仮想通貨「Loom Network(ルームネットワーク)」の特徴と今後の将来性を解説!購入できる取引所は?DAppsに特化したサイドチェーンPJ

   

仮想通貨 loomnetwork ルームネットワーク

こんにちは、Makiです!(^ω^)

何気にご好評いただいております、アルトコインまとめシリーズ。

今回は「Loom Network(ルームネットワーク)」についてご紹介します♪

ここんとこよく見かけるのが「DApps(ディーアップス)」ですね。
※読み方については、「ダップス」と「ディーアップ(ス)」説がありますが、散々悩んだあげく私はディーアップスで統一していこうと思います。

ディーアップスって?
ブロックチェーンを舞台として、そのうえで動く分散型アプリケーションのこと

分散型アプリケーションってのは、要はそのアプリをコントロールする管理者がいないことをいいます(*´Д`)ノ

今回ご紹介しますLoom Networkは、このDAppsに大きくかかわっている仮想通貨です♪

んでは、どんな特徴があるのか見ていきましょう( *´艸`)

Loom Network(ルームネットワーク)の基本情報について

では、まずはLoom Networkの基本情報から☆

仮想通貨 loomnetwork ルームネットワーク

Loom Network(ルームネットワーク)
通貨 LOOM
最大供給量 10億枚
サイト 公式サイトはこちら
Twitter 公式Twitterはこちら

Loom Network(ルームネットワーク)というプロジェクトですが…

“大規模なオンラインゲームやソーシャルアプリ向けの次世代ブロックチェーンプラットフォーム”

(Google先生訳)

…と公式サイトにデカデカと書かれていますが、なんのこっちゃでしょうか。

先ほどチラッと触れましたが、Loom NetworkはDAppsに関連するプロジェクトです。

オンラインゲームとか、SNSをベースにしたアプリがありますよね、これらの「スケーラビリティ問題」を解決すべく始まったプロジェクトになっています♪

イーサリアム(ETH)のブロックチェーン(メインチェーン)を土台にして作られているDAppsたちは、取り引きが承認されるまでに時間がかかっていました(´・ω・`)

この取引は大丈夫?セキュリティを万全に!ということからですね。

でも、ゲームやソーシャルアプリ類のDAppsは、たくさんの人が参加して、たくさんのデータのやり取りが行われます。

セキュリティ面を重視するのは当然っちゃ当然なのですが、そのぶん取引にかかるスピードが……(´;ω;`)となっていたんですね。

つまり、「取引の承認が遅い=ビットコインによくある送金詰まり状態=スケーラビリティ問題発生!」っちゅーことです。

これを解決してくれるというのが、Loom Networkです☆

ホワイトペーパーがない…(´・ω・`)

まず最初に、こういったプロジェクト(仮想通貨)にはホワイトペーパーといって、この仮想通貨がどんなものか、プロジェクトの内容や目的なんかがズラズラズラっと書かれた「取り扱い説明書」みたいなモンが存在するのが普通です。

↓ホワイトペーパーについてはコチラで解説♪↓

でも!

Loom Networkにはホワイトペーパーがない!のです!Σ(゜Д゜)

え~~怪しいじゃん!ちゃんとしてるの!?なんて声が聞こえてしまいそうですが、これはLoom Networkの運営側があえてそうしているもの

要は、ホワイトペーパーでタラタラつべこべ言わず、とにかくプロダクト(商品)をリリースしまくるのがウチのスタイルなんだよっ!て感じです。

ホワイトペーパーがないぶん、初心者が情報を得られないよね(´・ω・`)ということで、公式ブログにはLoom Networkに関する情報がサクっとまとめられています。
公式ブログ

つーことで、ホワイトペーパーなくても大丈夫!です(・∀・)w

スケーラビリティ問題を解決するDAppChains

仮想通貨 loomnetwork ルームネットワーク

Loom Networkは先ほども触れましたが、どうやってスケーラビリティ問題を解決してくれるのでしょうか…?(´・ω・`)

まず、Loom Networkは「DAppChains」というブロックチェーンが存在しています。

公式サイトからちょっと引用します。

“What Are Loom Network DAppChains?

DAppChains are full-featured blockchains that are built to run in parallel to Ethereum Smart Contracts. They’re an advanced form of Ethereum sidechains optimized for scaling data rather than financial transactions.

Every DApp runs on its own sidechain, meaning its data is public and forkable, just like Ethereum and Bitcoin.”

↓Google先生訳↓

“LoomネットワークDAppChainsとは何ですか?

DAppChainsは、Ethereum Smart Contractと並行して動作するように作られたフル機能のブロックチェーンです。これらは、金融取引ではなくスケーリングデータに最適化された高度なEthereumサイドチェーンです。

すべてのDAppは、独自のサイドチェーン上で動作します。つまり、データは公開され、フォーク可能です.EthereumやBitcoinと同じで
す。”

…というワケで。

DAppChainsは、イーサリアムのサイドチェーンとして機能しています。

メインチェーン上でDAppsをアレコレするのではなく、Loom NetworkがDApp専用のサイドチェーンをつくることによって、スムーズに取引をしやすい環境を生み出したのです☆

メインチェーンだと処理速度が遅いけど、Loom NetworkはサイドチェーンですがとにかくDAppに向けた仕様になっているため、サクサク取引の処理ができちゃいます。

イーサリアムはスマートコントラクトという契約機能が代名詞ですが、この機能とともに動作するようにつくられています。

アプリ構築をかなえる「Loom SDK」

仮想通貨 loomnetwork ルームネットワーク

SDKというのは、AKBとかSKEとかそういうアイドルではありません。
(やかましいわ)

SDKは「ソフトウェア開発キット」のことを指し、んまぁ私のような凡人にはあまり馴染みのない開発者向けのものです。

現在、JavascriptやPhaserをはじめとした4種類のプログラミング言語に対応したSDKがすでに配布がスタートしています☆

ベータ版ですが、どんどんアップデートされていく予定だそうですよん♪( *´艸`)

「LOOM」トークンについて

Loom Networkの中で利用できるLOOMトークンについて。

Loom NetworkにてDAppsを利用し、取り引きの処理についてはイーサリアムのサイドチェーン(DAppChain)で行われるものの、DAppChainとイーサリアムの間でもデータのやり取り・トークンの移動などが行われます。

このときに利用するのが、LOOMです。

さらに、実際にLoom Networkにてバリバリ動いているDAppsを利用するときにもLOOMが利用できます♪

仮想通貨 イーサリアム etherium ETH

もちろんイーサリアムベースで作られているトークンなので、ERC20という規格のトークンになっていますよ(^ω^)

LOOMを取り扱っている取引所は??

バイナンス binance

もちろん、海外の取引所になります(´・ω・`)

LOOMは香港の取引所である「バイナンス(Binance)」にて取り扱われています♪

↓バイナンスを使うメリットや使い方はこちら↓

2018年5月に上場されたばかりですよ(*´ω`)ノ

まとめ

仮想通貨 loomnetwork ルームネットワーク

Loom Networkはアプリ(DApps)を快適に利用できる環境をつくってくれるプロジェクトだということがわかりました!

今とても注目されているDAppsですが、今後さらに個々での開発が進んでいくにつれて、ゲームだけでなくさまざまなアプリが登場してくるでしょう。

そのときに、イーサリアムのチェーンがパンクしてしまわないように、Loom Networkのようなプロジェクトが必ず必要になります。

DAppsを開発するにあたって不安な材料となるスケーラビリティ問題ですが、これを解決してくれるというのは大きいですよね☆

ホワイトペーパーがない…というのも珍しいのですが、ごちゃごちゃ言ってないでガンガン商品作るよ!という姿勢は、やはり周囲から見てもっともわかりやすい実績となります。

実際、すでにLoom Networkを土台にしてさまざまなDAppsが生み出されています(^ω^)

これからどんなDAppsが登場し、Loom Networkで使われるのかが期待されます…!

画像参照:Loom Network公式サイト様、Loom Network公式ブログ

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - アルトコイン, ルームネットワーク(LOOM)

関連記事

仮想通貨 Libra Credit ライブラクレディット LBA
仮想通貨「Libra Cradit(LBA)」の特徴や将来性を解説!LBAを購入できる取引所は?バイナンスと提携?

こんにちは、Makiです!(^ω^)ノ さ~さ~気になるアルトコインシリーズです …

仮想通貨 pchain ピーチェーン PAI
仮想通貨「PCHAIN(ピーチェーン)」の特徴や将来性を解説!PAIを購入できる取引所は?クロスチェーン取引・DAppsとの連携って?

こんにちは、Makiです!(*´Д`) 今回は気になるアルトコインシリーズ、です …

0xProject ゼロエックスプロジェクト ZRX
仮想通貨「0xProject(ゼロエックス)」の特徴や将来性を解説!ZRXを購入できる取引所は?ERC20トークンの交換ができるPJ

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ 今回は~…気になるアルトコインシリーズ …

仮想通貨 イーサリアム ETH マイイーサウォレット
マイイーサウォレットの作り方~使い方まで徹底解説!ログイン・送金方法・トークンの追加方法など画像付きで解説

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ 今回はですね~… 仮想通貨をちょこちょ …

仮想通貨 Raiden Network ライデンネットワーク RDN
仮想通貨「Raiden Network(ライデンネットワーク)」の特徴や将来性を解説!RDNが購入できる取引所は?

こんにちは、Makiです!(^ω^) 気になるアルトコインシリーズ…今回は!! …