【3分でわかる!仮想通貨用語】タイムスタンプ・クジラ・ブロックチェーンの種類(パブリック・プライベート・コンソーシアム)

   

仮想通貨 ビットコイン

こんにちは、Makiです!(*´Д`)

何気にご好評いただいとります、仮想通貨用語の解説をしていきたいと思いま~す。

仮想通貨について調べているとちょこちょこと出てくるけれど、いざ説明しようと思うと混乱しがちなw単語をご紹介します!(∩´∀`)∩

タイムスタンプ

タイムスタンプ まとめ

ビットコインの仕組みについて調べているとよく見かける言葉です。

文字通り、何かが起こったときにその時間を記録しておくためのものです。

たとえば、パソコンで文書を作って保存したり、更新するとそのときの時間が自動的にあらわれますよね。

これがタイムスタンプです☆(∩´∀`)∩

仮想通貨の場合だと、取引のデータがブロックチェーン上にどんどん記録されていきますよね。

このトランザクション(取引)データが書き込まれたときの時間を記録してくれるのが、タイムスタンプです。

仮想通貨 ビットコイン ブロックチェーン

…よ~し取引が処理できてブロックチェーンに記録されたから、そのときの時間もタイムスタンプで記録しちゃうぞう☆と思ったとき、ある問題が起こります…。

それは、時間(タイムスタンプ)がばらばらになってしまうということです…(´・ω・`)

パソコンで文書を作って記録(保存)するときって、単純に保存を行ったときの時間が記録されますよね。

では、ビットコインのようにあちこちからアクセスできる場合はどうでしょうか?

ビットコインのネットワークに参加している人みんながこの記録を共有しますが、タイムスタンプで時間を記録しようとすると、ほんのわずかですがパソコンごとに時間がずれていってしまいます…!

これを防ぐために、仮想通貨では「分散型タイムスタンプ」といって時間がズレることを防ぐ技術が使われています。

クジラ

仮想通貨だけでなく、経済に関する言葉です。

クジラとは、とんでもない金額を動かすことができる機関投資家のことをいいます。

※機関投資家って?
個人投資家から集めた資金を、株や債券といったもので運用する人のことをいいます。

仮想通貨界に参入してくると報じられたソロス・ファンドマネージメントのジョージ・ソロス氏や、ロックフェラー財団、ロスチャイルドといった超巨大マネーを動かせる人たちです。

↓ソロスのおっさん、入ってくるってよ↓

桁違いの金額を動かすことができるため、当然仮想通貨の市場にも影響を及ぼすほど。

突然の急落・高騰で「クジラがあらわれた!?」なんて使い方をされますよん。

ブロックチェーンの種類について

仮想通貨 ビットコイン

仮想通貨を語るうえでまず外せない「ブロックチェーン」技術については、すでにご紹介しています。

↓ブロックチェーンについて☆↓

実は、一口にブロックチェーンとは言っても少しずつ使われ方が違っているブロックチェーンがあります。

違いをそれぞれ見てみましょう!

パブリックブロックチェーン

仮想通貨 ブロックチェーン

public(パブリック)=大衆の、みんなのという意味があります。

ビットコインのブロックチェーンのように、第三者がブロックチェーン上に記録されている取引情報をチェックできるのがパブリックブロックチェーンです。

これが「ビットコインはみんなで監視できるから、特定の管理者がいなくても大丈夫」と呼ばれるゆえんですね。

プライベートブロックチェーン

もうひとつはプライベートブロックチェーンです。

たとえば、企業内でブロックチェーン技術を導入したいな…というときに使われるブロックチェーンです。

ビットコインのように第三者にブロックチェーン上の情報を見られるとマズい!という場合がありますよね、会社内の大切なデータなどなど…(;^ω^)

これを外部から見られないように、会社内で共有したり、特定の団体が管理してデータを記録するブロックチェーンのことを、プライベートブロックチェーンといいます☆

mijin

すでに金融機関や一般的な会社での記録用として導入されつつあり、テックビューロ社が手掛ける「mijin(ミジン)」がその製品として知られています。

↓NEMとmijinの関係について↓

もちろん広く公開することもできますし、会社の中で関係者だけが閲覧できるようにするといったこともできます。

ブロック追加や閲覧を行うために承認を得るのは、少ない人数(ノード)でOKなので取引手数料も安くすむというメリットもあります。

コンソーシアムブロックチェーン

consortium(コンソーシアム)とは、お互いに力を合わせて目的を達成させようとする人たちの集まりや、共同事業体のことを指します。

一緒の目的だから協力してがんばろうよ!っていう人たちのことですね。

んで、コンソーシアムブロックチェーンはプライベートブロックチェーンと使い方は似たようなものですが、もちろん違いもあります。

プライベートブロックチェーンは特定の人・団体が管理をするブロックチェーンだといいました。企業内であれば権力を持った部署などですね。

コンソーシアムブロックチェーンの場合、あらかじめ複数の人(ノード)を選んでおき、この人たちが「OK(・∀・)」を出すことで決定権が生まれます。

たとえば、10人をあらかじめ選出しておいて、そのうちの7人以上が合意をすればブロックチェーンに新しくブロックをつなげることができる…という感じですね。

ビットコインをはじめとするパブリックブロックチェーンのようにみんなで管理!というワケでもなく、プライベートブロックチェーンのように特定の誰か・団体のみが管理をするというワケでもありません。

こちらも、今後企業内で利用されることが期待されているそうです☆

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 初心者ガイド, 用語解説

関連記事

ビットコイン 危険
ビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォーク、BCHABCとBCHSVの関係、HFの経緯・今後の予想について【まとめ】

こんにちは、Makiです!(*´ω`*) ついに今週15日?16日?(オイ)、ビ …

仮想通貨 ico
「STO」って?ICOとの違いやセキュリティトークン&ユーティリティトークンについて解説!【仮想通貨】

こんにちは、Makiです!(*´ω`*) さて、ここんとこ見かけるようになってき …

イーサリアム Devcon
【3分でわかる!仮想通貨用語】ERC・ERC○○トークン・コントラクトアドレス【イーサリアム】

こんにちは、Makiです!(*’ω’*) 今回は~~…用 …

ミーティング
【3分でわかる!仮想通貨用語】サミット・カンファレンス・フォーラム・スピーカー【イベント用語】

こんにちは、Makiです!(*´Д`)ノ さーて。 仮想通貨用語の解説です! 今 …

【3分でわかる!仮想通貨用語】日本にある仮想通貨・ブロックチェーン関連「団体・協会」まとめ

こんにちは、Makiです!(*´Д`) 仮想通貨について情報収集をしていると、と …