仮想通貨新団体、発足!クリプトフォリオで投げ銭募集!新アプリ「Ginco」登場!ALISは議論の余地アリ

   

仮想通貨 ビットコイン

こんにちは、Makiです!(^ω^)

ゆうべは作業をしながらぽんの会(Discord)にいて、みなさんのお話がおもしろくて………寝たの3時過ぎ、起きたの6時ww

今日は朝からず~っとPTAの資料を作っていました…おつかりーの。(白目)

さてさて、ビットコイン(BTC)さんがついに100万円のラインを突破…!!

リップル(XRP)も100円を超えたり下がったりと、イイ線いってます。

そんなこんなで界隈はポジティブなニュースが多くなってきたななぁ…と感じたので、まとめていきま~す!

新団体・日本仮想通貨交換業者協会が発足!

ビル 空

や~~~っとこさ、仮想通貨関連の新しい団体が発足しました!!

“改正資金決済法による仮想通貨交換業登録を受けた16社は、3月1日に代表者会議で同法第87条の認定団体となることを目指した新団体について、1カ月をめどに設立することを合意。マネーパートナーズおよびbitFlyerの2社を設立時社員として、3月29日に同協会を設立した。”

引用:「日本仮想通貨交換業協会」始動–信頼回復に向けルールを整備|CNET Japan様より

“奥山会長は同日の記者会見で「早期に自主規制ルールを策定し、市場の健全な発展に尽くす。(コインチェックの仮想通貨流出事件で高まった)仮想通貨の利用者の不安を払拭する」と述べた。会長の任期は1年、再任も可能。”

引用:仮想通貨交換業協会が設立総会、会長にマネーパートナーズの奥山氏|ロイター様より

…ということで、こちらは以前から言われていたヤツですが、23日のALIS(アリス)のイベントと同時刻に会見が行われていたようです…。

これまで日本には、取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」の代表である加納氏が代表理事を務めている「日本ブロックチェーン協会」と、もうひとつ多くの取引所がメンバーになっている「日本仮想通貨事業者協会」があります。

このふたつはそれぞれこれまでバラバラに活動をしてきましたが、このたびコインチェックのハッキング騒動をきっかけに、ひとつの団体として方向性を固めていく方針をとりました。

「統合」というよりは新しい団体が設立された…というほうが正しいでしょうか。

いわゆる「みなし業者」をのぞく、金融庁登録の仮想通貨交換事業者16社が参加し、発足の発表が行われました!

ただ1社のみ、ザイフ(Zaif)を運営するテックビューロ社は出席しなかったということです…(´・ω・`)ありゃま

仮想通貨に関するルールを整えることで、団体自体が金融庁からの自主規制団体として認定されるよう目指していくとのこと☆

先日、韓国でも同じように14の仮想通貨取引所が加入している「韓国ブロックチェーン協会(KBA)」が、自主規制のための枠組みを発表したばかり。

↓そんときのニュース↓

法的な権力はないものの、やはりここで各取引所が問題を指摘されれば少なからず影響はあるでしょう。

日本では今回の団体が金融庁に自主規制団体として認められれば、同じように全体的なルールを制定していくことができ、各取引所が足並みをそろえていけるはずです♪(^ω^)

アプリ・クリプトフォリオで「投げ銭」募集!

Cryptofolio クリプトフォリオ

お世話になっております、お世話になっておりますクリプトフォリオ様。

みなさんもお使いのはず、仮想通貨管理がラクラクできるアプリ・クリプトフォリオ。

以前から「優良すぎて有料でも使いたい」という絶賛の声があがっておりますが、このたび「投げ銭募集」を始めたそうです。

今後の開発資金を捻出する目的のほか、安定した運営をしていくために使われるそうです♪

「現金で寄付」というとちょっと抵抗があったり手間を感じるかもしれませんが、仮想通貨ってちゃちゃっと送れるのがいいですよね!

今回の投げ銭では、募集期間が設けられています。

寄付の詳細について
募集期間 2018年5月31日(木)18時
対応銘柄 ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
モナコイン(MONA)

この寄付によって50万円相当分以上が集まった場合、これまで要望が強かった「保有資産画面上部の横長のバナーを半永久的に削除する」とのこと!(゜Д゜)

…こうやってユーザーの声に応えてくれるから好きなんだよおおおクリプトフォリオさんよぉぉぉ(´;ω;`)w

というわけで!クリプトフォリオ公式サイトにて、各取引所からの詳しい投げ銭方法が記載されていますので要チェックです☆
クリプトフォリオ公式サイト・投げ銭について

新アプリ「Ginco」リリース☆

Ginco

仮想通貨の資産管理アプリについて、もうひとつ!

Ginco」という、新しいアプリが24日リリースされました☆
Ginco

“株式会社Ginco(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森川夢佑斗、以下Ginco)は、スマホで安全に、仮想通貨をはじめとするあらゆる価値取引管理を可能とする仮想通貨モバイルウォレット「Ginco」を2018年4月24日(火)に本格リリースいたします。”

引用:仮想通貨ウォレット「Ginco」ビットコインに対応し、本格リリース。ブロックチェーン時代のインターフェイスをめざす|Infoseek様より

コインチェックをはじめ、世界的に仮想通貨の取引所関連のトラブルが多くなっています…が、いまだに取引所に資産を預けっぱなしの人が多いという状況を憂いたことから、このアプリをリリースする動きが始まったよう。

これまでのウォレットサービスは海外発のものが多く、日本のユーザーにとってはなかなか使い勝手が悪かったり、英語表記でわからない(´;ω;`)ということが多かったんですよね。

ということで、今回日本の企業による日本人のための、気軽に使えるアプリが実現したそうです☆

特徴としては…

Gincoの特徴
  • このアプリひとつでポートフォリオ(資産管理)、両替、フィアット(法定通貨)の入金も順次対応
  • 手数料を限りなく最低限に
  • 日本語表記でわかりやすく
  • 誤操作で資産が失われることのないようなUI設計
  • 秘密鍵をサーバーで管理しないため安全
  • 外部APIに依存することなくウォレット機能が独自に実装されている(重くならずサクサク使える)

だそう♪

対応通貨はコチラ。

対応通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • オミセゴー(OMG)
  • オーガー(REP)
  • ディジックスダオ(DGD)
  • トロン(TRX)
  • ゼロエックス(ZRX)
  • イオス(EOS)
  • カイバーネットワーク(KNC)
  • ジリカ(ZIL)
  • ステータス(SNT)
  • ディセントラランド(MANA)

おぉ!?というラインナップになっていますが、今後2018年5月~6月で、ビットコインキャッシュ(BCH)・ライトコイン(LTC)・モナコイン(MONA)の3つも対応していくそうです。

さらに2018年度中にリップル(XRP)・ネオ(NEO)・リスク(LISK)の取り扱いも開始予定とのこと。

DAppsプラットフォームの搭載に法定通貨からの入金に対応、さらに分散型取引所DEXにも対応していく予定など、ロードマップが盛りだくさんとなっています。

Ginco

このプロジェクトを手掛けるCEOは若干24歳の方

チームは若者が多く、今後ブロックチェーンや仮想通貨に将来性を感じている方ばかりです。

「日本生まれの仮想通貨なんでもアプリ」として、どんどん機能を充実させていくことを期待しましょう♪(*´Д`)ノ

まずはiOS版のみのリリースで、Androidも近日リリース予定とのことです!
(わしAndroid…)
iOS版

ALISクローズドβ版、賛否両論。

仮想通貨 アリス alis

ついにリリースされたALIS(アリス)のクローズドβ版
ALIS

う~~~~~ん、賛否両論!!

だがしかし!

コレがおもしろいんだ!

私自身、疑問に思うこともいくつかあります。

私自身、疑問に思うこと
  • Twitterへの共有機能があるため閲覧数はインフルエンサーが有利
  • 多くの記事の中からどうやって優良記事を探すのか

このふたつ、多くの方もALISの記事の中で実際に疑問を投げかけています。

たくさんの記事があっておもしろいので、いいねをつけまくりながら読み漁っています。

同じように優良な記事を探したい!」という思いから記事をあれこれ読んでいる方もいらっしゃるのですが、みんながみんなそうではないですよね(´・ω・`)

もっと効率良く、不公平にならないように、そして既存のGoogleなどの検索エンジンと同じような結果にならないよう、記事の表示方法についてもあちこちで議論がなされています。

難しい…。

けど、マンガがあったりたくさんの人の考え方を拝見できるので、とっても楽しいです♪(*´▽`*)

コミュニティを大切にしてくださっているチームですから、バンバン意見を出し合っていきたいですね♪(*´Д`)

…わたしあれから記事書いてないけどな!!!(・∀・)www

仮想通貨ブロガーマーケットキャップって!?

おしゃれ パソコン

「仮想通貨ブロガーマーケットキャップ」に掲載していただきました!!(´;ω;`)
OCRYBITさん

以前、仮想通貨界隈の方々をフォロワー数などで計測した「戦闘力ランキング」に掲載いただきましたが、今回は仮想通貨界隈のブロガーによる「マーケットキャップ」だそう!

マーケットキャップといえば、仮想通貨では「時価総額」をあらわすことですよね。

被シェア数を「時価」として数値化し、ランキングにするそうです!

おぉ~~ありそうでなかった試みです♪(*´ω`*)

ブロガーによるランキングなので、更新頻度はもちろん記事の内容(お気に入りやリツイート数など)も大きく影響するので、難しいランキングになるのではないかと思います…!

おしゃれ パソコン

そんなマーケットキャップランキングに掲載していただきました…!(´;ω;`)

デイリーブログランキングというのを始められたそうですが、このうち3日連続で入っていました…恐れ入ります恐れ入ります恐れ入りますwww

というわけで、これまでの戦闘力ランキングとともにマーケットキャップにも参加させていただきました。
(ブログの更新が途絶えたら終わりや………w)

おもしろい試みに参加できて、とても嬉しいです♪がんばりまーす!!(∩´∀`)∩

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 仮想通貨ニュース

関連記事