【3分でわかる!仮想通貨用語】ドミナンス・上場・回転・インサイダー・リクイディティ・オーバーシュート

   

仮想通貨 ビットコイン

こんにちは、Makiです!(^ω^)

さ~てさて…今回は仮想通貨の用語解説、取引などで使われる言葉を見ていこうと思います!

Twitterなどでいざ見かけるとなかなか意味が理解しにくいかもしれませんので、ぜひチェックしておきましょうっ☆

上場

仮想通貨 ビットコイン

仮想通貨取引所で、取り扱いが開始されること(売買ができる状態になること)をいいます。

日々たくさんの銘柄が生まれていますが、まず取引所で売買ができる状態でなければどこで売り買いをするでしょうか?できませんよね(´・ω・`)

みんなが売り買いをして流動性を高めるため、価格の安定や上昇が期待できます。

バイナンス binance

香港の取引所「バイナンス(Binance)」では、上場させる銘柄をユーザーからの投票で決めるというユニークなことを行っています。

そのため、コミュニティが活発な銘柄の場合は、上場決定から期待が高まって価格が大きく上昇することもよくあります。

↓バイナンスを使うメリットや使い方はこちら↓

また、流動性を高めるという意味では一か所でなく、複数の取引所に上場されるとなお良し!(∩´∀`)∩

世界各地で売り買いがされれば、当然流動性が高まるため価格の上昇にもつながります

リクイディティ

先ほど登場しました「流動性」のことをいいます。

流動性が高いとなんで良いのか、わかりますか?(´・ω・`)

流動性が高い=取引所で売り買いをする人がたくさんいる」ということになります。

もし、売り買いをする人が少なかったらどうなるでしょう…?

売りたいのになかなか買ってくれる人があらわれない・買いたいのになかなか売ってくれる人があらわれない…という状態になりますよね(´;ω;`)

そのため、注文がスムーズに確定(約定)しなくなり、スプレッド(購入金額と売却金額の差)が大きくなってしまうことになります。

売り買いをする人が多ければ注文も約定しやすくなるため、買ってくれる人がいる=どんどん売り出しの価格が高くなるため、全体的な価格の高騰につながるんですね♪

インサイダー(インサイダー取引)

パソコン インサイダー

悪いことです。
(雑)

もともとは株価や債券といった有価証券について関する言葉で、未公開情報を良くない方法で入手したり共有して取引を行い、情報を持っていない人たちが損をする「インサイダー取引」のことをいいます。

内部者取引とも言われ、これは立派な犯罪にあたります(´・ω・`)

…ただ。

ビットコインをはじめとする仮想通貨の場合では、グレーゾーンだといいます。

まずビットコインが不正取引を処罰する「金融商品取引法」において、法の範囲にあたる有価証券ではないことが挙げられます。

確かに、やっちゃいけんことではありますが…厳密にいえば、仮想通貨ではインサイダー取引もOKという無法地帯と言っても良いでしょう(´;ω;`)ウッ

オーバーシュート

金融全般で使われる言葉で、急激な相場変動で「(上か下かに)行き過ぎた状態」のことをさします。

下方にオーバーシュートしている=急落している、上方にオーバーシュートしている=高騰しているといった使い方をされます。

仮想通貨においてはときどき、誰もが読めないようなとんでもない値動きをすることがあります。

こういったときにもオーバーシュートが起こっていると言えるでしょう。

回転(回転させる)

枚数を増やす」ことをいいます。

仮想通貨取引の経験が少ない方やガチホ派の方は「???」となってしまうかもしれません(;´Д`)

仮想通貨においては、利益をあげようと思ったら「枚数を増やす」ことが大切だといいます。

価格が安いときに多くの枚数を買っておけば、価格が上昇したときに利益の幅が大きくなりやすいからです。

仮想通貨 リップル xrp

たとえば、リップル(XRP)が1枚50円だとして10枚買います。500円ですね。

ちょっと下落して、1枚40円になりそう…というタイミングだとしましょう。

下落する前にすべて売ってしまえば、資金が500円あることになります。

そして実際に下落して今度は1枚40円でリップルを買いますが、500円あるので12.5枚買うことができます
(500円÷40円=12.5枚)

…アレ?(・∀・)

お気づきでしょうか。

そうです、最初は50円のリップルを10枚持っていたのに、今は40円のリップルを12.5枚持っている、つまり枚数が増えていますよね。

仮想通貨 リップル xrp

この数を持ったままリップルが再び50円に到達すると、手持ちのリップルは全部で625円になるという計算です。

利益出てる!!(・∀・)

こうやって売り買いをして枚数を増やし、利益を上げていくことが「回転させる」という意味です。

なので、価格が上がったときにはできるだけ売るタイミングを逃さず、逆に下落したときには買うタイミングを逃さないようにしながら、うまく回転させていきましょう。

単純に枚数を増やしていけば、価格が高騰したときに一気に大きな利益を得られますよ☆

ドミナンス

ドミナンス チャート パソコン グラフ

dominanceとは、占有率や支配力という意味をもっています。

Twitterでは「ビットコインドミナンス」という言葉を見かけることがあるかと思います。

仮想通貨の市場において、そのうちビットコインがどれくらいの割合を占めているか…ということを表すのが、ビットコインドミナンスです。

もちろん、同じようにアルトコインのドミナンスもチェックしておけば、どのように市場が動いているかを知ることができます。

ビットコイン・アルトコインの各ドミナンスですが、こちらのサイトで確認できますよ☆
CoinMarketCap

上から3つめ、Dominanceと記載されているグラフです。

おもしろいのが、ビットコインのドミナンス(オレンジ色)が減少しているときに、アルトコインのドミナンスがぴったりと上昇しているんです。

よくあらわれているのは、リップル(XRP)やイーサリアム(ETH)といった主要アルトコインですね。

こういった資料をチェックしながら相場を見ていくと、今後どうなるか予測しやすくなるのではないでしょうか?(*´▽`*)ノ

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 仮想通貨ニュース