Q4レポート発表!Ripple(リップル)社提携先のIDTとmercury FXとは?今後の展望について考察

      2018/02/07

仮想通貨 リップル xrp

こんにちは、Makiです!( *´艸`)

先日、リップルが第4期のレポートを発表して話題になりましたね♪

…ブログに書くのが遅いって??(・∀・)スンマセンww

ということで!

今回はリップル社と新しく提携を発表した2社について、どんな会社なのか?ということや、今後についてを見ていこうと思います☆

個人的なリップルの今後についても書いていますが、妄想としてお付き合いくださいましー。

Ripple×●●…?どんな企業なの?

仮想通貨 リップル xrp ripple

2018年1月24日、Ripple社からレポートが発表されました♪

気になるその内容ですが~…

「mercuryFX」
「IDT Corporation」

…と2社の公表!Σ(゜д゜)

このふたつの会社、いったいどんな会社なんでしょうか( *´艸`)んふ

提携先1・mercury FXについて

mercury FX

マーキュリーFXは、2007年にイギリス・ロンドンで設立された会社です。
mercury FX

2012年に香港、南アフリカ共和国のケープタウンにも支社をかまえています。

名前に「FX」とありますが、国際的に主要な銀行よりも安く、さまざまな場所の通貨を早くトレードする「為替交換業」を行っています。

小口送金は手数料が高く、振り込みが完了するまでが遅い(´・ω・`)

この状況を打破すべく、取り組んでいる会社です。

おぉ…こりゃリップルのXRPと深く結びつきそうですね。。。

創設者メンバーの中には、ケープタウンで経済学を学んだ方もいらっしゃるとのことで、低い手数料で国際送金を求められている現状を目の当たりにしているのでは…と思われます。

提携先2・IDT Corporationについて

IDT Corporation

IDT Corporationは、1990年に設立されたアメリカの電気通信会社
IDT Corporation

マーケティングに関するさまざまな賞を受賞したり、アジア・ヨーロッパをはじめ20か国以上に事業を展開している大きな会社です。

ウィキペディアによると、IDTでは2018年1月24日・すでにXRPを利用したパイロットテスト(計画通り動くかどうかの実験)が行われたと記載されています!(゜д゜)マジか!

電気通信会社ということで、電話(国際電話やプリペイド携帯)に関する事業を手掛けていましたが、小売部門を通じて決済サービスも展開しています。

世界中の小売業者のネットワークを通じて、オンライン決済などの支払いサービスをよりスムーズに…という目的を持っているようです。

…ということでぇ(・∀・)

やっぱり、リップル社に通じるものがありますよね~(・∀・)w

「xRapid」が大きく取り上げられる意味

xRapid

リップル社が提供している大きなサービスの中に「xRapid」というものがあります。

MoneyGram

先日、提携を発表した「MoneyGram(マネーグラム)」でも、このxRapidが利用されることが話題になりましたね♪

↓xRapidの利用について詳しく説明しています~↓

国が違えば通貨が違う、けれど国をまたいでの送金がしたい…(´・ω・`)

もちろん、国際送金はできますが手数料がアホみたいに高いですし、そして時間がかかってしまう。

でも、リップルのブリッジ通貨であるXRPを使うことで、速くスムーズにお金を送ることができるんです♪

今回提携が発表されたIDT CorporationではすでにXRPを使った実験が行われているようですし、少し前までは「通貨としてのXRPは使われんわ(T∀T)ヘッ」と言われていたのがウソのよう。

さらに提携先が増えることは確実視されていますし、XRPが使われる機会も多くなる…ってことです!(*’ω’*)

個人的な考え・まとめ

仮想通貨 リップル xrp

リップル(XRP)はこれまで、提携や好ニュースが流れてきてもなかなか価格が上がらない(´;ω;`)とリップラーを泣かせてきました。(私も)

今回の提携でも上がった!(*’ω’*)ということは特になく…………さらに、Twitterでは「アリババとかアマゾンとかでかい提携じゃない」という声も。

ただですね。

今回の2社はじゅうぶん大きな会社ですよ。マネーグラムもね。

そしてね。

あくまで私の考えですけどね。

アマゾンレベルの大きな提携っつーのはもう少し先なんじゃないの?と思います。

いきなり「世界的な超大手と提携しました!」といえば、それは当然爆上げ要因になるでしょう。

仮想通貨 リップル xrp

でも、リップルはこれまでを見ればわかりますが、日本・世界の金融機関と信頼関係を着実に築きながら、少しずつ、少~~~しずつ土台を固めています。

提携したよ(・∀・)というのも大々的に公表するのではなく、「定期的なレポートで発表する」という形をとっていますよね。

仮想通貨としてXRPに投資する方はどうしても「価格」を重視してしまいがちですが、リップルは少しずつそのネットワークを広げてきています。

なので、いざ!XRPがブリッジ通貨として、世界で実際に使われることになったらえらいこっちゃになることがわかります。

まずは大きなところとドドーンと提携するのではなくて、地道に各地の企業や金融機関と手を組んでいくことによって、大きな1社のみで使える…ではなく、広く利用価値が生まれていきますよね☆

世界各地でXRPを使った送金や支払いの体制がいよいよ整いました~…というときに、最終的に「●●と提携!」となるんじゃないのかなぁなんて思っています(∩´∀`)∩ワクワク

今はいろんなニュースで仮想通貨全体がヘコみがちですが(´・ω・`)ショボーン

やっぱりリップルの将来性に希望を感じて握っている身としては、少しずつ提携先がわかってくると、そう遠くない将来のことをいろいろ思うワケです…♪

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 仮想通貨ニュース, アルトコイン, リップル(XRP)