【3分でわかる!仮想通貨用語】トランザクションフィー・マイニングプール・オーファンブロック|マイニング用語

   

仮想通貨 ビットコイン

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩

今回は、仮想通貨用語の解説をやっていきま~~~す♪

ん~いまだによく意味がわかってない言葉が山ほどありすぎて、みなさんの会話についていけん時があります(そんなときは迷わず静観w)

ひとつひとつの言葉の意味を理解していくと、おもしろいほど情報がスムーズに頭に入ってくるのでしっかり勉強しときましょう♪( ?ω?)わかりみ~

ということで「マイニング」に関係する用語解説、いってみよっ!!

トランザクションフィー

仮想通貨 ビットコイン

送金などの取引を行うときに設定されている「手数料」のことを「トランザクションフィー(Transaction Fee)」といいます♪

ビットコインをはじめとする仮想通貨では、トランザクション(取引の一連の流れ)を処理するときに「マイニング(採掘)」が行われます。

↓トランザクションについてはコチラ~↓

↓マイニングについて詳しく解説しとります~↓

このマイニングは、世界中の人がコンピューターを使って行っています(/・ω・)/オツカレサマデス

マイニングをしている人を「マイナー」と呼びますが、マイニングに成功したとき(データを処理できたとき)に、マイニングの報酬として受け取るコインとともにトランザクションフィーも送られます。

仮想通貨 ビットコイン マイニング

各取引所が送金のための手数料などを設定していると思いますが、これがトランザクションフィーです。
(ここから一部差っ引いている取引所もあるとかなんとかゴニョゴニョ)

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)といったコインでは、ときどき取引量が増えると取引所が「手数料を上げます(´・ω・`)」とアナウンスしすることがありますよね。

これは、取引を処理するマイナーさんの仕事量が増えるため、手数料も必然的に引き上げられる…ということですね。しゃーないの。

ちなみに、クレジットカード決済の処理にかかる手数料のこともトランザクションフィーといいます。わかりやすいですね~。

マイニングプール

仮想通貨 ビットコイン

マイニングをするにあたって、用意するものはコチラ。

・めっちゃとんでもなく性能の良いコンピュータ~~~(ドラえもん風)

というワケで、マイニングというのは基本的に計算合戦なので頭の良いコンピューターを使わないと話になりません。

私が使っているCore i3のSONY製VAIO(2014年製)では太刀打ちできないというワケですね。

さらに、休みなくコンピューターを稼働させて頭脳をフル回転させるため、とんでもねー電気代がかかると言われています。

そんなことをやろうとすると、こんな感じ。

OH…………( ;∀;)w

また、マイニング=稼げるという図式から、世界中で多くの方がマイニングを行っています。

そこで誕生したのが「マイニングをする集団=マイニングプール」です。

個人でマイニングを行うとなかなか採算が合わない…でも、マシンを持ち寄って集団でマイニングすればパワーアップ!

ということで行われています。

集団でマイニングを行い、マイニングに成功したときには得られた報酬をマイナーの頑張り度によって分けていく仕組みです。

世界中にあるマイニングプールですが、やはり大きな勢力をもつプールがたくさんあります。

勢力のあるマイニングプールについて

コチラのサイトで、マイニングのチームによる勢力の強さをチェックすることができます(/・ω・)/
BLOCKCHAIN

BTC.com 24.1%
AntPool 17.6%
BTC.TOP 12.2%
ViaBTC 11%
SlushPool 11%

(2018年2月10日現在)

今のところ、このようになっています。

以下、いくつものマイニングプールが続いていきます…。

特に現在シェア1位の「BTC.com」と2位になっている「AntPool」は、どちらもジハン・ウーという方が創業者です。

※ジハン・ウー(Jihan Wu)
Jihan Wu

マイニング機材を開発するBitmainという会社を経営しています。
ビットコインキャッシュ(BCH)の誕生・価格にも大きくかかわっている、仮想通貨界の超重要人物。
Jihan Wuさんのツイッター

クラウドマイニング

仮想通貨 ビットコイン

マイニングをしたい…でもスタートするのってもう遅いよね…マイニングプールもなぁ…(´・ω・`)

という方のために。

クラウドマイニング」という選択肢があります。

これは、マイニングを行っているところに「出資をする」ことです。

要は機材とか用意するのムリなんでそのかわりお金出します、マイニングしてください。ってことです。

マイニングが成功すると、投資額に応じて配当金がもらえる…という仕組みです。

メリットとしては機材を用意する必要がないことや、電気代もかからないことでとても手軽にマイニングに参加できることです♪

ただ、投資金をもらうだけもらってトンズラ…なんていう詐欺会社もありますし、マイニングが成功して実際に配当があるまでは時間がかかります。

「すぐマイニング参加してぇ!配当くれぇ!」という方は不向きです(´・ω・`)ショボン

オーファンブロック(孤立ブロック)

仮想通貨 ビットコイン ブロックチェーン

マイニングに関していろいろ見ていると、ときどき「オーファンブロック」や「孤立ブロック」という文字を見かけます。

なんのこっちゃ。

まず、ブロックチェーンというのはブロック(データのかたまり)がこんな感じ↓で一直線に連なっていきます。

■―■―■―■―■

ブロックをこうしてつないでいけるのは、マイニングによるものですよね(・ω・)

先ほどもお話ししましたが、世界中でた~~~くさんの方が日々マイニングを行っています。

…すると、同時に複数の方がマイニングに成功してしまうということが起こり得ます。

仮想通貨 ビットコイン

ここで生まれてしまうのが、「オーファンブロック(孤立ブロック)」です。

ブロックチェーンは上記でもお話ししましたように、ブロックが一直線に並んでつながるものです。

しかし、複数の方がマイニングに成功してしまうと、一時的にブロックが枝分かれしてしまいます(´・ω・`)

ブロックチェーンはこのように分岐してしまったとき、長いチェーンを正当なブロックチェーンと認識して、分岐した短いチェーンは消えてしまう仕組みとなっています。

この分岐して消えてしまうほうのブロックを、オーファンブロックといいます。

消える運命の孤立したブロックちゃんのことですね…(´;ω;`)

こういったブロックチェーンの分岐はしょっちゅう起こっていますよん。

ということで、今回はマイニングに関する用語解説でしたっ♪(/・ω・)/

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 初心者ガイド, 用語解説

関連記事