3分で分かる!仮想通貨「マイニング」とは?ブロックチェーンとのつながり、マイナー(採掘者)になりたい人へ

      2018/02/09

仮想通貨 ビットコイン

こんにちは、Makiで~す!(*´▽`*)ノ

以前からよくCMで放送されていたそうなんですが、ここ最近になって仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」のCMを見かけるようになりました!

ついつい、手を止めて見てしまいます…w

さーてさて、そんなビットコインでおなじみの「マイニング(採掘)」。

今回はマイニングってなんじゃ!?という方のために、詳しく&わかりやす~くお伝えしていきますねっ!(ノ゜д゜)ノ

取引の不正を防ぐ!仮想通貨のマイニングについて♪

ビットコイン 仮想通貨

「マイニング」というのは、採掘・発掘という意味があります。

ビットコインをはじめとする仮想通貨では、

マイニング=取引データの記録をすること=通貨がもらえる!

…という図式になっています。
(なんと短絡的なw)

この意味ですが、まず仮想通貨は送金など取引が行われると、その情報(データ)がすべてネットワークの中に記録されていきます。

仮想通貨の取引に参加しているみんなのコンピューターでそのデータを保存しているので、たとえば私のパソコンが壊れたとしても、世界中の取引に参加しているコンピューターを壊さない限りデータは失われませんっ!(゜O゜)

でも、もし仮想通貨を使って不正をしようとしている人がいたら…?(T_T)

取引データを記録していく中に、不正なデータがそのまま残ってしまいますよね。

これを防いで、正しい取引・正しいデータを残していくために、マイニングが行われるんです!!

ビットコイン 仮想通貨 マイニング

マイニングは、取引データをネットワークに記録していくことをいいます。

…でも、誰が記録するの?正しい・不正って誰が判断するの?って思いますよね。

銀行を利用して取引するなら、銀行で通帳に記帳したり銀行で不正がないかチェックをしてくれます。

仮想通貨の場合、私たちユーザーがその判断をするんですよっ!Σ(゜д゜)

マイニングとブロックチェーンの関係、マイニングが難しいワケ

世界中で行われている取引すべてが正しく行われているかどうか………もう一度言いますよ、「世界中」で行われている取引です…

つまり、毎日とんでもない数のデータが発生しているってことですよ…!

これすべてのチェックをするとなると、どんなに高性能のコンピューターでもひとつだけじゃ足りませんよね(´・ω・`)

そこで、取引に参加する有志のみなさまの力を借りるのですっ!

みんなのコンピューターの計算能力を使って、データを処理していきましょうということなんです。

マイニングの画面はこ、こんなカンジです…。
(数字の羅列で目が痛いっす…w)

取引のデータは過去のデータと照合しながらどんどん記録されていきます。

コンピューターが計算を進めて照合した結果、OKが出たらそのデータはネットワーク上でデータのかたまり=「ブロック」として、過去のブロックとつながっていきます。

ちなみに、ビットコインの場合ブロックは10分に1つ作られ、ライトコインの場合は2分半に1つブロックがつくられますよっ(*’ω’*)

↓ライトコインの詳細に関してはコチラ↓

こうしてブロックがどんどんつながっていき、ネットワーク上で取引の情報が次々に記録されていく…これは先日ご紹介した「ブロックチェーン」という技術のことです(^ω^)ノ

つまり、マイニングというのは冒頭でもお伝えしましたとおり、【マイニング=取引データの記録をすること(ブロックチェーン)=通貨がもらえる!】という図式になっているんですね♪

…稼げる…夢がある…あぁ、私もマイニングしてぇ。

でも、マイニングって超高性能のコンピューターを使って計算しっぱなしなので、とんでもない電気が必要になりますしコンピューターや専用のマイニング機材が必要になります。

専用の機材ってのは…

GPU マイニングリグ
仮想通貨 ビットコイン マイニング
ビットコイン 採掘USB ASICMiner USB
仮想通貨 ビットコイン マイニング

…こんなのが必要になるらしいんですが、いやもう、何に使うんだかわかりません。

↑こんな状態です。
(頭の悪い人、めっちゃ流行ってますね)

ということで、特にビットコインの場合にはかなりコストがかかるそうなので、アルトコインを狙っていくと良いみたいですね。

アルトコインの中でもマイニングで新しいコインを発掘するのではなく、ネム(XEM)のように「ハーベスティング」という方式で通貨をもらうことができるというタイプもあります。

ネムについては、またご紹介しますねっ!(*’ω’*)

まとめ

仮想通貨 ビットコイン

ビットコインやイーサリアム、ライトコインといった主要な仮想通貨は、今回ご紹介した「マイニング」によって日銀で発行される日本円のように枚数を増やしていきます。

ただ、発行される上限が決められているので(無限の通貨もあります)、基本的にはマイニングをすればするほどその難易度は難しくなっていきます。

特にビットコインは2,100万枚という上限が決められていますが、すでに1,600万枚が採掘されています。
(2017年1月現在)

「半減期」といって、ある一定期間ごとに(約4年に一回)マイニングでもらえる報酬が半分になっていきます。

どんどん採掘しにくくなっている=報酬が少なくなっているので、これからビットコインのマイニングに参加する…のはコスト面でちょっと難しいかもしれません(´・ω・`)

なので、あまり目をつけられていないようなアルトコインのマイニングを行うのが良いのではないでしょうか??

アルトコインについては、主要なものからマイナーなものまでひとつずつご紹介していきますのでぜひチェックしてみてください☆

以上、マイニングについてでしたっ!(*”ω”*)

初心者の方におすすめの取引所
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
CMでもお馴染みの「bitFlyer(ビットフライヤー)」は取引量・ユーザー数・資本金、第1位!

登録はもちろん無料、操作もカンタンなので初心者の方にもおすすめ
おすすめの海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上!

手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - ビットコイン, 仮想通貨Q&A, 初心者ガイド

関連記事