【日本語訳】Weiss Ratings仮想通貨格付け、結果は?公式メールから読み解く今後について

      2018/02/07

Weiss Ratings

こんにちは、Makiです!(*’ω’*)

うぅ~~さぶっ、今日は雪が積もっていたので夫が早めに出勤しました(5時半起きツライ)

事故やケガが相次いでいるようですが、皆さんお気をつけて…(´;ω;`)

と、コタツの中からブログを書いています。どうもすみませんでした。

今日1月25日は「主婦休みの日」だそうです!

ド平日なのでなかなかそうはいきませんが…
(誰か振り替え休日作って!!!!!!)

さてさて、先日ブログにも書きました「仮想通貨格付け」について結果が出たようなので、日本語訳しながらまとめていきたいと思いま~す(∩´∀`)∩

仮想通貨格付け、開始~☆

格付け 星 スター

ついに行われました、仮想通貨格付け。

↓格付けの予告について~↓

う~ん、なかなか微妙?な結果になったんですが…また、格付け結果や情報もちょっとゴチャゴチャになっているようですし、偽の情報も出回っているようです。FUDだ、FUD。

↓FUDってなんじゃ!?↓

なので、Weiss Ratingsから届いたメール(事前登録しといたヤツ)をもとに書きますね(・ω・)ノ

公式からのメールなので間違いないと思いますが…Google先生、よろしくお願いします!(翻訳)

Weiss Ratings(ワイスレーティングス)について・メール(日本語訳)

リスクヘッジ ブタ

この格付け機関、どーなっとんや(゜д゜)みたいな声が多いですね、私も結果を見ると「???」と思うところはありましたが…

とにもかくにも、まず公式からきたメールを見てみたいと思います。

“What makes Weiss’ entry into cryptocurrency ratings significant is its history of independence and accuracy in other investment sectors, as noted by the U.S. Government Accountability Office (GAO), Barron’s, The Wall Street Journal, and The New York Times, among others.”

Weissは、GAO(米国政府会計検査院)といった政府機関のほか、ウォールストリートジャーナル、ニューヨークタイムズなどの世界的メディアも指摘されるように、独立性と正確性のある歴史を持っています。

““Despite extreme price volatility, cryptocurrencies have a bright future and the potential to deliver unusually large profits to investors,” said Weiss Ratings founder Martin D. Weiss, Ph.D. “However, the market is hectic and confusing for investors. They need the clarity that only robust, impartial ratings can provide.””

そんな機関の設立者であるマーティン・D・ワイス博士は「極端な価格変動があるにもかかわらず、暗号通貨は明るい未来と、投資家に異常なまでに大きな利益をもたらす可能性を秘めている」と話しています。

その一方で、投資家にとって市場が混乱しているため、堅牢で公平な「格付けだけが提供できるわかりやすさ」が必要だと言います。

“The Weiss Cryptocurrency Ratings evaluate price risk, reward potential, blockchain technology, adoption, security, and other factors. “Due to rapid changes in the data,” explains Weiss, “upgrades and downgrades are more frequent than in other sectors we cover.””

「Weiss Cryptocurrency Ratings」は暗号通貨の価格リスク、セキュリティ、ブロックチェーン技術などさまざまな要素で評価します。

データの急激な変化に備えて、アップグレード・ダウングレードは他よりも頻繁に行われています。

…だそうです。(/・ω・)/

格付けのランクについて

評価 チェック リスト

え~ではまず格付けのランクについて。

今回残念ながら「Aランク」のコインはありませんでした。

“PALM BEACH GARDENS, FL ? Weiss Ratings, the nation’s leading independent rating agency of financial institutions, has released today the nation’s first-ever grades on cryptocurrencies by a financial rating agency, despite a massive Korean cyberattack on its website. Weiss gives Bitcoin a C+ (meaning “fair”) and Ethereum a B (“good”). None of the cryptocurrencies covered currently get a grade of A (“excellent”).”

これによると…

格付けのランク
  • A…「優秀」
  • B…「良い」
  • C…「ほどよい、まずまず」

(※Cランクの意味は「fair」とありますが、ほどよいの他にも「公平」という意味があるので、基準といった意味にもとらえられるように思います。)

メールには4つのコインについてそれぞれランクが記載されているので、これを見てみましょう☆

【公式メール記載】5つのコイン格付けについて

評価 チェック リスト

ビットコイン
(ランクC+)
ビットコインは、セキュリティと普及率に優れています。
しかし、大きなネットワークボトルネックが発生していて、取引の遅延や高いトランザクションコスト(手数料)が発生します。
ビットコインは初期の成功を達成させるために、継続的な努力をしているにもかかわらず、ソフトウェアコードをアップグレードするための即時メカニズムはありません。
イーサリアム
(ランクB)
2番目に広く使われているイーサリアムは、いくつかのボトルネック問題があるにもかかわらず、より簡単にアップグレードが可能な技術とより速いというメリットを持っています。
ノヴァコイン・サラスコイン
(ランクD)
ノヴァコイン(NVC)とサラスコイン(SLS)については、技術革新と採用の面のどちらも弱いです。
スチーム
(ランクB+)
Steem(STEEM)は、ソーシャルネットワーク(SNS)の特徴に沿って考慮されており、考えられるほぼすべての重要な要因に対して強く、比較的良好なバランスとなっています。

…とのこと(・∀・)

公式メールに記載されていたのはここまでで、あとはWeiss Ratingsのサイトで有料版として、今回発表されたすべてのコインの格付け結果をチェックできるそうです。

そのニセモノ?がTwitterなどに出回っているようなので…気になりますが、私は公式メールの内容のみを書いておきますね(´・ω・`)ノスンマセン

まとめ

仮想通貨 ビットコイン

何が驚いたって、冒頭でサラッと「韓国から大規模なサイバー攻撃があった」って言っとることですよ。

Weiss Ratings設立者のマーティン・D・ワイス博士は、今回の攻撃を「自分たちにとって優勢なコインについて、マイナスの格付けを恐れたのでは」と話しています。

そんな中で格付けを行ったそうなんですが、コインの価格や今後に影響するからヤメロ!!ってな攻撃だったんでしょうかね?(´・ω・`)

仮想通貨 ビットコイン

そして、Weissへのアクセスについて。

ほぼ金融に関係するアメリカの顧客ばかりなので、普段はアジアからのアクセスはないのですが…昨日は10万人以上の訪問者があったため、サーバー容量を何度も拡大したそうですw

みんな繋がらん!!(´;ω;`)ってすごかったもんねww私もですww

Twitterでは今回の格付けに関する書き込みが「ツイートしてんの日本人ばっかりじゃん」というのも、仮想通貨に関心が高い韓国ではサーバーへの攻撃が行われていたように、誰かがわざと広めないようにしていたのでは?なんてゲスパーします。

というワケで、もっと結果を書きたいけど…ホントにコレが正式です!ってやつが出たらまとめようかな?と思います。

今回の格付けは「な~んだ(・ω・)」という結果に終わったんじゃないかな?

ただ、結果によって相場に大きな影響はなくても、それを見た仮想通貨トレーダーの人の心理には何か働きかけるモノがあったんじゃないかなー…と。

「あぁ、自分の推しコインのランクが低い…」
「えっ、あのコインそんなに評価高いの?」

…などなど。

FUDだ、FUD!w(2回目)(言いたいだけ)

今後も格付けは行われていくようなので…まぁ、テレビの格付け番組を見るような感覚でいればいいんじゃないすかね?( ´∀`)テキトーwww

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 仮想通貨ニュース