仮想通貨「Zcash(ジーキャッシュ)」の特徴・今後の将来性を解説!ZECを購入できる取引所は?

   

仮想通貨 zcash zec ジーキャッシュ

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩

今回は、アルトコイン記事でございます~~~♪

いろんなコインの紹介をしてきましたが、今日はZcashでございます先生!!

Zcashと書きますが、コレ「ジーキャッシュ」と読みます。

いったいどんな特徴を持ったアルトコインなのか、見てみましょうっ☆

Zcash(ジーキャッシュ)の基本スペックについて

仮想通貨 zcash zec ジーキャッシュ

Zcash(ジーキャッシュ)
通貨 ZEC
ローンチ 2016年10月28日
最大供給量 2,100万枚
サイト 公式サイトはこちら
Twitter 公式Twitterはこちら

Zcashは「匿名通貨」として知られているコインです。

Verge(バージ)やDash(ダッシュ)といった匿名通貨についてもご紹介していますが、Zcashはトランザクション(取引)を完全匿名にしてくれる機能をもっています。

それが「ゼロ知識証明」というヤツです。なんそれ。
(あとで解説します)

承認の方法(アルゴリズム)はビットコインと同じく「Proof of Work(プルーフオブワーク)」となっています。

つまり、コンピューターで電気代がっつり消費しながらバリバリ計算をした人が承認の権限をもつってことです。

↓他にもあるよ、Proof~…↓

ブロックの生成時間は約2分半、ビットコインは10分なので4分の1ほどになりますね(/・ω・)/

2017年にはJPモルガンとの提携が発表されたり、2018年1月頭には新機能やバグ修正が盛り込まれたバージョンもリリースされています。

聞きなれない特徴をもつZcashですが、いったいどんな内容になっているのかを詳しく見てみましょう♪( *´艸`)

最大の特徴「ゼロ知識証明」について

仮想通貨 zcash zec ジーキャッシュ

はぁ~~「ゼロ知識証明」?知識ないってこと?なんて思ってしまうほど、ちんぷんかんぷんな言葉ですね(・∀・)w

“暗号学において、ゼロ知識証明(ぜろちしきしょうめい、zero-knowledge proof)とは、ある人が他の人に、自分の持っている(通常、数学的な)命題が真であることを伝えるのに、真であること以外の何の知識も伝えることなく証明できるようなやりとりの手法である。ゼロ知識対話証明(ZKIP)とも呼ばれる。”

引用:Wikipedia様より

…だそうです!!!(丸投げ)

ビットコイン(BTC)取引の場合って、誰がどれくらいコインを送ったかがわかりますよね?

ブロックチェーン上にこの情報がしっかり記録されるため、特定の管理者がいなくてもみんなで監視をし、そうカンタンには不正ができない状態にしているのが特徴です。

ただ、誰と誰がコインの取引をしたか、いくら送ったかなどの情報がわかってしまうことで、情報が洩れてしまう・プライバシーの問題などなんらかのリスクを負っていることは間違いありません(´・ω・`)

仮想通貨 zcash zec ジーキャッシュ

Zcashのゼロ知識証明は、この「誰と誰がどれくらいのコインの取引をしたか」という情報を公開しなくてもOK―(゜∀゜)―♪というものなんです。

人にある話をしたとき、コレは実話なんだよ・真実なんだよということを伝えるにあたって、「この話は真実」という事実以外に他になんの情報も伝えず証明するというやり方のことをいいます。

もし、この情報を見たいんだけど…というときには送金した人・受け取った人、つまり取引の当事者のみがその内容を見ることができます。

モネロ XMR

Zcashと並んで匿名3兄弟といわれるDash(ダッシュ)とMonero(モネロ)ですが、これらはコインの履歴は隠されているものの、取引されたコインの数量やアドレスは公開されています。

Zcashはすべてが隠されているので、まさに匿名通貨と呼ぶにふさわしい暗躍者的存在なんです☆

ちなみにこれまでにご紹介しました、匿名通貨も貼っときますのでぜひ違いをチェックしてみてください♪

↓プライバシーのON・OFFができるVerge(バージ)について↓

↓コインをシャッフルして送金!Dash(ダッシュ)について↓

Zcashを買えるのはドコ??

仮想通貨 zcash zec ジーキャッシュ

Zcashは国内取引所では唯一「コインチェック(coincheck)」が取り扱いをしています!

国内取引所でおもに利用されているbitFlyer(ビットフライヤー)ザイフ(Zaif)は、仮想通貨交換業者としての登録を2017年内にすでに終えていますが、このZcashをはじめとした匿名通貨の取り扱いがありません

逆に、Zcashやモネロ、Dashの匿名3兄弟を取り扱っているコインチェックはいまだ登録が終わっていない原因は匿名通貨が登録への足かせになっているとウワサされていました…(´・ω・`)
※その理由については、のちほどお話ししたいと思います…。

そのため、Zcashを売買するのであれば海外取引所がおすすめになりますよ(〃∇〃)

メジャー取引所でZcashを取り扱っているのは…

バイナンス(Binance)
フオビ(Huobi)
ビットトレックス(Bittrex)

…などで取引が可能ですよ♪

バイナンス binance

特に、世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」は取引手数料も格安で取扱銘柄も100種類以上とおすすめの取引所になります(´・ω・`)

↓バイナンスを使うメリットや使い方はこちら↓

また、フオビ(Huobi)も取扱銘柄も多く、日本語対応している点が魅力

海外取引所をお持ちではない方は、この機会に登録してみると良いかもしれません(*´∀`*)

JPモルガンと提携、秘匿技術に大きな期待

j.p.morgan

Zcashの今後ですが…まず大きいのは、なんといってもJPモルガンとの提携という実績です。

2017年5月、JPモルガンとZcashを開発しているZECCという会社が提携を行ったことを発表しました☆

モルガンは、自社内で利用する「Quorum」というイーサリアムベースのプラットフォームを開発しています。

ここでZcashの秘匿技術が役立つ…ってことで提携をしとるんですね~(・∀・)

そりゃそうですよね、今までの仮想通貨と違って取引の当人同士のみが情報をチェックできる仕組みなんですから。

仮想通貨 zcash zec ジーキャッシュ

ということで、モルガンはもちろんのこと他の場所でもZcashの技術が利用されています!

ちなみに…モルガンといえばCEOのおっさんがビットコインについて「詐欺だ」発言から「ブロックチェーンは本物や」という発言に軟化しているのが話題になりましたよね。

↓そのときのニュースについて↓

闇サイトにも?コインチェックの認可にも関係?

仮想通貨 zcash zec ジーキャッシュ

そしてもうひとつ、Zcashが使われているのが「AlphaBay(アルファベイ)」です。

闇サイトとして知られているアルファベイですが、ここでは麻薬や銃など違法な取り引きが行われています。

それゆえに、秘匿性の高いZcashに目がつけられるのは当然っちゃ当然なんですが…

ビットコインじゃー先ほどお話ししましたように、取引の記録(誰が、誰になんぼ送ったか)がわかってしまうんで、こういったワルイことには使えませんよね(´・ω・`)

かといってZcashもそういう悪いことに使っちゃいけんのですがw

犯罪に使われるのではなく、モルガンのように良いことに利用されていくのが望ましいのですが…もちろん、どうなるかわかりません。

仮想通貨 zcash zec ジーキャッシュ

先ほどお話ししましたように、国内取引所で唯一Zcashを取り扱うコインチェックがいまだに仮想通貨交換業者の登録を済ませていないのは、このせいだとも言われていました…。

悪いことに使っちゃうオトナがいるんですね~…やだやだっ!_(:3」∠)_ハァ…

アルファベイのような闇取引をするサイトはいくつもありますし、そういったところでZcashの技術が使われれば当然値段が高騰することもあるでしょう。

逆に、国が仮想通貨の規制を行っていくにつれて、Zcashをはじめとした「匿名通貨」の規制を行うことは予想されます。

そのときに価格が落ちてしまう…ということもあり得ますので、ホルダーの方(コインを持ってる人)はよく考えておきたいものですね…(´・ω・`)
(闇サイトはもちろんなんですけど、単純に税金とかどうなるんだろう?という疑問もありマス…)

仮想通貨 zcash zec ジーキャッシュ

とにもかくにもッ!!!

Zcashはブロック生成時間が2分半、取引の内容も第三者には公開されておらず匿名性が高いという特徴から、ビットコインのデメリットを埋めてくれるコインだと評価されています。

今後日本はもちろん、世界で仮想通貨に対してどのような規制が行われるかによっては大きな変化が起こるでしょう。

Zcash、がんばれーっ!!(`・ω・´)

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - アルトコイン, ジーキャッシュ(ZEC)

関連記事

仮想通貨 ライトコイン LTC
【ライトコイン】チャーリーが推すアルトコイントップ3は?Litecoin Coreアップデート!LiteIMでLTCがSMS経由で送金できるように?

こんにちは、Makiです!(∩´∀`)∩ 今マンションが工事中でしてね、日中家に …

仮想通貨 ALIS
ALIS×Microsoftがタッグを組む?PoA、Azureって何?Liquid by QUOINE、転生の注意点!

こんにちは、Makiです!(^ω^) 前回のブログでは、皆さんにおめでとうと言っ …

仮想通貨 mainframe メインフレーム MFT
仮想通貨「Mainframe(メインフレーム)」の特徴や将来性を解説!MFTを購入できる取引所は?

こんにちは、Makiです!(*´ω`*) さ~て、気になるアルトコインシリーズい …

仮想通貨 Libra Credit ライブラクレディット LBA
仮想通貨「Libra Cradit(LBA)」の特徴や将来性を解説!LBAを購入できる取引所は?バイナンスと提携?

こんにちは、Makiです!(^ω^)ノ さ~さ~気になるアルトコインシリーズです …

仮想通貨 pchain ピーチェーン PAI
仮想通貨「PCHAIN(ピーチェーン)」の特徴や将来性を解説!PAIを購入できる取引所は?クロスチェーン取引・DAppsとの連携って?

こんにちは、Makiです!(*´Д`) 今回は気になるアルトコインシリーズ、です …