コインチェック、出金に向けてのアナウンス!Ripple社「xCurrent」がスペインで!【愚痴、失礼します。】

      2018/02/07

コインチェック coincheck

こんにちは、Makiです!(*´▽`*)

今日は節分ですね~。

幼稚園にも昨日鬼が来たそうですが、次男(年長)はもう中の人の存在を知ってるし、娘(3歳)は他の子が阿鼻叫喚のなか豆を楽しそうに投げつけていたらしいです。

………節分ですね。

さて。

今日はコインチェックから騒動後の補償について、動きがありましたね。

解決!というワケではありませんが、これまでのコインチェックユーザーの不安を少し払拭してくれるアナウンスではないでしょーか。

というワケで、今日の動きでございます。

コインチェック、出金への第一歩

コインチェック

連日報道されているコインチェックについて…。

1月30日に「出金再開の予定につきまして」という内容で、お知らせがありましたね。

このときには、出金についての「見通しをお知らせいたします」というお知らせだったので、まぁ確定的な日にちをお知らせしますというワケじゃなかったんですよね。

そして今日、お昼にこのアナウンスが。

“2018年1月30日付のリリースでご案内をしております通り、当社では現在、日本円出金に伴う技術的な安全性等について、確認・検証中であり、再開に向けた準備を進めております。外部専門家の協力も得つつ行っている確認・検証を踏まえ、皆様には日本円出金の再開時期をお知らせいたします。”

おぉ…(・∀・)

コインチェックが破産するーーーもうダメだーーみたいなツイートや報道がなされていましたが、とりあえずその危険はなくなったとみて良いでしょうね~。

そもそもそんなに騒ぐことじゃないと思ったけど、逃げらんないでしょこの状況。_(:3」∠)_

んで、今コインチェックの中に預けているみんなの資産って、どうなってるの…?と不安になりますよね。

“なお、お客様がアカウントに保有している日本円につきましては、金融機関の顧客専用口座に保全されております。また、お客様がアカウントに保有している仮想通貨(BTC/ETH/ETC/LSK/FCT/XMR/REP/XRP/ZEC/LTC/DASH/BCH)につきましても、ホットウォレットから退避し、コールドウォレット等に保管しております。”

「等」ってナニ!!!!!!!!w

…まぁいいや、とりあえず退避しているし安全に保管されてるってことだそう。

再開に向けた準備をしているってことですが、問題なのは「日本円出金」ですよね。

コインチェックユーザーが再開後いっせいに日本円出金を始めたら、コインチェックの資産が少なくなってしまうことになります(´・ω・`)

このパニックをどうやって抑えるかが、コインチェック再生のカギになりそうですね~…_(:3」∠)_

仮想通貨 ビットコイン イーサリアム

ちなみに私はこのまんまコインチェック使う予定です(・∀・)

すぐに出金可能です☆とはならず、もうしばらくかかると思いますが…それまでまったく動きが見えないよりかは、こうやって少しずつでもアナウンスがある方が安心できるのではないでしょうか?

非難のリプも飛び交っていますが、もう少し待ちましょう…!

スパルタな取引所のチェック報告、点検項目は43!

ビル 空

2月1日、コインチェックに金融庁の立ち入り検査が入ったことに併せて、各取引所への報告徴求命令が出た…とお伝えしました(・ω・)

↓そんときのニュースについて~↓

この報告徴求命令、取引所の安全管理体制はどうなっているのかなどをチェックしてすぐさま報告せいというものです。

仮想通貨取引所大手コインチェック(東京)で不正アクセスによって顧客の仮想通貨が流出した問題を受けて、金融庁が同社を除く国内の全取引所に出した報告徴求命令の全容が2日、分かった。

 点検項目は計43項目。顧客資産の管理やサイバー攻撃対策の詳細に加え、経営管理体制を含め自己点検して結果を報告するよう指示している。

 顧客の仮想通貨を常時インターネットに接続したままで管理するなど、コインチェックの不正アクセス対策は脆弱(ぜいじゃく)だった。

 金融庁はこうしたリスクを放置する経営にも問題があるとみて、徹底的に調べる必要があると判断したもようだ。金融庁は取引所からの報告を検証。必要に応じ、立ち入り検査を検討する。

引用:NEM流出を受け金融庁が取引所に命令 43項目の自己点検を指示|ライブドアニュース様より

ニュースによると、ぬぁんと点検項目は43項目…!

もちろん、多くの人から多くの資産を預かって運営する会社ですから、セキュリティ面では堅牢にしておく必要がありますが…。

1日に命令が出て、回答期限は2日(゜д゜)となんともスパルタな内容となっておりますが、どんな答えが提出されたのかが気になるところです。

この命令は金融庁に認可されている仮想通貨交換業者と、未認可のみなし業者のどちらもが対象となっています。

特に認可されている仮想通貨交換業者についてですが、提出された内容によっては金融庁から厳しい答えが返ってくるかもしれませんよね…認可取消とかあるんかな…(´・ω・`)

Ripple社のxCurrentがスペインの銀行で使われる♪

仮想通貨 リップル xrp

リップルちゃんの話題~っ☆(∩´∀`)∩

スペインの銀行・サンタンデールで、リップル社の「xCurrent」というソフトが利用されることになりました!

スペイン金融大手サンタンデールは米リップルの技術を使い、スペイン、英国、ブラジル、ポーランドの一般消費者向けにモバイル決済アプリを今年の第一四半期にリリースする。同行が31日に開いた17年の業績説明会で明かした。実現すれば、銀行が運営するブロックチェーンベースの消費者向けアプリとしては世界初となる。

 業績説明会のプレゼンによると、同アプリにはウォレットやP2P決済の機能の他、リップルの技術を使ったクロスボーダー決済機能も搭載。「3クリックで40秒以内」の決済を可能にするという。

 サンタンデールは個人向け国際決済市場の規模を約1兆4000億円と見積もっており、同アプリを以てこれを狙う。

 ちなみに同アプリが採用するのはリップルのxCurrentという銀行向けソリューションであり、ネイティブトークンであるXRPではない。XCurrentは銀行間で送金や着金の前後にリアルタイムで双方が確認できるようにするソフトウェアだ。

引用:サンタンデール銀行 リップル使った消費者向けモバイル決済アプリをリリースへ 欧州や南米市場狙う|コインテレグラフジャパン様より

ただ、ブリッジ通貨としての「XRP」が使われるのではなく、あくまでリップル社の技術が利用される…というニュースです。

仮想通貨 リップル xrp

とはいっても、この技術を使ってスペイン・イギリス・ブラジル・ポーランドの人たちにモバイル決済アプリのサービスを提供するっちゅーのは…すごいことですよ!(゜д゜)

3クリックで40秒以内の決済」を目指しているとのことですし、このアプリにはウォレット機能もついちゃう☆ということでかなり使いやすそう。

こういった動きからXRPも注目されて、併せて実用化されていくんでしょうね…

リップル(XRP)買い増しやーーーーー!!!(゜д゜)www

小言。(長い)

パソコン

実は、コインチェックの件が起きる前にとあるテレビ局から取材を申し込まれました。

仮想通貨の盛り上がりに着目したのでしょう。

「関東にお住まいなら直接取材を…」と言われましたが、私のプロフィール見れば「安芸の国」って書いてるし一目で関東じゃないってわかりますよね。見てないってことです。

まあ、誰でもいいんですよねこういう取材って話聞けりゃ。

んで、コインチェックの騒動が起こりましたね。

また連絡がきたんです。

「NEMをコインチェックに入れてましたか?取材させてください」だって。

ツイートやブログをちょっと見ればわかると思うんだけどなぁと思いながら、丁寧に返信しました。

仮想通貨 NEM

私が買っていたのはXEMだ。

コインチェック当事者なのはブログにもツイートにも書いとる。

コインチェック騒動から憤ってしまう内容の報道があまりにも多くてイヤになっとる。

見たらわかると思うけどワシも子ども3人おって暇じゃないんで取材に時間割けん。

私じゃなくても誰でも良いならほかの誰かをあたってください。

オブラートに包んで返信~~~_(:3」∠)_

…いやもうホント、最近の報道ってなんかあったら嗅ぎつけて突撃ーーー☆みたいなのがイヤ。

一番アレだったのは、電車で赤ちゃんを出産した女性のニュース

ご本人のTwitterを拝見したんですよ。

リプには「無事に生まれてよかったね!」と良い雰囲気だったんですが、そこにメディアの「この件について取材させてください」のリプが。

…もう、アホちゃうかと。

産後間もないお母さんに取材させてくれって…ただでさえこういう状況で出産して心労があるだろうに、あんた追い打ちかけて何かあったら責任取れんの?って話です。

もちろん、フルボッコにされてましたけどね。

確かに鮮度の高い情報は多くの人が欲しがるモンですよ、でも情報が取れればそれでいいの?って思いませんか?

昨年、仮想通貨についてじゃないんですけど取材を受けまして、そん時は電話取材だったんですけど実際には「こんなこと言ってねーし」みたいな内容に脚色されてたんですよね。

パソコン 女性

私も文字を書いてみなさんに伝える仕事をしていますが、この件で報道ってなんや…伝えるってなんや…取材って…とけっこう落ち込んだんです。

ライターのはしくれです、取材をするときには相手の方に対して明確な目的がありますし、ある程度相手のことを調べて二度手間にならないような質問を用意しておくくらいのことはします。

うわべだけの適当な質問で、同じようなことばかり報道して、それでいいんか…と負のループに陥ってしまいました(´・ω・`)

あれからも他のところからも取材のDMが来たんですが…もう、取材受けん。知らん。

自分の仕事とも重なる部分があってモヤモヤしてました、ここで吐き出させてもらいました…_(:3」∠)_スミマセン

しゃーーーーSTZ(ストロングゼロ)飲んでスッキリしよう!!!(´;ω;`)ご清聴ありがとうございました!!!ww

初心者の方におすすめの取引所
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
CMでもお馴染みの「bitFlyer(ビットフライヤー)」は取引量・ユーザー数・資本金、第1位!

・ビットコイン
・イーサリアム
・ライトコイン
・リスク
・モナーコイン

…など全7種類のコインを取り扱っていますよ(´・ω・`)

登録はもちろん無料、操作もカンタンなので初心者の方にもおすすめ
おすすめの海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、国内では手に入らない有望なコインが盛り沢山♪

また、国内取引所と比較して、手数料も格段に安いからオトクにアルトコインをGETできますよ(*´∀`*)

 - 仮想通貨ニュース