ビットコイン 暴落

さて、このたびのビットコインの急落について。

インターネット上の仮想通貨ビットコインが日本時間11日未明の取引で急落した。3時すぎにシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の先物が一時1000ドルも下げ、現物のドル建ての価格はわずか1時間で600ドルも安くなり、6600ドル前後と4月7日以来の水準を付けた。ビットコイン先物の価格操作に関する疑惑が浮上し、先物と現物ともに売りがかさんだ。

引用:ビットコイン急落、先物一時1000ドル安 「価格操作」の指摘を嫌気|日本経済新聞様より

アメリカのシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)では、ビットコイン先物が一時1000ドルも下げてしまい、さらに現物はドル建てで600ドルも下落。

たった1時間の間にです…(´・ω・`;)

いやいやコレおかしいだろってことで、ビットコイン先物に対して価格操作が行われたのでは?という疑惑もあがっています。

CMEgroup

実は6月8日に、アメリカでは複数の取引所に対して「おまえら価格操作しとらんのかゴルァ(゜Д゜)」ってことで、取引のデータを出さんかいと求めたそう。

万が一この操作で何らかのマイナスポイントが出てきてしまった場合、市場の下落・不安につながることは避けられないでしょう…(´・ω・`)

という不安から、CMEではビットコイン先物の売りが強くなったようです。

そして、この先物の売りにつられてパニックになっちまったのが、日本です…_(┐「ε:)_チーン

今日11日に入ってからこの出来高&超急落ということで、ビットコインが売られまくっていることがわかります。

SBIVC

朝Twitterを見てみると、この急落にやられちまったという人も多数いらっしゃったようで…(´;ω;`)

私はトレーダーじゃないんでまったくわからないんですけど、以前から下げていく流れとおっしゃっていた方も多くいらっしゃいました。

84~85万円から、わずか1日で10万円以上もの下落を見せたビットコイン。

今後、アメリカでの取引所に対する調べから、マイナスニュースが出てこなければいいのですが…(´・ω・`)

韓国でハッキングがあった…?

韓国 仮想通貨 ビットコイン

もうひとつ。

韓国取引所・コインレイルにて、6月10日未明に仮想通貨の流出(ハッキング?)が発覚しました。

SBIVC

・NPXS
・ATX
・NPER

(どれも知らん)

この3種類の通貨の流出がわかり、すでにサービスの停止や、流出していないほかのコインをコールドウォレットに移動して安全を確保したとのことです。

被害額はまだ確認中ということですが、アナウンスを含め迅速な対応を行っているようです(´・ω・`)やーねー

そして額はそこまで大きなものではないという報道もありますが、多くの投資家の耳に入っているこちらのニュース、日本でもコインチェックの事件があった際にはかなり大きな影響を与えたことから、多少なりともこの事件が後々心理的に響いてくるのではないでしょうか…?

ビットフライヤーに関するFUD…!?

bitflyer ビットフライヤー

仮想通貨界隈でbitFlyer(ビットフライヤー)業務停止命令を受けるといったツイートをチラホラ見かけました( ゚Д゚)

コレが事実であれば、ビットコインの価格に悪影響を及ぼしかねないマイナスニュースとなりそうでしたが…

bitFlyer(ビットフライヤー)のTwitter公式アカウントから正式にアナウンスがありました。

価格が下落している時は特にこういったFUDが多くなる気がしますね…(; ・`д・´)

振り回されないように注意ですね…。

病院で仮想通貨決済が…!?

仮想通貨 ビットコイン ウォレット 鍵

さて!

明るい話題もひとつ☆

病院に行ったとき、待ち時間が長かったり、初診のときにはカルテをつくるために問診表にアレコレ記入する必要がありますよね。

うん、めんどう!!(;∀;)w

それを解決してくれるというのが、医療予約技術研究所が開発したという「ポケットクリニック」です!

“医療予約技術研究所は6月7日、医院向けのアプリ開発サービス「ポケットクリニック」を6月6日に提供開始したと発表した。”

“同社は、医療機関向け予約管理システム「メディカル革命」などを提供しているが、それらを提供する中で、「スマホサイトを開かなくても、患者が診察予約できるようにしたい」「医療費の支払いが、医院、患者、両者にとって煩雑」「アプリだけを単独で作っても、予約受付業務との連携が弱い」といった課題が挙がっており、これら課題を解決するためには、同社が主力とする予約管理システムと連携する専用のアプリの提供が効果的であると考えたという。”

引用:CNET Japan様より

…これは私たちエンドユーザーではなく、医院向けのアプリ開発サービス

病院がそれぞれ順番待ちのストレスをなくす予約サービスを行っていることも多いのですが、いかんせんサービスが統一されていないため、患者さんが複数の病院の予約システムを利用するために、違うサービスにいちいち登録しないといけない…ということも。

めんどくっせ!!(´;ω;`)

それを解決しようというのが、このポケットクリニックです。

病院の一般的な診察において、特に時間がかかるのは受付業務。

問診・待ち時間・受付業務・予約・決済…大変そうですよね(´;ω;`)

ポケットクリニックは、このサービスを利用することによって予約受付や初診時に行う問診、さらに支払いまでをすべて利用できる…というもの。

私たちユーザーにとってのメリットとしては、スマホからサクッと来院予約ができたり、問診表を事前に入力できたり、支払いもスマホでOKになります♪

医院側のメリットとしては、やはり受付業務が大幅に減るということ♪

仮想通貨 ビットコイン

そして注目なのが、ポケットクリニックが今後サービスの追加の中に「決済方法の拡充」を挙げているのですが、ここに「電子マネーや仮想通貨への対応」を構想しているとのこと!

多くのクリニックがこのサービスを利用し、ポケットクリニックの機能がどんどん追加されて仮想通貨支払いが利用できるようになれば、仮想通貨の認知度もさらに高まっていくのではないでしょうか?(*´ω`*)

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 仮想通貨ニュース

関連記事