ライトコイン(LTC)公式パートナー発表!モネロが複数にハードフォーク!?ビットステーション廃業へ…

   

仮想通貨 ライトコイン LTC

こんにちは、Makiです!(*´▽`*)

いよいよ春休みも終わりですわ…長かったようで、あっという間でした。

世のお母さま方、お疲れさまでした!

というわけで今日はライトコイナーの私にうれしいニュースが飛び込んできたので、それを含めてまとめていきま~す。

ライトコイン、Aliant Paymentsとパートナーシップ!

仮想通貨 ライトコイン LTC

ライトコイン(LTC)といえば、つい先日初のプロダクト(商品)である「LitePay(ライトペイ)」が中止されましたよね…。

↓LitePayが中止されたハナシ…↓

ついにライトコインもアプリを介して使えるようになったか~♪なんて思ってたんですが…

ライトペイのCEOとライトコイン財団が連絡をとったところ、業務を中止して会社を売却する手はずをとっているということでした(´;ω;`)

ちなみに、ライトコイン財団とライトペイとは別の団体です。

ライトペイが中止になったのはライトペイ側の責任ですが、ライトコインの生みの親であるチャーリーは「デューデリジェンスをきちんとしていなくて申し訳ない」とユーザーに謝っています。

※デューデリジェンスとは?
企業を買収したり投資を行うときに、その会社の資産や経済状況を調べることをいいます。

やっとライトペイという実用的なプロダクトが出たのに…(´・ω・`)とライトコイナーしょんぼりでした。

が!!!!

Aliant Payments(アライアント ぺイメンツ)が、ライトコイン財団との初めての「公式パートナー」となったことが発表されました!
参考:Aliant Confirms Status as Litecoin’s First Official Payments Partner|newsbtc様より

Aliant Payments

ちょっと前にこのことはすでに発表されていたのですが、このたび正式に公式なパートナー登録を済ませたそうです。

Aliant Paymentsは、アメリカでクレジットカード決済処理を行っている会社です。

でっかい会社です。
(語彙力)

さらに、今週はあのアメックス(有名なお高いクレカ会社)が出資している仮想通貨取引アプリの「Abra」についてもニュースが出ています。

こちらも、決済方法の一部にライトコインのスマートコントラクト(契約)を導入すると発表しました!

ライトコイン…地盤を固めて安定してきたぶん、今年はこういった実用化の年になるのではと期待しています…!( *´艸`)

モネロが複数にハードフォーク!?

モネロ XMR

匿名通貨の「モネロ(XMR)」ちゃん。

ハードフォークが行われ、なんと…4つに分裂してしまったそうです(゜Д゜)

そのうちもっともハッシュパワーがあるのは、XMOというティッカーシンボルの「Moneroオリジナル」だそう。

↓ハッシュパワーについて解説しています!↓

モネロのハードフォーク銘柄たち
  • Monero(XMR)←もともとのモネロ
  • Monero 0(XMZ)
  • Monero オリジナル(XMO)
  • Monero クラシック(XMC)
  • Monero クラシック(!?)

…ということで、かなり混乱してしまうんですが「モネロクラシック」というコインはどうやら2つあるようで、もともと私たちがモネロと親しんでいたものを含めると、5種類になると…!

そもそも、なんでこんな複雑なハードフォークをせにゃならんのでしょうか?

もともとはマイニングに使う機械を開発・販売する、Bitmain(ビットメイン)への対策です。

ビットコインのマイニングに利用されているASICという機材がありますが、これはとても大きなパワーを必要とする機材です。

ずっと計算しまくって、とんでもない電気代を使ってひたすら計算して、ときには発熱によって火事が起こってしまうほど(゜Д゜)

そんなASICを快く思わないユーザーもいます。

これは、ASICを利用したマイニングはどうしても自宅では行うことが難しいため、「小規模のマイナーはみんなマイニングができなくなる=ネットワークが集権化してしまう」という理由があります。

ASICがこれ以上利用されることを止めるため、3月にBitmain(ビットメイン)から発表されたモネロ専用のマイニング機材を利用するということです。

フォーク

ただ、ASIC派の人もたくさんいることは確かで、そのASICマイナーを保護するために今回のハードフォークが行われたということです。

今後これら複数のモネロについて、市場価値がもたらされ続くかどうかはわかりませんが…(´・ω・`)

先日マネックスの買収によって復活を遂げようとしているコインチェックについても、モネロの出金のみいまだにストップしています…。

今回のハードフォークはもちろん、不正マイニングに利用されやすいコインであるということなど、いくつか理由があるかと思います。

凍結されているコインチェックのモネロは、どうなるのでしょうか…?

ビットステーション、廃業へ

コインチェックは建て直されることが決まり、ようやくみなさんもホッとできたのではないでしょうか?

↓コインチェックの記者会見について↓

そんな中、廃業となった取引所も…。

“金融庁から3月に業務停止命令を受けた仮想通貨交換の「みなし業者」のビットステーション(名古屋市)が廃業することが7日、分かった。業務停止期間後の4月8日以降も払い戻し以外の業務を行わず、廃業に向けた必要な手続きの検討を進めるという。”

引用:業務停止命令の交換業者が廃業 ビットステーション|日本経済新聞様より

ということで、ユーザーから預かっていた仮想通貨を経営幹部が私的流用した件が問題となっていましたね。

コレも「返せばOK」っつって特におとがめナシだったのがふざけんなてめぇこんにゃろ(゜Д゜)って感じで…………取り乱しました。ホントはけじめつけるためにも逮捕されたらよかったと思いました。

4月7日まで業務停止命令を受けていましたが、結局このまま廃業に向けた手続きをとるそうです。

そりゃそうだ、ちゃんと前進していたコインチェックとは違って何も対策してないんだから!!!(憤り)

ユーザーからたっけぇ税金絞り取るくらいなら、きちんと業者側も悪いことは悪いとけじめをつけさせてほしいもんです。

インフルエンサーとは????

すんげーサイトを見つけました(゜Д゜;)

OCRYBIT(億り人)公式

ニュースサイトのまとめ、各プロジェクトの公式アカウントのまとめなど、このブログをブックマークしておくだけで仮想通貨関連に情報収集できるんじゃね?というブログになっています。

このサイトの中で、「仮想通貨業界で影響力を持つTwitterアカウント1000超を自動抽出(実験)」という記事があります。

もちろんみなさんご覧になったことがあるアカウントがズラリだと思います。

1位はイーサリアムの生みの親であるヴィタリック・ブテリン氏

つらつら見ていくと納得の方々ばかりいらっしゃるんですが…

なんで!!!w

わしなんでこんなとこおるん!!!(マスフィさん…w)

というわけで…抽出するための基本となる48のシード(種)アカウントがあるそうですが、私はこのシードアカウントからの影響力が大きいそうです。

つまりみなさんのおかげ(・∀・)

本当に、本当にありがとうございます。

酒と愚痴しか言ってなくてホントすみません(汗)

今後も、少しでも初心者の方へ仮想通貨に興味を持ってもらえるように、またわかりやすいブログ!と言っていただけるように頑張っていきます…よろしくお願いいたします!(´;ω;`)

世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上!

手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)
初心者の方がはじめに登録しておきたい取引所
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
CMでもお馴染みの「bitFlyer(ビットフライヤー)」は取引量・ユーザー数・資本金、第1位!

登録はもちろん無料、操作もカンタンなので初心者の方にもおすすめ
全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中

セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)

 - 仮想通貨ニュース

関連記事