2017年に起こったビットコイン分裂、HFコインの特徴まとめ!今後の予定は?【ハードフォーク】

      2018/02/07

仮想通貨 ビットコイン

こんにちは、Makiです!( *´艸`)

さーて、年末です。

ビットコインの時期です。

そうです、「ハードフォーク」です。

分裂して生まれるコインだからフォークコインと呼ばれますが、とにかくいろんな種類のコインが出るわ出るわ!(゜д゜)

フォークされそうになって結局中止になっちまったヤツとか、取引所が対応するんかせんのかわからんヤツとか、いろんなのがありますが…

今回は、みけちゃん(@mikean66)がビットコインのハードフォークタウンの続きをつくってくれるそうなので、喜んで書いてみましたッ☆てへっ☆ヾ(*”ω”*)ノwww

…というワケで、書いたよ(・∀・)ww

・今年2017年に起こったハードフォーク
・そして今後起こると予定されているハードフォーク

…について、まとめてみました~♪(/・ω・)/

今年2017年に誕生したフォークコインたち♪

2017年8月・ビットコインキャッシュ(BCH)

仮想通貨 ビットコインキャッシュ

ハードフォークで生まれたコインの代表、言わずと知れたビットコインキャッシュさん。
ビットコインキャッシュ公式ツイッター

ビットコインの送金詰まりが問題視された今年の春、Segwitがどーたらこーたら、SegwitつけたらマイニングにASICが対応せんとかどーたらこーたらで生まれました。
(説明の雑さよ)

ということで、ビットコインキャッシュは、

ビットコインキャッシュの特徴
  • ビットコインのブロックサイズ1MBに対して8MB
  • マイニングもASIC(マイニング機材)に対応しているためザクザク掘れる

…っちゅー特徴を持っています。

↓ビットコインキャッシュについて解説しとります~↓

付与が行われた当時(8月)は一時1BCH=80,000円前後の値をつけましたが、その後じわじわと価格を下げていき、35,000円~40,000円あたりをウロウロ。

そして11月に入り、仮想通貨の基軸通貨である本家ビットコイン(BTC)の送金詰まりがより問題になってきたところで……ドカーーーン!(゜∀゜)ww

一気に価格が高騰し、10万円…20万円…と伸びてきました。

なんといっても、ブロックサイズが大きく送金遅延のあるビットコインに比べると取り引きが早いのは魅力なことですし、ビットコインという名前はついているものの、完全なる別モノです。

フォークコインが続々と誕生・予定される中、ビットコインキャッシュはフォークコインの先駆けとして成功したと言えますね!(∩´∀`)∩

ビットコインキャッシュ

今ではTwitter上でもビットコイン(BTC)コア派とビットコインキャッシュ(BCH)派による論争が繰り広げられております…こえぇ。

ビットコイン ビックカメラ

ビットコインが全国のビックカメラで決済に使えるように、ビットコインキャッシュもまたさまざまなところで決済通貨として利用できるようになってきています♪

一時は48万円超えの値段をつけたビットコインキャッシュ、2018年はさらにビットコインの送金詰まりが問題になるでしょうし、基軸通貨にとってかわる存在!?とウワサされています…。

今では国内の仮想通貨取引所の多くでビットコインキャッシュが取引されていますよん♪(/・ω・)/

2017年10月・ビットコインゴールド(BTG)

ビットコインゴールド BTG

ハイ、続いて出てきたのが「ビットコインゴールド」というヤツ。
ビットコインゴールド公式サイト

10月25日に誕生し、取引所に上場されたのが11月1日です。

↓ビットコインゴールドについて解説しとります~↓

公式ページに「Make Bitcoin Decentralized Again」とあるように、本来のビットコインの目的である「分権」を目的にしているようです。

たっけーASIC使ってたっけー電気代消耗しながらマイニングするようじゃ、力が偏るでしょーが!!ということで、ゲーミングパソコンに使われているGPUでマイニングをすることができるのが特徴です。

あとはビットコインと同じようにSegwitも実装されていますし、ブロックサイズも同じ。

GPUマイニングができるようにすることで、マイナーの力が偏ることを防ぐことが目的のコインとなっています(/・ω・)/

取引所 バイナンス bainance

Bittrex(ビットレックス)
Binance(バイナンス)
・Bitfinex(ビットフィネックス)

…などさまざまな海外取引所で取り扱われていますよん♪

分裂前のもととなるビットコインとを区別するための「リプレイプロテクション」もちゃーんと実装されておりますので安心。。。

11月・ビットコインダイヤモンド(BCD)

ビットコインダイヤモンド

11月24日に、495866のブロックでフォークされて誕生しました(∩´∀`)∩
ビットコインダイヤモンド公式サイト

GPUでのマイニングOK、ブロックサイズは8MB…というコイン。

その最大の特徴は「暗号化」にあります。

ビットコインは取り引きをするとブロックチェーンにその情報が記録され、第三者であるみんながチェックできるため、みんなに監視されて不正が起こりにくい…とされていますよね。

でも、逆をいえば取引が公開されているのでプライバシーは?安全性はホントに大丈夫なん?(´;ω;`)と言われると「ウゥ…」ってなかんじ。

そこで、送金詰まり(取引遅延)とプライバシー保護に注目して生まれたのが、このビットコインダイアモンド。
(ダイヤモンド?)

2018年になると、取引や残高を暗号化するためのアップグレードが行われるそうですよ!(/・ω・)/

んで、今のところ…

Binance(バイナンス)
・Huobi.Pro
・OKEX

…などの取引所で取り扱われていますよん♪

11月・ビットコインリザ

11月29日、海外取引所・Yobitにてビットコインホルダー(持ってる人のこと)に付与が行われました!

いちばん最初にリザについてツイートしたのは、なんと皆さんご存知なるみ姐さんでした(・∀・)マジですげぇこの人www

…謎が多いコイン。

公式サイトも見当たらないし、仕組みもまったくわからんです。

というワケで、厳密に言うと「配布」が行われただけでビットコインから分裂して生まれたフォークコインじゃないようです。

2017年12月・スーパービットコイン

仮想通貨 スーパービットコイン

なんでですかね、このコインの名前を聞くとなぜかドラゴンボールが頭をよぎる。
スーパービットコイン公式サイト

んなこたぁ置いといて(/・ω・)/w

12月12日に498888ブロックで誕生したスーパービットコインさん。

2018年3月31日にはスマコン埋め込むってよ~~~ってことで、次にご紹介しますライトニングビットコインと同じように「スマートコントラクト(契約機能)」が搭載される予定だそう。

さらに5月31日には「ゼロ知識証明」を埋め込む予定など、独自の道筋があるようですよん。

※ゼロ知識証明って?
パスワード知ってるで!持ってるで!という事実を、ほかの人に対してその手のうちを見せることなく証明するという、なんともややこしい方法。

ブロックサイズはビットコインキャッシュ(BCH)と同じ8MB、さらにSegwitも実装されているので、サクサク取引が実現できそうです。

んで、ビットコインからのフォークコインはビットコインと同じ2,100万枚の発行上限量となっていますが、スーパービットコインは2,121万枚。(´・ω・`)

そのうちの21万枚が事前採掘(プレマイン)されました。

↓プレマインについてはコチラをどぞー↓

もちろん、この21万枚のトークンは開発者たちが持っていて、システムに投資したり開発者が管理しているっちゅーことです。

2017年12月・ライトニングビットコイン(LBTC)

ライトニングビットコイン

ライトニングビットコイン~~~。
ライトニングビットコイン公式サイト

名前かっけぇ~~~。

↓解説しとりますYO~~↓

ということで、12月18日に誕生したばかりのホヤホヤフォークコインであるライトニングビットコイン(LBTC)。

なんとなんとブロック生成時間は3秒と、ほかのビットコインとは比べ物にならないほどのスピード。

さらに、ビットコインゴールドはASICではなくGPUでマイニングをすることができる…と言いましたが、ライトニングビットコインはCPUでマイニングOK!Σ(゜д゜)

CPUってアレですね、一般的なパソコンに搭載されとる頭脳ですね。

仮想通貨 イーサリアム

そんでもって、ビットコインと区別するためのリプレイプロテクションはもちろん完備、さらにイーサリアム(ETH)でおなじみの「スマートコントラクト(契約)」機能もプラスされとるってことで、いいとこ取り…!

とんでもねースピードでサクサク取引を処理してくれるコインとなっとります(/・ω・)/

海外取引所・YobitやHitBTCでは付与が行われたようです♪

・OKEX
・Yobit
・Huobi

などの海外取引所で取引をすることができますよん(∩´∀`)∩

2017年12月・ビットコインゴッド(GOD)

ビットコインゴッド

やっぱりドラゴンボー………ごにょごにょ。

毎週見てるけど身勝手の極意ってなにさ。

さて、実は12月27日に誕生したばかり!の生まれたて新生児フォークコイン。
ビットコインゴッド公式サイト

2018年、スマートコントラクトやゼロ知識証明を実装する予定だそう。アレ、これどっかで見たような。。。w

ほかのフォークコインは「企業」によるもんだ、こりゃICOじゃなくてIFO(株のICO)と変わらんじゃねーか。という思いから、プレマインも許さず開発された「みんなのための」コインなんだそう。

Yobitではすでにビットコインホルダーに対して1対1の割合で付与が行われ、取り引きがスタートしています!はやっ!(゜д゜)

今後起こる予定のフォークコインたち♪

2017年12月28日?Segwit2x(B2X)

ビットコインsegwit2x

ハードフォーク、すると思ったらせんのかいすんのかい!!!
(吉本新喜劇風)

いちばんゴタゴタしたのはこいつです、先生!

すでに「B2X」というコインが取引所に上場されておりますが、それがSegwit2xのコインです。
SEGWIT2X公式サイト
※執筆現在はエラー表示で接続できませんでした…

ビットコインキャッシュ(BCH)は「リプレイプロテクション」が実装されているので、ビットコインと分裂(フォーク)するとまったく別々の道を歩むことができました。

しかーし!

Segwit2xコインはこのリプレイプロテクションがないっちゅーことで大問題となりました。

開発者さん、なんでそんなことするのよ…?(´・ω・`)と思いますよね。

なんと、当時の開発者は「ビットコイン(BTC)にとってかわってやるわッ!(T∀T)げへへ」という目論見があったようです…。

※リプレイプロテクションがないとどうなる?
ざっくり言えば取引をコピーすることができ、片方のコインだけを送ったつもりがもう一方のコインも送金してしまう。
コインが両方盗まれてしまうおそれがあるってことです。

↓リプレイプロテクションについて詳しく解説しとります~↓

こりゃダメだろ!!!と大バッシングを受け、コミュニティ内でも意見が分かれてまとまらなかったためにフォーク断念。。。
(ホッ)

…と思ったら、復活だそうです!

とはいっても、以前のSegwit2xとは内容も開発者も違います。

ちゃんとリプレイプロテクションも実装されるそうなので、ひとまず安心。

そのフォーク予定日なんですが…501451ブロックでハードフォークが行われる予定なので、たぶん今日。(!)

ビットコインはすばらしいけれど決済方法として使うのはちょっとアレなので、私たちSegwit2xがナカモトサトシの目的を進歩させていくことを約束します…とのことです。

ブロック生成時間は2分半と、ビットコインの10分に比べると4分の1だそう。

…今さらなんですけど、セグウィットのあとの「2x」ってなんて読むの?
(知らんのかい)

ツーエックスでいいのかな?(・∀・)わかる方リプお待ちしております…w

2017年12月31日?ビットコインウラニウム(BUM)

ビットコインウラン

ビットコインウランとも呼ばれているようです。
ビットコインウラン公式ツイッター

目的としては、やっぱり「分散化」。

ASICを使ってマイニングをしたり、大きなマイナーのチームが生まれることで偏りが起こってしまいます。

ビットコインウラニウムはこれを防ぐべく、CPUもしくはGPUでもマイニングすることができるそうです!(゜д゜)

リプレイプロテクションも装備、プレマイニングはなし、Segwitもありますし、ブロック生成時間はわずか1分なんだってー。はえー。

ただ、ほかのコインに比べて公式?なサイトもなく、ツイッターもほぼ更新ナシ………。

ホンマに誕生するんかな?(´・ω・`)とちょっと不安なコインでございます。。。

2018年1月?ビットコインキャッシュプラス(BCP)

ビットコインキャッシュプラス

2018年1月2日、501407ブロックでの分裂が予定されているコイン。

ビットコインキャッシュ&ビットコインゴールド的な感じだそう(・∀・)雑な説明w

ブロックサイズもキャッシュと同じく8MB、ただアルゴリズムはビットコインと同じSHA-256だったのが「Equihash(Zcashと同じ♪)」に変更されます。

まだチームやウォレットについても公式サイトに記載がないため、詳しいことはよーわからんです!!!w

詳細不明なフォークコインたち…

ビットコインプラチナム

ビットコインプラチナム

うーーーむ。

・プレマインなし
・GPUでマイニングOK
・Segwit2x実装
・ブロック生成時間は2分半
・リプレイプロテクション装備!

…という特徴をもちます。

「Main net is Forked!!」っちゅー言葉が公式サイトにデカデカと並んどるのですが、どの取引所も取り扱っていないようす…?

誕生したのか、誕生していないのかよくわからんコインです。
ビットコインプラチナム公式ツイッター

Coincap探してもないし。

というのも、公式Twitterで2度の延期がアナウンスされたあとに「実は韓国人の高校生によるプロジェクト(いたずら?)だった」ということが判明。Σ(゜д゜)

ハァーーー!?となっているところに、実はそうではないんですよ~という釈明を公式サイトでおこないました。どっちやねん。

↓ビットコインプラチナムのすったもんだについて↓

↓ビットコインプラチナの弁明内容を載せとります↓

結論:よくわからん。w

ビットコインシルバー(BTCS)

ビットコインシルバー

おいおいおいおい、これフォークコインなの?
ビットコインシルバー公式サイト

ICOやってね?(・∀・;)

しかも、イーサリアム(ETH)でやってね?w

12月末にハードフォークが起こる…と聞きましたが、なんブロック目でフォークするんか、どんな仕様なのか、ほとんどわかっていません(´・ω・`)

取引の処理スピードが30秒と異様に早いらしいですが、その他はビットコインウラニウムとほぼ同じだということです。

つまり、放置推奨ということだそう………(・ε・)

全ペア手数料無料キャンペーン実施中!
ビットバンク バナー
bitbank(ビットバンク)では全ペア手数料無料キャンペーン実施中! セキュリティ面もしっかりとしているおすすめの取引所ですよ(*´ω`*)
世界NO.1のおすすめ海外取引所
バイナンス binance
世界NO.1取引所「バイナンス(Binance)」なら、取り扱いコインは100種類以上! 手数料は国内取引所に比べて数十分の一レベルと超オトク(*´∀`*)

 - 仮想通貨ニュース, ハードフォーク・分裂関連