【3分でわかる!仮想通貨用語】分散型台帳・P2P(ピアツーピア)・ノード・中央集権・非中央集権

   

仮想通貨 ビットコイン

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩

今回は仮想通貨用語の解説ですっ☆

ビットコインに関する基本的な知識を勉強すると「必ず!」登場すると言っていい言葉について解説していこうと思います。

なんとなく知っているけど、こうだ!とはなかなか説明しにくいあの用語たちです(・∀・)w

ノード

インターネット

ノードというのは、超簡単に言えばネットワークに参加しているみんなのことを指します。

インターネットに接続すると、一般的にはこんなふうになると思います。

この●で示したところが、ノードです。

ネットワークに参加している自分自身のコンピュータもノード、データを中継させるルーターもノード、ネットワークサービスを提供してくれるサーバーもノードです!

仮想通貨 ネム nem

NEM(ネム)についてご存知の方は多いと思いますが、ネムは「ハーベスト」といって、ネムを利用すればするほどその恩恵が受けられる(報酬を受け取ることができる)仕組みになっています。

↓NEM(ネム)について解説しています♪↓

そこで目にするのが「マスターノード」という存在です。名前を聞くとすごそうですよね。すごいです。

委任ハーベスト」という方法でのハーベスティングが可能なのですが、みんなが誰にハーベストを委任するかって、これがマスターノードなんです。

ノード(みんな)からハーベストを委任されているマスターノードは、

・とんでもねー量のXEMを持っていること
・じゅうぶんな速度の回線があること
・高スペックのコンピューターを持っていること

…といった必要があります。

そりゃそうですよね、みんなから委任されているのだからちょっとやそっとのマシンだと、すぐにパンクしてしまいます(´・ω・`)

一見大変そうですが、そのぶんマシンを動かし続けていることの報酬(XEM)がもらえちゃいます。

マスターノードになるハードルは高いのですが、それでもいわば不労所得が得られるわけですからマスターノードになりたい(゜Д゜)という方が多いんですね~。

P2P(ピアツーピア)

ビットコインについて学ぶと必ず出てくる言葉ナンバーワンですね(゜Д゜)w

ピアツーピアというのは、英語で書くと「peer to peer」で、peerは同等・仲間という意味があります。

ビットコインはネットワークの中で利用できるお金(資産)という認識がされていると思いますが、誰かが管理しているものではありません。

普段私たちが使っている日本円は、銀行が金庫などを利用して管理していますよね。

銀行が管理をしてくれているので安心してお金の振り込みなどをすることができますし、そのぶん振込手数料などの手数料を銀行側に支払って成り立っています。

仮想通貨 ビットコイン

この例でいえば、ビットコインは銀行という中間的な存在がありません。

管理をしているのは、ビットコインのネットワークに参加しているみんなだからです!(・∀・)

先ほど「ノード」についてご紹介しましたが、ビットコインのネットワークにはサーバーもルーターもありません。

ノードとノード同士、つまりみんなのコンピューター同士が同等の立場でやり取りをしているんです!

メリットとしては、これまでのようにネットワークサービスを提供するサーバーという存在がいる場合、みんながひとつのサイトを見たときにパンクして「サーバー落ち」してしまうことがあります。

ですが、P2Pならひとつの端末に負荷がかかりにくいという特徴があります♪

なので、サーバーが落ちないように安定したアクセスをするために費用をかけて対策する必要もないので、低コストですみます!

仮想通貨 ビットコイン

ノード同士がみんな同等にやり取りをすることができるので、たとえひとつの端末に何かトラブルがあったとしても、ネットワークに参加しているほかの端末が生きていれば復旧もしやすいという特徴があります。

サーバー方式の場合だと、サーバーがパンクして落ちてしまうともうアカンですよね(´;ω;`)w

さらに、P2Pは情報やデータを発信したときに匿名性が高いことも特徴です。

たとえば、データを中継させる個所を多くすることでもともと誰がそのデータを発信したのか?がわかりにくくなります。

逆に言えば制御しにくい…というデメリットもあると言えますが、ビットコインのように特定の管理者がいないことで成り立つためには、P2Pという方式が適切なんですね。

中央集権

中央集権(ちゅうおうしゅうけん)とは、そのまんまの意味です(おい)

たとえば、政治では中央政府があれこれ決めたり、財源をもっていますよね。

会社でいえば、本社や本部に物事の決定権がありますよね、こういった権力が統一されていることを中央集権といいます。

非中央集権

本社や本部など、限られた部分に権力が集中している中央集権と違って、逆に権力が一元化されていないことをいいます。

特定の誰かやチームが管理したり独断で決められるものではないということですね。

仮想通貨 ビットコイン

ビットコイン(BTC)など多くの仮想通貨では、この「非中央集権」がポイントになっています。

先ほどの「P2P(ピアツーピア)」にも関連しますが、ビットコインは特定の管理者がいません。

ネットワークに参加しているみんなで取引を承認しあい、マイニングを行うたくさんのマイナーさんがいてブロックチェーンをつなぎ、管理しています。

ビットコインへの価格だけを見れば価格操作ができるくらい大きな発言力がある方もいらっしゃいますが、その人がビットコインを直接的に管理しているわけではないですし、やはり非中央集権と言えるでしょう。

日本の政治はもちろん、会社にも言えることですが、世の中の多くは中央集権です。

特にお金に関することはトラブルが出ないように・対処できるように管理者がいるものです…が、ビットコインはそうではありませんよね。

だから、非中央集権だと注目されているんです!(・∀・)

分散型台帳

仮想通貨 ブロックチェーン

分散型台帳(ぶんさんがただいちょう)とは、「ブロックチェーン」と同じような意味で使われている言葉です。

が、分散台帳技術のなかにブロックチェーンが含まれるといったほうが適切かもしれません。
※こう!という定義がないようです(´・ω・`)

「分散型台帳技術(分散台帳技術)」とも呼ばれています。

英語ではDistributed Ledger Technologyと訳すため、頭文字をとってDLTともいいます。

台帳といえば、売買をしたときや事務の記録をするための帳簿のことをいいますが、この記録データをみんなで管理し合うことができるのが、分散台帳技術です。

台帳なんて大切なモノ、一般的には改ざんできないように厳重に、特定の人に管理されるもんですよね。

でも、みんなでデータを共有しているからこそ改ざんもそう簡単にはできませんし、みんなで監視をしているからこそ安全なのです。

コレといった管理者がいないことで安全性が危ぶまれる一方、利用者みんなが監視・管理役だから安全という矛盾が成立している…仮想通貨が注目されている理由となる、画期的な分散台帳技術です。

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 初心者ガイド, 用語解説

関連記事