【神対応】バイナンス(Binance)ハッキング騒動一連の流れまとめ!原因は?本当に心配なのはマウントゴックスの売り?

   

バイナンス binance

こんにちは、Makiです!(*’▽’)

オイオイオイオイ~~~夜になんか事件が起こったみたいじゃね~か~~(゜Д゜)

ということで。

昨夜、香港の取引所「バイナンス(Binance)」にてハッキングが起こりました。

ここまでの流れをざーっとまとめておきます。

最初にお話ししておきますが、そんなに騒ぐことじゃないようです…(・ω・)w

バイナンス、ハッキングって本当…?

事の発端は、バイナンスについてこんなツイートがちらほら。

なんとなーく、不穏な雰囲気が漂っていました。

そしたら。

バイナンスでハッキング(クラッキング)」という文字がTwitterに並んでいるじゃーありませんか。

( ゚Д゚)ハァ?と思いましたが、よくよく見てみるとこんな流れのようでした。

今回の一連の流れ
  • 取引botを使っている人のAPIキーを操作
  • アカウントを乗っ取り
  • アルトコイン勝手に売られる
  • 「VIA」をガツーンと買われていた
※VIA(ヴィア)コイン
viacoin

2014年に誕生しましたが、今年2018年に入ってやっとバイナンスで取り扱い開始したコイン。
ビットコインの欠点を補う目的でつくられ、とにかく早く取引を処理できる機能をもっています。

※ちなみにVIACOINのチャート(瞬間的に約100倍…)
バイナンス viacoin

…似たような事件、なかったっけ?

1月7日に起こったZaifのAPIキー不正使用出金じゃー(゜Д゜;)

↓そんときのブログ↓

↓APIキー事件続報のブログ↓

ということで、バイナンス自体が悪いんじゃないってことはお分かりいただけるかと思います。

バイナンスは問題が発覚してすぐに全通貨の出金を停止しています。

これはかなり迅速な対応です!(*’▽’)

また、APIキーの解除方法についてあちこちでツイートがありましたので、ご紹介させていただきます。。。

うっかり、APIキーを設定していた忘れていた…ということもあるかと思います、一度確認してみてはいかがでしょーか??

原因はフィッシングサイト??

インターネット フィッシングサイト

でぇ。

今回なんでこんなことが起きちゃったんよ?ってことです。

原因はバイナンスの「フィッシングサイト」ではないかと言われています。

フィッシングサイトというのは、本物のサイトに見せかけて誘導し、パスワードや情報を盗んでいく引っ掛け偽サイトのことをいいます。

仮想通貨においては、ログインに失敗したように見せかけてパスワードを盗み出し、コインをもごっそり盗んでしまうというなんともクソなサイトが出回っています。

↓バイナンスのフィッシングサイトにご注意の話↓

つまり、今回はフィッシングサイトに引っかかってしまった方のアカウントからAPIキーを操作してクラッキング、アルトコインがドカ売り、VIA買って価格を跳ね上げるのが目的だったようです…。

これに対して、バイナンスのCEOであるCZ氏は…

“すべての資産は安全です。一部のアカウントは、フィッシングサイトから侵害されている可能性があります。まだ調査中ですが、すべての資産は安全です。”

とのことです。

えっ、バイナンスがハッキング!?(゜Д゜;)と必要以上に慌てて狼狽売りをしてしまうのではなくて、まずは冷静に情報収集を行いましょう。

↓狼狽売り(ろうばいうり)って?↓

【※追記】出金再開&チャリティー

その後、CZから再度アナウンスが…!!?

Google翻訳すると…

バイナンスはすべての不規則な取引を取り消しました。すべての預金、取引および引出しが再開されます。まもなく起こったことのより詳細な記述を書くでしょう。興味深いことに、この試みの間、ハッカーはコインを失った。これをBinance Charityに寄付します。

不正取引は元に戻され、取引・預金・出金も再開されたようです(*´∀`*)

また、ハッカーはコインを盗もうとするも失敗に終わり、その分のコインは慈善団体にチャリティーとして寄付されるようです!

コレは、神対応ですね…(〃∇〃)

後ほど、今回の一連の件について詳しいアナウンスがあるようなので、確認しておきましょう。

マウントゴックス管財人、BTCとBCH大量売却

仮想通貨 ビットコイン

もうひとつ…。

2014年にドでかい金額をハッキングされた取引所「マウントゴックス社」。

民事再生手続きをしていましたが、そのさなかに20BTCを返還するようにっちゅー訴訟が起こされました。

↓20BTC返せやゴラァの話↓

そんな話題に事欠かないマウントゴックス社ですが、民事再生の中で資産を扱う破産管財人が、なんと巨額のビットコインとビットコインキャッシュを売却してしまったとのこと…。

その額…

ビットコイン
(BTC)
35,841BTC
(約382億円相当)
ビットコインキャッシュ
(BCH)
34,008BCH
(約47億円相当)

(゜Д゜)

こんだけのコインの量なら…市場にも影響は出ますよねそりゃ…。

ということで、今回バイナンスのハッキングはもちろんですが、より大きな要因としてはマウントゴックスの大量売りの方ではないでしょうか。

…ホント、毎日どこかで何かが起きますねこの界隈はww

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 仮想通貨ニュース